キミにきめた!

 今回ボルネオ島に新婚旅行に行くにあたり、キナバル山の周辺で2泊する宿を探していた。

 新婚旅行ということで、今回は滞在中のホテルもボルネオ島の各地で比較的良い感じのところを選んでいた。

考えてみればこれまで海外では比較的安いホテルに泊まることが多かったため、これはとても新鮮に感じた。

考えてみればそれもしょうがないことで、基本的に虫捕りなどで海外に行った場合、比較的辺鄙な場所に泊まる場合が多いため、結果としてそうならざるを得ない。

いや、お金がないというのも確実にあったが、そもそもの話、宿のランクに対しまったくもって頓着がなく、宿というのはただ雨露をしのげれば十分な存在なのだ。

実際、南京虫がおらず、シャワーの水量が十分で、トイレに鍵がかかればそれ以上のことは特に求めていなかった。

基本的に虫屋の人にはそういう人しかいないため、私も気づけば自然とそうなっていた。

ベッドの下で巨大なヒキガエルが鳴いていたり、1泊300円のドミトリーに泊まったり、TAX逃れの不法宿に泊まったり、お湯どころか水も出なかったり、連れ込み宿に先輩と二人で長期滞在していたのでゲイと噂されたり、おっさんが「Opium70ドル。 Ganjya5ドル。kinokoは10ドル。」とルームサービス的に持ってきたり、そんな感じであった。

 しかし今回はまがりなりにも新婚旅行である。


正直私一人であればどうとでもなるが、奥さんが気の毒である。

もちろん今でも金額的な制約はあるが、普段苦労ばかりかけている奥さんのためにもせっかくなので旅行中くらい良い宿に泊まりたい。

せっかくキナバル山にいくのだから、高いことで有名な山麓公園内にあるステラ・グループ支配のロッジに泊まってみたい。

なお公園内の最高ランクのロッジになると一部屋で一泊25万円ほどするそうだ。

さすがにこれは無理だが、「一歩踏み入れたら最後、水すら高い」と言われる公園本部内にはステラグループの経営するロッジが多数ある。

この際、虫のことは忘れよう。新婚旅行として、たまには贅沢な旅行をしても良いではないか。


そんなわけで宿を調べていると、インターネットの予約サイトでふとある宿の口コミが目に入った。何年か前にキナバル山の周辺で泊まったことのある女性からの書き込みだった。

内容はこんな感じ。





Info_5




・・・すまぬ・・・すまぬ・・・







Detail_top_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20170415 筆山公園 昆虫採集(2)

引き続き、昨年の春に近所の筆山公園でコツコツと撮った虫を紹介していきます。今回で2回目。

Acari
真っ赤なダニ

Bethylidae
アリガタバチの仲間 Bethylidae sp.

Chironomidae
ユスリカの仲間 Chironomidae sp.

Cicadellidae_1
ヨコバイの仲間 (1) Cicadellidae sp. 1

Cicadellidae_2
ヨコバイの仲間 (2) Cicadellidae sp. 2

Oomorphoides_cupreatus
ドウガネツヤハムシ Oomorphoides cupreatus (Baly, 1873)

Psylloidea_1
キジラミの仲間 (1) Psylloidea sp. 1

Psylloidea_2
キジラミの仲間 (2) Psylloidea sp. 2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

海行きたい

Marine

これまで9回の磯採集の総集編。海行きたい。今年は沖縄行きたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20170415 筆山公園 昆虫採集(1)

昨年の春に近所の筆山公園でコツコツと撮った虫を紹介していきます。

Bdellidae
テングダニ科の仲間 Bdellidae sp.

Cecidomyiidae

その辺でよく見るタマバエ科の仲間 Cecidomyiidae sp.

Geometridae
尺取り虫

Megastigmus_distylii
イスノキモンオナガコバチ Megastigmus distylii Kamijo, 1979

Oxytate_striatipes
ワカバグモ Oxytate striatipes L.Koch, 1878

Sciaridae
クロバネキノコバエの仲間 Sciaridae sp.

Scolytinae_2
キクイムシの仲間 Scolytinae sp.

Steganopsis
シマバエ科(Lauxaniidae)の仲間 Steganopsis sp.

ヨロイバエ感ある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20170618 初夏の塩谷海岸で採集した磯の生き物

20170618shiotani

昨年の6月に塩谷海岸で潜った際に採集した磯の生き物。魚に手を出し始めると時間を取られてしまい、他の生き物を採集する余裕がなくなってしまう。体力的に潜っていられる時間は限られているので海の中で何をするかは難しいところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新婚旅行のついでに昆虫採集をするのか、昆虫採集のついでに新婚旅行をするのか、という問題

年末年始は今更ながら新婚旅行に行って来た。

虫捕りではない。あくまで新婚旅行である。

Img_6165


Img_6109

Img_5917


Img_5822

Img_5574


Img_5565

「これはジイちゃんの"ドラゴンダイブ"!!?」

Img_5950




| | コメント (5) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いします。

昨年から貝拾いや磯での生物採集にハマっているので暖かくなったら今年もさらに続けて行きたいと思います。個人的にメインフィールドにしている手結住吉海岸を中心に、特に高知にいる間に土佐清水方面への遠征に可能な限り臨みたいところです。

また最近ハエやチャタテムシ、キジラミ等にハマりつつあるのでそれらもあわせて少しづつ進めていければと思います。近所の公園でも十分楽しめるのがこれらの虫の良いところです。

蛾に関しても、昨年は念願だった北海道での灯火採集もできたので、今年はどこに行こうかな。可能であれば憧れの大弛峠に行きたいところですが、ちょっと遠いなあ。

Okoze



| | コメント (5) | トラックバック (0)

愛と憎しみのヤマトシミ Ctenolepisma villosa Fabricius, 1775

Ctenolepisma_villosa
ヤマトシミ Ctenolepisma villosa Fabricius, 1775

高速で走る。触ると粉が出る。

Ctenolepisma_villosa_2
加害され、ボロボロになった紙。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛と憎しみのヒメアリ Monomorium intrudens Smith, F. 1874

Monomorium_intrudens
ヒメアリ Monomorium intrudens Smith, F. 1874

だんだん嫌になってきた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

愛と憎しみのジンサンシバンムシ Stegobium paniceum (Linnaeus, 1761)

Stegobium_paniceum
ジンサンシバンムシ Stegobium paniceum (Linnaeus, 1761)

タバコシバンムシと比較すると一見して細長く、上翅の溝の彫りが深い。また触角もだいぶ違う。

名前の"ジンサン"は生薬として使われる朝鮮人参の"人参"のこと。英名の"Drugstore beetle"も同じような由来。乾燥した葉っぱなどから大量発生する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«愛と憎しみのタバコシバンムシ Lasioderma serricorne (Fabricius, 1792)