もうダメだ。夜磯行こう(錯乱)

毎日寒く、仕事は忙しいし、おまけにこの時期、花粉症が始まる。

最後の力を振り絞って夜の磯へ。

深夜1:48の干潮に備え、強風の中、4時間以上ウェーダーを着て塩谷海岸のタイドプールの中でうずくまる。

途中、俺何してんだろ・・・と冷静になりながらも先ほどようやく帰宅。

収穫は?


Photo



アホほどしんどかったので今は二度と行きたくないなあと思っていますが、2週間後の次の大潮の日はたぶんまた同じように磯でゆるやかな入水自殺しています。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

20170415 筆山公園 昆虫採集(5)

引き続き、昨年の春に近所の筆山公園でコツコツと撮った虫を紹介していきます。今回で5回目。

Braconidae_1
コマユバチの仲間 その1 Braconidae sp.1

Braconidae_2
コマユバチの仲間 その2 Braconidae sp.2

Braconidae_3
コマユバチの仲間 その3 Braconidae sp.3


Crematogaster_teranishii
テラニシシリアゲアリ Crematogaster teranishii Santschi, 1930

Eupelmidae
ナガコバチ科の仲間 Eupelmidae sp.

Hymenoptera
全然わかんないハチ。なんだこれ。

Mycetophilidae
キノコバエの仲間 Mycetophilidae sp.

Pristomyrmex_punctatus
アミメアリ Pristomyrmex punctatus (Smith, F., 1860)

Scatopsidae
ニセケバエの仲間 Scatopsidae sp.

| | コメント (1) | トラックバック (0)

20170702樫西海岸で得られた磯の生き物

昨年の夏に樫西海岸に行った時に観察された生き物一覧。

この日は潮の引きが悪かったのでシュノーケルをつけてひたすら素潜り採集していたのだが、豊富なサンゴに目移りしてしまい、また下手に魚に手を出そうとした結果、全体的な収穫は今ひとつになってしまった。

今年も早く磯採集行きたいな。



20170702kashinishi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛と憎しみのブリッグスウスイロチャタテ Ectopsocus briggsi (McLachlan, 1899)

Ectopsocus_briggsi_2
ブリッグスウスイロチャタテ Ectopsocus briggsi (McLachlan, 1899)

家屋内で見られるチャタテムシの典型種のひとつ。厄介なことに冬でも普通にいるが、気温が低いとわりと動きが鈍くなり、飛ばなくなる。

屋内にもいるが、野外でも公園などで普通に見られる。多いのは枯れ枝、枯葉、干し草の山の中などで、やはりカビの菌糸を食べていると思われる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タマゴクロバチの仲間 Scelionidae sp.

Scelionidae
タマゴクロバチの仲間 Scelionidae sp.

自宅マンションの灯りでとても小さな黒い蜂を見つけた。寄生蜂のタマゴクロバチの仲間・・・かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20170415 筆山公園 昆虫採集(4)

引き続き、昨年の春に近所の筆山公園でコツコツと撮った虫を紹介していきます。今回で4回目。

全然わからない種類も写真の整理のために紹介していきます。

とりあえず整理さえしておけば、いつか目覚めるときも来るかもしれないので。




Araneae_2
全然わからない真っ赤なクモ。


Chironomus_yoshimatsui_2
セスジユスリカ Chironomus yoshimatsui Martin et Sublette,1972


Chrysomelidae
サルハムシの仲間?


Collembola
トビムシの仲間


Coniopterygidae
コナカゲロウの仲間 Coniopterygidae sp.


Hemerobius_japonicus
ヤマトヒメカゲロウ Hemerobius japonicus Nakahara, 1915


Lauxaniidae
シマバエの仲間 Lauxaniidae sp.


Lebia_calycophora
ホシハネビロアトキリゴミムシ  Lebia calycophora Schmidt-Goebel, 1846


| | コメント (0) | トラックバック (0)

アカイロマルノミハムシ Argopus punctipennis (Motschulsky, 1866)

Argopus_punctipennis
アカイロマルノミハムシ Argopus punctipennis (Motschulsky, 1866)

自宅マンションの壁に小さいけれど目の覚めるような赤色の虫がひっついていた。冬なのに元気。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボルネオ島 キナバル山の昆虫(2) カレハガの仲間 Trabala irrorata Moore, 1884

Trabala_irrorata
カレハガの仲間 Trabala irrorata Moore, 1884

スンダランド全域〜フィリピンにかけて分布するカレハガの仲間。

Trabalaはぜひメスをと期待していたのだが、今回もまたメス個体を写真に収めることができなかった。

Trabala
こちらは以前にキャメロンハイランドで見つけたTrabala sp.

以前紹介した時は Trabala vishnou (Lefèbvre, 1827) としていたが、う〜ん・・・見ていると別種のような気がして来たので一旦Trabala sp.と訂正しておく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛と憎しみのホシチョウバエ Tinearia alternata (Say, 1824)

Tinearia_alternata_adult
ホシチョウバエ Tinearia alternata (Say, 1824) の成虫

Tinearia_alternata_larve
ホシチョウバエの幼虫

Tinearia_alternata_pupa_2
ホシチョウバエの蛹

オオチョウバエと比較すると非常に弱々しく、色も白いのでホコリっぽい。年がら年中見る。オオチョウバエと比べて発生可能な有機残渣の量が異常に少ないのでわりと綺麗な場所でも現れる。

普段「ホシチョウバエ」と呼んでいる虫には明らかに複数の種類が含まれているが、深くつっこみたくないのでホシチョウバエというのは種類ではなく、概念的な存在だと思うようにしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やったー 新しい車買って来たよー (^o^)/

新しい車買って来た。

灯火採集の時も荷物がいっぱい積めるという一点で、フリードプラスになった。

虫捕り行きたい。

Img_3051

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«20170415 筆山公園 昆虫採集(3)