« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

体調持ち直す

お昼から手紙を書いたりメールを書いたり会計に書類を持って行ったり。

夕方、ホームセンターへ買い物。ホームセンターって見てるだけでどうしてあんなに楽しいのだろう。ついついどうでもいいものを買いそうになる。今日もあやうくメジャーを買いそうになった。何を測る気だ。


スーパーお庭の普通種シリーズ

Img_5427

Img_5510

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風邪悪化しすぎワロタ

ロンドンから帰ってきて以来ずっと不規則な生活が続いており、抵抗力が弱っていたのか引きかけだった風邪が急速に悪化。死ぬ。

鹿児島大学博物館で特別展「小さなアリの大きな世界」

めっちゃ行きたい。でも遠い。

蟻やハエの顔は顕微鏡などで拡大して見るととっても魅力的。

Newout99999_999981_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大型甲虫の撮影

ちょっと風邪引いたかも・・・


夕方大阪の安藤さんが来たので二番町の銀次郎に飲みに行く。

銀次郎は酒の肴がすごくおいしい。

安藤さんに撮影した標本と写真をお返しする。

ゴミダマのように表面に強い金属光沢がある仲間は標本の撮影が非常に難しい。同じゴミダマでもスナゴミみたいなのは超簡単。

Cimg2269

Cimg2270



Cimg2268

ストロボの全面から標本までの間を二重のトレーシングペーパーですき間なく覆う。ストロボとトレーシングペーパーの先端との間に微妙に隙間があるのは標本台座下部の微動装置で少しづつ動かすため。

ちょうど標本室に返そうと思っていたコガネムシがあったので試写。

撮れた写真はこんな感じ(Plusiotis woodi)


Newout99999_99998

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロンドンのお話1

なんでも高いロンドンの街において、ひと際サイフに重くのしかかるのが交通費。

中心部は意外なほど小さなロンドンの街では、主要な観光地はどこも歩いていけないことはない程度の距離ですが、結局地下鉄やバスを利用することが多くなります。

問題なのはその利用料金。

ロンドンの地下鉄はゾーン制といって、中心部から同心円状に広がるゾーンごとに値段が決められており、例えばゾーン1内(中心部)から出なければ端から端まで結構な駅数を乗っても値段は一緒。その代り当然ひと駅だけ乗っても値段は一緒です。

そのお値段なんと£4!

現在のレートでは£1が約150円ですので、片道600円。往復で1200円もかかります。例えば僕が宿泊していたビクトリア駅からロンドン自然史博物館(BMNH)のあるサウスケンジントン駅までたった二駅移動するだけでも毎日1200円かかってしまいます。


死にます。


ただしそれは個別に切符を買った時の値段。

毎度毎度いちいち切符を買うのは面倒くさいので、市内交通機関に共通して使えるICカードがあるのでそれを使います。

このICカードをオイスターカードと言います。

Cimg2263

Cimg2266

これはカードの中に任意の金額を事前にチャージ(Top up)して使い、改札口の読み取り機にかざすだけでいちいち切符を買うことなく電車に乗れるので非常に便利です。

日本にも同様のICカードはありますが、日本と違うのはその割引率。


便利なだけでなく、このカードを使って乗ると地下鉄が片道£1.6まで割引されます。

つまり往復でも£3.2 (480円)。


というか、これがないととてもではありませんが、電車など乗れたものではありません。

ちなみに一日の上限額というのが決まっており、一日に乗った金額の合計額が約1000円以上になると、それ以降は引かれませんので無料で乗ることができます。

またチャージした金額が£1.6以下になると読み取り機にかざしても「死ね貧乏人」というメッセージが出て改札が通れません。朝の混雑時に改札で手間取ると周囲から「空気読めよ」という熱烈な視線を注がれることになるので気をつけましょう。

お金が少なくなったら駅員に言うか、自動券売機で追加料金をチャージすることができます。


カードを発行するときに£3をデポジットととして預けますが、旅行者などは帰国するときに駅員に返還するとこのお金は返ってきます。僕はせっかくなので記念に持って帰ってきました。



ちなみにロンドンでは地下鉄はUndergroundと言います。愛称はチューブ。地上を走るOvergroundもあります。Subwayというのはただの地下道なので電車は走っていません。

Img_4533

地下鉄の駅(Embankment station)。

ある映像資料によるとこういった何気ない地下鉄の構内からMI6の秘密基地に行けるそうだが、僕は素人なのでついに入口を発見できなかった。きっとMとミス・マニーペニーがいるのだと思う。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

残党

まだまだ残党がいる。

Img_5122


| | コメント (0) | トラックバック (0)

