« 晩夏の石鎚山1,200m地点で得られた蛾類I【既撮影種編】 | トップページ | アカジマトラカミキリ Anaglyptus bellus »

晩夏の石鎚山1,200m地点で得られた蛾類II【未撮影種編】

続いて今回初めて撮影した種類が全部で51種類。

今回はいくつか見たいと思っていた蛾が得られたのですごく嬉しかった。


【コブガ科】
042sinna_extrema
042アミメリンガ Sinna extrema (Walker, 1854)

【シャチホコガ科】

043ceruramenciana
043オオモクメシャチホコ Cerura menciana Moore, 1877

044furculabicuspis
044ホシナカグロモクメシャチホコ Furcula bicuspis (Borkhausen, 1790)

045notodontadembowskii
045ウチキシャチホコ Notodonta dembowskii Oberthur, 1879

046hagapteryxadmirabilis
046ハガタエグリシャチホコ Hagapteryx admirabilis (Staudinger, 1887)

これは撮りたかった種なので嬉しかった。

047gin
047ギンモンシャチホコ Spatalia dives Oberthur, 1884

048spataliajezoensis
048エゾギンモンシャチホコ Spatalia jezoensis Wileman & South, 1916

049gonoclosteratimoniorum
049クワゴモドキシャチホコ Gonoclostera timoniorum (Bremer, 1861)

050pterostomagigantinum
050オオエグリシャチホコ Pterostoma gigantinum Staudinger, 1892

051peridearotundata
051マルモンシャチホコ Peridea rotundata (Matsumura, 1920)

052syntypistiscyaneacyanea
052オオアオシャチホコ Syntypistis cyanea cyanea (Leech, 1889)

053stauropusfagipersimilis
053シャチホコガ Stauropus fagi persimilis Butler, 1879

【スズメガ科】

054agriusconvolvuli
054エビガラスズメ Agrius convolvuli (Linnaeus, 1758)

055theretraoldenlandiaeoldenlandiae
055セスジスズメ Theretra oldenlandiae oldenlandiae (Fabricius, 1775)

056theretranessus
056キイロスズメ Theretra nessus (Drury, 1773)

057rhagastismongoliana
057ビロードスズメ Rhagastis mongoliana (Butler, 1875)


【ヤママユガ科】

058actiasartemisaliena
058オオミズアオ Actias artemis aliena (Butler, 1879)

【ヤガ科】

059catocalanubila
059ゴマシオキシタバ Catocala nubila Butler, 1881

10頭以上来ていたと思う。ホストはブナとイヌブナ。下の翅の黄紋がつながるのが他種との区別点らしい。

060naganoellatimandra
060ベニトガリアツバ Naganoella timandra (Alpheraky, 1897)

今回一番嬉しかった種。

061momaalpium
061ゴマケンモン Moma alpium (Osbeck, 1778)

これも撮りたかった種なので嬉しかった。

062arctecoerula
062フクラスズメ Arcte coerula (Guenee, 1852)

模様が宇宙空間みたいで素敵。

063cymatophoropsisunca
063ホソバミツモンケンモン Cymatophoropsis unca (Houlbert, 1921)

稀な種のようだが、この日は全部で三頭ほど来ていた。いいデザインだなぁ。

064karanalaetevirens
064アオアカガネヨトウ Karana laetevirens (Oberthur, 1884)

065oraesiaexcavata
065アカエグリバ Oraesia excavata (Butler, 1878)

これも撮りたかった種類。

066enispalutefascialis
066キスジコヤガ Enispa lutefascialis (Leech, 1889)

067anaplectoidesvirens
067オオアオバヤガ Anaplectoides virens (Butler, 1878)

068rusicadacommoda
068オオアカキリバ Rusicada commoda (Butler, 1878)

069anorathacostalis
069マエキトガリアツバ Anoratha costalis Moore, 1867

070zanclognathagriselda
070ツマオビアツバ Zanclognatha griselda (Butler, 1879)

071prometopusflavicollis
071キクビヒメヨトウ Prometopus flavicollis (Leech, 1889)

072harrisimemnamarmorata
072スギタニゴマケンモン Harrisimemna marmorata Hampson, 1908

073chasminodesnigrilineus
073ヒロオビクロギンガ Chasminodes nigrilineus (Leech, 1889)

074sophtasubrosea
074ウスベニコヤガ Sophta subrosea (Butler, 1881)

