愛と憎しみのトドノネオオワタムシの仲間 Prociphilus sp.

Prociphilus
トドノネオオワタムシの仲間 Prociphilus sp.

仁淀川上流の山中で、ふと見ると白い綿毛をまとった青白い虫がふわふわとたくさん飛んでいた。よく見るとアブラムシだ。

いわゆる雪虫というのはトドノネオオワタムシ Prociphilus oriens Mordvilko, 1935だが、たぶん近い仲間だろう。晩秋に群飛が見られる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マンションの階段で拾ったヒメバチの仲間

Icheumonidae
ヒメバチの仲間

家のマンションの階段に、わりと大きなヒメバチの仲間がいた。寒さで弱っていたのか全然飛ばない。せっかくなので持って帰って写真に撮ったが、目がエメラルドグリーンに輝き、とても綺麗だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20170409 西熊渓谷 標高1,120m地点 ライトトラップで得られた虫の紹介 (4)

引き続き、今年の春に西熊渓谷での灯火採集で得られた虫の紹介。今回で4回目。

Apochima_juglansiaria
オカモトトゲエダシャク Apochima juglansiaria (Graeser, 1889)

Brachionycha_nubeculosa
エゾモクメキリガ Brachionycha nubeculosa jezoensis Matsumura, 1928
今回の採集の一番の目的が本種。今回初採集だが、10頭前後飛来。
普段南国高知でよく見る蛾とは一線を画す、溢れ出る北方系の香り。

Esakiopteryx_volitans
ウスベニスジナミシャク Esakiopteryx volitans (Butler, 1878)

Eupithecia_nagaii
ナガイカバナミシャク Eupithecia nagaii Inoue, 1963

Lassaba_nikkonis
ニッコウエダシャク Lassaba nikkonis (Butler, 1881)

Orthosi__aoyamensis
アオヤマキリガ Orthosia aoyamensis (Matsumura, 1926)

Orthosia_carnipennis
アカバキリガ Orthosia carnipennis (Butler, 1878)

Pseuderannis_lomozemia
ウスバキエダシャク Pseuderannis lomozemia (Prout, 1930)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛と憎しみのクロモンチビゴキブリAnaplecta japonica Asahina, 1977

Anaplecta_japonica
クロモンチビゴキブリ Anaplecta japonica Asahina, 1977

野外性のチャバネゴキブリの仲間。なぜか高知県は準絶滅危惧種に指定されている。どこにでもいるけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本産カトカラ全31種 全部自分で採ったことある人意外と少ない説

Catocala001_2

Catocala002

あと残り8種類。全て集めると巨大な竜が現れてどんな願い事でもひとつだけ叶うらしい。その代わり、日本のどこかにまだ採ったことのないカトカラがいるという最高の幸福を失う。めでたくもあり。めでたくもなし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛と憎しみのノコギリヒラタアリガタバチ Cephalonomia tarsalis (Ashmead, 1893)

Cephalonomia_tarsalis_2
ノコギリヒラタアリガタバチ Cephalonomia tarsalis (Ashmead, 1893)

アリガタバチ科(Bethylidae)の仲間で、シバンムシアリガタバチ (C. gallicola (Ashmead, 1887))と同じ属。

名前の通り、ノコギリヒラタムシ絶対殺すマン。おい、ちゃんと仕事しろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛と憎しみのハヤトビバエ科(フンコバエ科)Sphaeroceridae sp.

Sphaeroceridae_2
ハヤトビバエ科(フンコバエ科)Sphaeroceridae sp.
先日紹介したハヤトビバエ(フンコバエ)の仲間の成虫。
あまり飛び回らず、羽化した場所周辺にとどまる習性がある。

Sphaeroceridae_pupa
ハヤトビバエ科(フンコバエ科)Sphaeroceridae sp.
上から順番に「普通の状態の蛹」・「羽化直前の蛹」・「蛹殻」
蛹殻がとても綺麗な状態で残っており、羽化の際、どこを破って出てきたのかいまいちわからない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20170409 西熊渓谷 標高1,120m地点 昆虫採集 (3)

引き続き、早春の西熊渓谷で日中の昆虫採集で得られた虫の紹介。今回で3回目。

Araneus
オニグモ?気の毒に、ちょうど手の届かない場所にクモヒメバチに寄生されている。


Chrysomelidae
ハムシの仲間


Collembola
トビムシの仲間


Formica_japonica
クロヤマアリ Formica japonica (Motschoulsky, 1866)

Icheumonidae
ヒメバチの仲間

Nitidulidae
ケシキスイの仲間

Pseudopirapion_placidum
ヒゲナガホソクチゾウムシ Pseudopirapion placidum (Faust, 1887)

Psyllidae
キジラミの仲間

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛と憎しみのオオキモンノミバエ Megaselia spiracularis Schmitz, 1933 の蛹殻

Megaselia_spiracularis
オオキモンノミバエ Megaselia spiracularis Schmitz, 1933 の蛹殻

羽化後に残されたノミバエの蛹殻。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20170409 西熊渓谷 標高1,120m地点 ライトトラップで得られた虫の紹介 (3)

引き続き、今年の春に西熊渓谷での灯火採集で得られた虫の紹介。今回で3回目。


Egira_saxea
ケンモンキリガ Egira saxea (Leech, 1889)


Eupsilia_boursini
カバイロミツボシキリガ Eupsilia boursini Sugi, 1958


Lithophane_remota
アメイロホソキリガ Lithophane remota Hreblay & Ronkay, 1998


Pachyligia_dolosa
アトジロエダシャク Pachyligia dolosa Butler, 1878


Repanepteryx_phalaenoides
エグリヒメカゲロウ Drepanepteryx phalaenoides (Linnaeus, 1758)


Teratoglaea_pacifica
エグリキリガ Teratoglaea pacifica Sugi, 1958

Trichopteryx_hemana
シタコバネナミシャク Trichopteryx hemana (Butler, 1878)


Trichopteryx_ustata
クロオビシロナミシャク Trichopteryx ustata (Christoph, 1881)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

«愛と憎しみのアワテコヌカアリ Tapinoma melanocephalum (Fabricius, 1793)