ライトトラップ による蛾の採集 in 中追渓谷・別府峡

先週末に引いた風邪がなかなか治らず、微熱が続くが、寝ている暇はない。

土曜日は夕方から中追渓谷へ。

仁淀川に流れこむ小さな支流のひとつが作る渓谷だが、低山地の雑木が生い茂る良い環境が残っている。

特別期待はしていなかったが、行ってみると予想以上に良い環境。これはいいぞ。


Img_1103

Img_1105
レースがうざい


気温が下がらず、月齢も良いため、飛来数は多い。10時過ぎには蚊帳に多数のヤママユガが襲来してシッチャカメッチャカになり、嫌になって撤収した。





日曜日は昼過ぎから別府峡へ。

物部川の上流域。

初めての場所なので良いポイントが見つかるか不安だったが、うん。大丈夫。ここか、入り口のところしかないわ。


Img_1113


Img_1110
徐々に洗練されつつある荷物。

Img_1115


Img_1108
絶対他の人もここでやってるわ。だってここでライトしろといわんばかりのロケーションだもん。

Img_1117


ゴホンヅノダイコクコガネが20頭以上来た。雌ばかりで雄は少ない。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

HIDハンディライトを使った蛾の採集

14日(日)は一人で横浪半島へ行き、HIDハンディライトで灯火採集。15日(月)は名野川越で矢野さんと合流し、ご神木の下でライトをする一方林道の中にもHIDを設置。

Img_1086

Img_1087

Img_1088

| | コメント (3) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(66) アシブトクチバの仲間(2) Bastilla crameri (Moore, 1885)

Bastilla_crameri
Bastilla crameri (Moore, 1885)
前回に引き続き、Bastillaの仲間。原生林でのライトトラップで得られたもの。これもボロなのが残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本で一番有名な虫屋ってエーミール君だよね

Img_1061
世界最高のピルスナーのひとつ、ヴァルシュタイナー。
ドイツの名産品と言えばビールとレンズとクジャクヤママユ。
それ以外には本当に何もない国だが、思えばそれ以外に人生に必要なものなどあるはずがない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(65) アシブトクチバの仲間 Bastilla sp.

Bastilla
Bastilla sp.
う〜ん・・・難しい・・・Bastillaに間違いないが、なんだろうか・・・
まさにまさに南方系の蛾という感じで胸が高鳴る。
街中のレストランの街灯に来ていた。完品でないのが悔やまれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(64) カギバガの仲間 Strepsigonia robusta Holloway, 1998

Strepsigonia_robusta
Strepsigonia robusta Holloway, 1998
カギバガの仲間らしいが日本には分布しない属。色合いは地味で見栄えはしないが、後翅の形が角張っていて面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(63) エダシャクの仲間 Plutodes costatus Butler, 1886

Plutodes_costatus
Plutodes costatus Butler, 1886 + Plutodes sp.
東南アジアでライトトラップをすれば必ず出会うエダシャクの仲間。どちらもPlutodesだが、下がよくわからない。 Plutodes flavescens に雰囲気は似ているが、別種だろう。
残念ながら両方ともボロだった。地色とのコントラストが低いので写真映えしない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近所のコンビニで見つけたシンジュサン

Samia_cynthia_pryeri
シンジュサン Samia cynthia pryeri (Butler, 1878)
近所のコンビニでシンジュサンの新鮮な個体を見つけた。
いかにも「蛾」って感じのする蛾で、大きいこともあいまって気味悪がられることも多い。
初夏と夏の終わりの年二回発生する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(62) アオシャクの仲間 Berta chrysolineata (Walker, 1863)

Berta_chrysolineata
アオシャクの仲間 Berta chrysolineata (Walker, 1863)
東南アジアをはじめ、オーストラリアやインドまで広く分布する。いくつかの亜種に分けられているようだ。 
公園の街灯で見つけた。
アオシャクの仲間は弱々しく、見た目もコントラストが低くて見栄えがしない種類が多いので撮影も後回しにしがち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(61) オサゾウムシの仲間

Curculionoidea
葉っぱの上にちょこんと座っていたオサゾウムシの仲間。
この手のハンマー型の触角をしたゾウムシをキャメロンハイランドではよく見かける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«キャメロンハイランドの昆虫(60) クロホウジャクの仲間 Macroglossum mitchelli Ménétriès, 1857