【シャクガ科】

075corymicapryeri
075ウコンエダシャク Corymica pryeri (Butler, 1878)

076problepsissuperanssuperans
076ヒトツメオオシロヒメシャク Problepsis superans superans (Butler, 1885)

077euchristophiacumulatacumulata
077ウスオビヒメエダシャク Euchristophia cumulata cumulata (Christoph, 1881)

078myrtetapunctata
078ホシスジシロエダシャク Myrteta punctata (Warren, 1894)

079eulithisconvergenata
079ヨコジマナミシャク Eulithis convergenata (Bremer, 1864)

【ドクガ科】

080euproctispiperita
080キドクガ Euproctis piperita Oberthur, 1880

【カギバガ科】

081callicilixabraxataabraxata
081マダラカギバ Callicilix abraxata abraxata Butler, 1885

082oretapulchripes
082アシベニカギバ Oreta pulchripes Butler, 1877

083mimozethesargentilinearia
083ギンスジカギバ Mimozethes argentilinearia (Leech, 1897)

084microblepsismanleyimanleyi
084マンレイカギバ Microblepsis manleyi manleyi (Leech, 1898)

085macrothyatiraflavidaflavida
085キマダラトガリバ Macrothyatira flavida flavida (Butler, 1885)


【ツトガ科】

086tyspanodes_striatus_striatus
086クロスジノメイガ Tyspanodes striatus striatus (Butler, 1879)

087catoptrianana
087シロモンツトガ Catoptria nana Okano, 1959

自信なし。同属の他種の可能性あり。

088analthessemitritalisorbicularis
088シロヒトモンノメイガ Analthes semitritalis orbicularis (Shibuya, 1928)


【ハマキガ科】

089epiblemafoenellum
089ヨモギネムシガ Epiblema foenellum (Linnaeus, 1758)


【ヒトリガ科】

090spilarctiaobliquizonata
090フトスジモンヒトリ Spilarctia obliquizonata (Miyake, 1910)

【ヒロズコガ科】

091pelecystolastrigosa
091クシヒゲキヒロズコガ Pelecystola strigosa (Moore, 1888)

すげぇいいデザイン。

【アゲハモドキ科】

092epicopeiahainesiihainesii
092アゲハモドキ Epicopeia hainesii hainesii Holland, 1889

|

« 晩夏の石鎚山1,200m地点で得られた蛾類I【既撮影種編】 | トップページ | アカジマトラカミキリ Anaglyptus bellus »

写真:昆虫生態」カテゴリの記事

昆虫採集」カテゴリの記事

コメント

ホソバミツモンケンモン,いいですね~!
このポイントで割と多産するみたいなことは聞いた事がありましたが、本当にいるんだなぁ~。ステキ・・・

投稿: よなくにさん | 2010年8月25日 (水) 19時46分

後輩に「コレいい蛾ですよ」って教えてもらってから気づいたんですが、良い模様ですよね。何か珍品って風格があります。みんなで作る蛾類図鑑のホソバミツモンケンモンのページに載っている写真が石鎚スカイラインの個体だったので、やっぱりこの場所は多いんですかね。

投稿: たきぽろりん | 2010年8月27日 (金) 01時21分

蛾屋さん談義に花が咲いてますな

片山がこんなに蛾に開眼するとは
基礎を養うのが楽しいんだったら,ゆくゆく研究することも考えたら?
ハネカクシより素敵じゃないの

投稿: keizaf | 2010年8月27日 (金) 15時34分

いやいや、いまさら蛾の面白さが少しだけわかったような気がします。こんな良い虫を蛾屋さんは今まで独り占めにしていたなんて、ちょっと悔しい気持ちです。

もっとも私は今のところ写真を撮っているだけなのですが。

一般的な蛾屋さんのレベルを大学生くらいとすると、わたしなどはようやく小学校にあがったばかりくらいです。これからすこしずつわかる蛾を増やしていきたいと思います。

投稿: たきぽろりん | 2010年8月29日 (日) 14時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211306/36324699

この記事へのトラックバック一覧です: 晩夏の石鎚山1,200m地点で得られた蛾類II【未撮影種編】:

« 晩夏の石鎚山1,200m地点で得られた蛾類I【既撮影種編】 | トップページ | アカジマトラカミキリ Anaglyptus bellus »