7DとG11

ちょうどこの日の日記で記事数100件目。

ヒースロー空港で暇だったので空港内の免税店でCanon EOS 7DとPowerShot G11を触って遊んでいた。

7Dは想像していたよりもはるかに高いスペックで、二桁Dとは完全に別系統の機種なんだなぁと思い知らされた(そりゃそうか)。合焦点速度の速さは
二桁Dの比ではなく、また連射も非常に軽快だった。APS-Cで2000万画素って正直どうなのかと思うが、D300sキラーとしては非常に有望な機種だと思う。ニコン嫌い。

またG11も触ったが、2.8型の液晶画面をバリアングルフリーにするのは少し無理があるのではないかと思った。単純にでかくて回しづらいし、ホールドもしっかりできない。しっかり構えるためにはブラケットを使った方が良さそうだが、そうすると大きくて重くなりそう。

この機種にアダプターを介してRaynoxのDCR-250とCanonのMT-24EXをくっつければ、1/1.7型という小型CCDを使ったコンパクト機だけに、昆虫の撮影にはフォーサーズ機よりも使いやすい機種になると思う。

ちなみにイギリスでの価格は

7D / £1698

G11 / £569

と、日本の方がはるかに安い。

Img_4805

庭にて。f/16.0まで絞り切る。回析現象によりシャープさが失われ、ぬるぬるする。

Img_4864

Img_4908

再び開ける。

朝日を浴びて今日もこれから一日頑張ろう。

コカ・コーラのCMがすごい。虫がたくさん!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰国

日曜日のお昼の便でヒースロー空港を発ち、七時間かけてドーハへ。さらにドーハから9時間半かけて関空へ。

関空に到着したのは月曜日の夕方。

関空からバスで難波に移動し、夜行バスで火曜日の早朝に帰宅。

普段から意識的に規則正しい生活を心がけているので余計に時差ボケがひどい。

夕方彼女が来てくれたので一緒に夕御飯を食べに行き、帰ってきたらまたすぐに眠ってしまったようだ。朝起きると洗濯物が洗って干されていた。ありがたや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロンドン最後の日はブラブラお散歩

日曜日のお昼の飛行機で出発するので今日は実質最後の日。

もう博物館には行けないので一日、特に予定もなくブラブラ市内を観光。

ロンドン最後の日を十分に楽しんだ。

Img_4563

Img_4554

Img_4540

ロンドン滞在中にどうしても行きたかった場所があった。

英国ガーディアン紙による世界の書店番付「The world's 10 best bookshop」に選ばれたHatchardsという本屋さん。

英国王室御用達で、創業は1797年と英国最古。

Img_4571

Img_4566

ものすごくオシャレで雰囲気の良い本屋さんだった。

 

ブラブラとテムズ川沿いを歩いていると、妙に静かな、人気のない場所に出た。

あれ?なんかここ見たことあるなぁと思ったら、そうか、テレビで見たんだ。

Img_4684

Img_4688

Img_4689

今日は土曜日なのでお休み。通り全体が眠ったように静か。

Img_4710_1_2

Img_4706_4_5

Img_4709_7_8

Img_4715_3_4

王立取引所の近くに不思議な雰囲気の商店街があった。

なんだかおもちゃ箱の中にいるようだった。あそこはどこだったんだろうか。

 

Img_4784_5_6

有名なロンドン塔とタワーブリッジは中心部からちょっと離れたところにある。

週末は大規模な工事の影響で地下鉄District Lineが一部止まってしまうため、ロンドン塔周辺には歩いて行くしかない。

一日中歩き通しで疲れた。

ロンドン塔内では英国王室に代々継承されてる宝物が展示されていた。

有名なThe Great Star of Africa(偉大なるアフリカの星)という史上最大のダイヤモンドの迫力は圧巻だった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

お仕事終了

今日で博物館での仕事も終了。

今日は酒井先生と中国のイン君に頼まれたタイプ標本の写真撮影をした。



Cimg2262



お世話をしてくれた
Dr. Boothと最後に一緒に記念撮影。



夜、ロンドン・アイ(観覧車)に乗る。

Img_4513


Img_4492

Img_4499


帰りに夜店でホットドッグを買って食べた。パンにソーセージを挟んだだけのシンプルなものだったが、お腹が減っていたのでおいしかった。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

