« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

四国カルスト その2

お昼頃、近所の桑原小学校に選挙に行く。ガラガラだったので3分くらいで終わった。

四国カルストの写真の続き。夏の高原。天気がよかったので本当に綺麗な景色だった。

Img_0019_5_6_7_8


Img_0035_6_7_3_4

Img_0020_1_2_3_4

カルストから高知の山波を望む。

山間を縫うようにグネグネと曲がった道路に胸がときめく。


Img_0004_5_6_7_3

虫屋には有名らしいライトポイントの猪伏林道の橋の上から。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

飲み会

ドクターの研修があったそうで、名古屋から水生昆虫屋の上手さんが来られていたので吉富先生、高須賀さん、山迫さんの計5人で街に飲みに行く。

上手さんに初めてお会いした。

一時頃帰宅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四国カルスト

先日は一泊二日で四国カルストに遊びに行ってきました。

四国カルストって三回生の頃に小川さんと竹内さんと三人で(変なメンバーだな)大川峰の帰りにちょっと寄ったことがあったくらいで、ちゃんと行ったことがなかったのですが、今更ながら行ってみるとすごく良いところでした。

Img_0319

Img_0218

Img_0237

Img_0241

Img_0250

Img_0275

Img_0283
 

Img_0338

上は狸の溜め糞から。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

研究室のHP

大陸の方からやって来る乾燥した空気の影響で夏からいきなり秋になった感じ。

夏の健在を訴えるようなセミの鳴き声と、必死の抵抗を無視して高く晴れ渡る空とのミスマッチが素晴らしい。

たぶん今の僕と同じことを考えている人は日本に3000万人くらいいると思いますが、涼しくなってきて嬉しい反面、このまま夏が終ってしまうのは寂しい気もします。涼しいにこしたことはないけれど、もうちょっと暑さがぶり返してくれるのも悪くないなぁ~という複雑な気持ち

研究室のHPをようやく更新。

メンバーのページを更新し、2009年度昆虫展のご報告を載せました。昆虫展のページはこれまでのテーブルレイアウトから脱却し、デザインをCSS制御に切り替えました。

見た目はあまり変わりませんが、デザインをHTMLから切り離すことで構造的で綺麗なコードになりました。

研究室メンバー

2009年度昆虫展のご報告

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未記載の巨大ウツボカズラ


ネズミも溶かしてしまう肉食っぷり、フィリピンで発見された巨大食虫植物


-------------------------------------------------------------------

イギリスの自然史学者Stewart McPherson氏(26歳)と植物学者Alastair Robinson氏・フィリピンのVolker Heinrich氏のチームは、2000年にビクトリア山を測量しようとして13日間遭難した2人の宣教師が巨大なウツボカズラを見たという目撃談を頼り に、2007年にビクトリア山の測量とこの植物の発見を目的とした2ヶ月間の探検へ乗り出しました。

-------------------------------------------------------------------

すごくドラマチックな何かを感じました。




僕もいつの日にかラオスの山中にピーコンコイ(ラオス~ベトナムにかけて目撃例のあるお化け。猿のような容姿で腕が鎌状になっており、肉食で村人を食べちゃったりするそうです。コンコーイ、コンコーイという特徴的な鳴き声が特徴)を探しに行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

G11か、GX1か、たぶん明日発表。

香川の高木さんがPanasonicのG1を買おうか迷っていると言っていました。


いいなぁ~。高木さん、買ってみて飽きたら払い下げてくれないかなぁ~。1万円くらいで。


G1にレイノックスのマクロコンバージョンレンズ付けたら便利そうだなぁ~と思います。


Flickrで探すとそうやって使っている人もいます。




たぶん明日はCanonが新製品を発表する・・・はず。

G10の後継機がどうなるか。

僕の場合はそれほど後継機に興味があるわけではないのですが、現行のG10が本気で欲しいので在庫一掃処分とかで安くならないかと期待しているのです。

現状で底値(だった)の\3,2800を切ったらすぐにでも注文できるよう、その分のお金を使わないように大切に貯金してあります。無理かなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一族

二泊三日で一年ぶりに名古屋の実家に帰省。

下の姉に子供ができていた。

着々と一族が増殖している

Dsc_2777


| | コメント (0) | トラックバック (0)

終戦

今日は終戦記念日。

先日二泊三日で名古屋の実家に帰ったので、道中のフェリーの中で終戦に合わせて行きと帰りで一冊ずつ本を読んだ。


行きのフェリーで。

一歩の距離―小説 予科練 (角川文庫)

      

著者:城山 三郎

一歩の距離―小説 予科練 (角川文庫)


帰りのフェリーで。

永遠の0 (講談社文庫)

      

著者:百田 尚樹

永遠の0 (講談社文庫)



行きに読んだ城山三郎は面白かったが、帰りのフェリーで読んだ「永遠のゼロ」はダラダラと長いだけで、内容は安っぽく、イマイチ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

昆虫展終了

ようやく今年も昆虫展が終了。

今年は大学の博物館に開催場所も標本も移り、何かと勝手が違うので大変だった。

今年の入場者数は過去最高となり、5日間で3752人の来場者を記録したようだ。

これまでの記録は僕が大学3回生の時の4日間で2555人だったので大幅に更新された。

とにもかくにも無事終わって本当によかった。

Img_9889


Img_9888




| | コメント (0) | トラックバック (0)

餃子



昨日の夕食は餃子と麻婆茄子と大根サラダを作りました。



Img_9887a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »