キャメロンハイランドの昆虫(273) スジベニコケガの仲間 Barsine euprepioides (Walker, 1862)

Barsine_euprepioides
スジベニコケガの仲間 Barsine euprepioides (Walker, 1862)

迷ったがこれもBarsineとする。Lyclene(ヒメホシキコケガ)との区別がどうもよくわからない。似た模様のものが何種類かいるようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(272) キリギリスの仲間 Tettigoniidae spp.

Tettigoniidae
キリギリスの仲間 Tettigoniidae spp.

灯火に来ていたキリギリス科(だと思う)仲間。数は多くないがキリギリスの仲間は灯火にやって来る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(271) ショウリョウバッタの仲間 Acrida sp.

Acrida
ショウリョウバッタの仲間 Acrida sp.
草地で灯火採集をしていたところ、いつの間にか白布にとまっていた巨大なショウリョウバッタの仲間。日本でよく見るものにそっくり。
キリギリスなどは時折ライトに来るが、バッタの仲間は光に集まる印象がない。草地だったのでたまたま飛んできたのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(270) タイワンコオイムシの仲間 Diplonychus sp.

Diplonychus
タイワンコオイムシの仲間 Diplonychus sp.

タイワンコオイムシ Diplonychus rusticus (Fabricius, 1781)に近い仲間か、そのものかもしれない。林縁の広場で灯火採集をした際に飛んできた。周囲は草地ばかりだったがどこかに池があったのだろう、コオイムシやミズスマシ、小さなガムシなどがよく飛んできた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(269) スジベニコケガの仲間 Barsine 2種類

Barsine2
スジベニコケガの仲間 Barsine 2種類
Barsine rubricostata (Herrich-Schäffer, 1855)
Barsine arcana Bucsek, 2012

引き続き、街灯や街の看板などで見つけたBarsineの仲間。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(268) スジベニコケガの仲間 Barsine 3種類

Barsine
スジベニコケガの仲間
Barsine lineatus (Walker, 1855)
Barsine flavodiscalis (Talbot, 1926)
Barsine roseororatus (Butler, 1877)

日本で言うところのスジベニコケガやハガタベニコケガなどの仲間。
とても一属とは思えないほど様々な模様のものがいるが、どれも小型で街灯や看板などでよく見かける。

51qniqj9bsl_sx350_bo1204203200_
バルシネ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(267) ソリバネホソヤガの仲間 Aegilia sp.

Aegilia
ソリバネホソヤガの仲間 Aegilia sp.

詳細は不明だが、おそらくAegiliaだろう。
第143回で紹介した ソリバネホソヤガの仲間 Aegilia sundascribens Holloway, 1982と同じ仲間。この写真の個体もずっとシャチホコガの仲間だと思い込んでいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(266) スカシトガリノメイガの仲間 Cotachena sp.

Cotachena
スカシトガリノメイガの仲間 Cotachena sp.

灯火にやって来た派手な色合いのノメイガの仲間。日本に分布するスカシトガリノメイガ Cotachena pubescens (Warren, 1892)の仲間らしい。日本産の本属のものはまだ撮っていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(265) ヒトリガ亜科の仲間 Spilosoma ericsoni (Semper, 1899) と Spilarctia sp.

Arctiiae
ヒトリガ亜科の仲間 Spilosoma ericsoni (Semper, 1899) と  Spilarctia sp.

灯火に来たヒトリガの仲間で、日本でもお馴染みのアカハラゴマダラヒトリ Spilosoma punctarium (Stoll, 1782)の仲間とスジモンヒトリ Spilarctia seriatopunctata (Motschulsky, 1861)の仲間。

この手のヒトリガは場所によっては一晩に大量に押し寄せるようにやって来るイメージがあるが、一種類の蛾が大量に来るのではなく、様々な種類が来るところが熱帯アジアの森の深みを感じる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(264) エグリエダシャクの仲間 Fascellina sp.

Fascellina
エグリエダシャクの仲間 Fascellina sp.

第180回で紹介したF. castanea Moore, 1877と同属で、日本にも分布するエグリエダシャクの仲間。
エグリエダシャクというのは名前の通りどの種も翅の縁がえぐれているのが特徴だと思っていたがどうもそうではないらしく、属内には今回紹介するもののように普通の翅のものもおり、むしろそちらの方が多数派かもしれない。東南アジアを中心にかなり多くの種がいるようだ。

翅はえぐれていなくてもやっぱり同属らしく、どの種も同じように変わった止まり方をする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«キャメロンハイランドの昆虫(263) エダシャク亜科の仲間 Ennominae spp.