お仕事だいたい終了

博物館で作業ができるのも明日が最後。

名残惜しい。

Img_3950_1_2

Img_1980_1_2


Img_1962_3_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隠されたレリーフ

現在博物館では標本の大移動中。

すでにハチやカメムシの標本は新しいダーウィン・センターという最新鋭の研究施設に併設された収蔵庫に移動済み。

現在は膨大な量のディプテラの標本を移動中。

甲虫の移動は最後で、今年いっぱいかかるそうだ。

Img_3215



Img_3216

博物館の移動に伴い、大きな荷物やキャビネットを移動させていたら偶然発見されたレリーフ。

この場所は荷物の陰になっていたらしく、ここにこんなレリーフがあるなんて数十年間誰一人として知らなかったらしい。

歴史の重みがすごい。

Img_3210

写真の標本箱はインド北部~ミャンマーにかけて採集されたSepedophilusの標本。

予定していた仕事はだいたい片付いた。

Img_1253_4_5_6_7

朝のウェストミンスター大聖堂。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイドパークのリス

昨日は朝ちょっと早めに宿を出て、サウスケンジントンまで散歩しながら歩いて行きました。

途中、サンドイッチを買ってハイドパークに寄りました。

Img_2706


ロンドンは公園がものすごく多いです。

公園内にはものすごくたくさんのリスがいます。

大都会のリスなのに警戒心がまるでなく、手でエサをあげるフリをするとトコトコと手の上に乗ってきます。


Img_2691

Img_2692

| | コメント (0) | トラックバック (0)

展示用の標本

「甲虫の多様性」と題された展示用の標本箱を準備中。

たまたに団体のお客さんが収蔵庫まで見に来る。

Img_2644

Img_2646

Dr. David Sharpのゴミムシのコレクション。

Img_2655

巨大な収蔵庫。キャビネットには基本的にすべて鍵がかかっている。

Cimg2196

収蔵庫の二階に机と顕微鏡を借りている。

ボルネオから記載されたTachinoproporusという属の標本を見るのを楽しみにしていたのだが、残念ながら海外の研究者に貸出中。

・・・Campbell先生、もう7年も貸しているのだからいい加減に返してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハロッズでかすぎワロタ

今日は夕方博物館からビクトリア駅まで歩いて帰りました。博物館のあるサウスケンジントンから宿のあるビクトリア駅までは地下鉄で二駅なのでのんびり歩いても40分くらい。

ハロッズ(高級デパート)の前を通って帰ってきました。

Img_2677

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日も一日無事に終了!

今日も朝から博物館に籠りっきり。

夕方スーパーでビールとサラダを買って帰る。

今日も一日無事終了。

酒がうまい。

Img_2254

お酒の販売は年齢のチェックが結構厳しく、いちいち年齢が確認できるものをレジで見せなくてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロンドンの休日

土日は博物館の収蔵庫が閉まってしまうので完全にオフ。

二日間ともすっかり遊んでしまった。

土曜日は朝から一日ロンドン動物園に行き、夕方ピカデリーサーカス(繁華街)へ。

日曜日は朝から一日大英博物館に行き、夕方バッキンガム宮殿へお散歩。

バッキンガム宮殿は宿から歩いて15分くらいのところにある。衛兵交代式が有名だが、真昼間にやるのでなかなか見に行けなさそう。でも一回ぐらいは行きたいな。

夜はセインズベリー(スーパー)でビールと肴を買って部屋で飲む。

自分でも嫌になるぐらい健康だ。

今日から新しい週が始まるのでまた気合いを入れて頑張ろう!Img_1534_5_6

運河の脇を歩いて動物園に。土曜日は本当に良いお天気だった。

Img_1818_19_20

人類6000年の歴史と英知を集めた大英博物館本館。国や地域、時代別に全世界の歴史遺物や文化遺産が所蔵されているが、特に人気なのはやっぱり古代エジプト部門の展示。

エジプト部門の部屋に入るとすぐ目の前に大きな人だかりができている。その中心にはガラスケースに入った石碑が展示されていた。

Img_1899


三つの古代言語が刻まれたその石碑は、きっと世界で一番有名な石碑。


Img_1992_3_4

夕暮れのバッキンガム・パレス日曜日は夕方前に少し霧のような雨が降り、それがあがってから散歩に出かけた。空の様子がまだ少しおかしい。

Img_1998_1999_2000

荘厳な正門。

Img_2034_5_6

ビクトリア駅近くの路地裏。何気ない街角でも独特の風情がある。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールがうまいので他の事はもうホントどうでもいいです

