« わたしもういい歳だけど、正直みつばちハッチ見に行きたい | トップページ | 四国カルスト »

夏のコンビニまわり


近所のコンビニで拾ってきた蛾を白バック撮影+フォーカシングレールで簡易Focus stacking。

蛾は一旦落ち着くと微動だにしなくなるので撮影むき。

蛾の顔ってどうしてこうも凛々しいのか。

Uhufese

Focus stackingを使った写真を見たときに感じる「視覚的な違和感」が面白い。

一般的に「虫は小さい」という認知情報が脳に刷り込まれているのでこの写真には「・・・ん?」という違和感を感じるはず。

蛾がネコくらいの大きさのある物体でなければこのような写り方はしないはずなので、脳の中に刷り込まれている「虫は小さい生物=接写による大きなボケがあるはず」という事実と適合が取れず、混乱してしまう。

視覚的な違和感を感じる例としては他にも逆ティルト撮影における「ミニチュア写真」が有名。あれがなぜミニチュアに見えるかと言えば「ビル=大きなもの」という事実に反する「接写によってしか得られない大きな前ボケと後ボケ」が得られるからだ。

人間は物体を見るとき、眼球を通して得られるボケの大きさによってその物体の大きさを認知しているということがわかる。


Kjygyfrdr

おまけ(通常撮影)。

Img_2737

Img_2745

ふむふむ

|

« わたしもういい歳だけど、正直みつばちハッチ見に行きたい | トップページ | 四国カルスト »

カメラ機材・技術」カテゴリの記事

写真:白バック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211306/35801552

この記事へのトラックバック一覧です: 夏のコンビニまわり:

« わたしもういい歳だけど、正直みつばちハッチ見に行きたい | トップページ | 四国カルスト »