日本に比べて何でも割高なのに、ビールは同じかちょっと安いくらい。

そして何より種類が豊富。超豊富。そしてどれもヤバいくらい旨い。

イギリスでこれならドイツなんか行った日にはどうなってしまうんだろうか。


ビールが旨ければ他の事はもう本当にどうでもいいです。

Img_2040

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝のお散歩

朝7時くらいはまだ夜中かと思うほど暗い。
8時くらいにようやく明るくなり始めるが、朝はいつもどんよりとした空なので気持ちが滅入る。

シャワーを浴びてから朝のお散歩に出る。

宿から歩いて20分くらいでテムズ川まで到着。

Img_1284_2_3


ウェストミンスター・ブリッジの橋の下で三脚立ててバシャバシャ写真撮ってたら警察に職質された。テロ警戒中らしい。ビッグ・ベンの歴史を丁寧に教えてくれた。ありがとう。もうちょっとゆっくりしゃべってもらえると嬉しかった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮殿かと思ったら博物館でした

ロンドン自然史博物館は想像以上に巨大な博物館でした。


Img_1237

Img_1239


Img_1236




| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロンドン晴れる

今起きた。

窓の外を見ると昨日の冷たい雨がうそのようにカラリと晴れている。

今日はこれからBMに行く。

Cimg2106

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒースロー着

ドーハからさらに七時間のフライトをへてヒースロー国際空港に到着した。

天気悪く、霧のような小雨が降り注いでいる。

ひどく寒い。

空港から地下鉄で市内の中心部に移動。

滞在中はビクトリア駅の近くの宿に宿泊する。

サウスケンジントンまで乗り換えしないといけないのが若干面倒だけど、サウスケンジントン周辺は高級住宅地らしく、ホテルは多いが料金はびっくりするほど高い。

ビクトリア駅の周辺は観光スポットに近いこともあって安宿がたくさんあるようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドーハ着

関空から11時間弱かけ、ようやくカタールのドーハに到着した。

日本を出たのは夜中だったが、フライトの途中、後ろから朝日が追っかけてくるのが印象的だった。

カタールは埃っぽく、砂だらけの国。

乗り継ぎ便までまだ2時間くらいあるので暇だ。

心配していた荷物の重量はぴったり20kgだったのでよかった。

ほとんど撮影機材。



写真は今撮ったドーハの空港。まだこちらは朝。ヒースロー空港には昼過ぎの到着予定。


Cimg2090




| | コメント (0) | トラックバック (0)

BMNH

今日から二週間ほどBM行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スレーブ発光による増灯

荷物の整理をしていたら以前Lumix FZ30用使っていたPanasonicの純正ストロボPE-28Sが出てきた。

この機種にはスレーブ発光(隷属発光)といってマスター側の光に同調して発光する機能が搭載されている。この機能を利用するとカメラと接点やコードなどで接続しなくても発光させることができる。

スレーブ発光で増灯用に再利用してみた。

このようにしてレンズの三脚座に取り付けて使ってみた。


Cimg2088


ディフューザーなしでもそれなりに使える感じ。ただまだ改良が必要。

Img_1118

Img_1188

Img_1214

Img_1224

Img_1232

上手に使えば陰影をつけたより立体的な写真が撮れるようになるはず。

 

荷物の整理中のはずが、思わず遊んでしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

買い物

土曜日は彼女と二人でエミフル松前に買い物に行った。

秋物の服をたくさん買った。

ユニクロで、寮で後輩だった小出に会う。小出は現在松山市の刑務所で見張られる側ではなく見張る側として勤務中。相変わらずのイケメンだった。


日曜日の昼間に大阪の安藤さんから電話。

フィッシュ アンド チップスのフィッシュとはニシンなのか、タラなのかでもめる。

僕はタラだと思う。

調べたらやっぱりタラだ。


高知の景山さんが昆虫展のときの写真を送ってくれた。

Kage001


ついでに糞虫の写真も送ってくれた。

羨ましいのでできるだけ見ないようにした。

Kage002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アカジマトラカミキリ

今期最初のゼミ発表。

研究室に行くと岡花君が面河のケヤキ材から出したアカジマトラがたくさんいた。

Img_1078



Img_1056

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々の雨

昨日は一日中ひどい雨。

原付で走っていたのでビショビショに濡れた。

今日から10月。もう10月かぁ・・・早いなぁ。今月はかなりバタバタする予定。あっという間に終わりそうだ。

毎月1日は外付けのHDDに定期バックアップの日。

それ以外の日にもこまめにバックアップはしているけど、毎月1日は必ず強制的にバックアップ。

ついでにフリーソフトを使ってレジストリのクリーンアップとデフラグ。ずいぶんとすっきりした。

デフラグにはこのソフトを使っている。

無料だが有料デフラグソフト並に高機能なフリーのデフラグソフト「MyDefrag」

近所のスーパーで割引券を持っていったらLサイズの卵10個入りが88円になった。卵だけを持ってレジに行き、きっちり88円払って帰ってきた。嫌な客だ。

家の外壁にへばりついていたハエトリグモ。

Img_1040

Img_1037

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »