« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

帰省

三日間ほど実家の名古屋に帰省。名古屋も途方もなく暑かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近松山市周辺で得られた蛾類

近所のコンビニなどでみかけた蛾類。

近所のコンビニでイチジクヒトリモドキを見つけてヒャッハーっと思って急いで家にカメラをとりに帰ったらもういなかった  ('A`)


001spataliadoerriesi
ウスイロギンモンシャチホコ Spatalia doerriesi Graeser, 1888

Genus_spatalia

Spatalia属は日本に三種類いる。並べて見ると銀色の斑紋がだいぶ違う。


002phaleraflavescens
モンクロシャチホコ Phalera flavescens (Bremer & Grey, 1853)

002phaleraflavescens2
触ると死んだふりする。

003barsinestriatastriata
スジベニコケガ Barsine striata striata (Bremer & Grey, 1853)

004barsinestriatastriata1

004barsinestriatastriata2
シロヒトリ Chionarctia nivea (Menetries, 1859)

どこのコンビニでも必ずといっていいほどこれだけは落ちている。

005hypsomadiusinsignis
アカウラカギバ Hypsomadius insignis Butler, 1877

006oreta_pulchripes
アシベニカギバ Oreta pulchripes Butler, 1877

カギバガ科の蛾ってカッコいいよね。こういう形の凧を昔持っていた。

007oretapulchripes
カシワマイマイ Lymantria mathura aurora Butler, 1877

008comostolasubtiliarianympha
コヨツメアオシャク Comostola subtiliaria nympha (Butler, 1881)

009sarbanissasubflava
トビイロトラガ Sarbanissa subflava (Moore, 1877)

トビイロトラガとベニモントラガ S. venusta (Leech, 1889)を混同していた。

010phrixolepiasericea
アカイラガ Phrixolepia sericea Butler, 1877

011thyatirabatisjaponica
モントガリバ Thyatira batis japonica Werny, 1966

これもカギガバ科。一目でカギバガ科とわかるやつはカギバガ亜科でこちらはトガリバ亜科になる。先日の石鎚山では同亜科の
オオマエベニトガリバが採れた。

Tetheaconsimilisconsimilis
オオマエベニトガリバ Tethea consimilis consimilis (Warren, 1912)

012spilosomapunctarium
アカハラゴマダラヒトリ Spilosoma punctarium (Stoll, 1782)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

灯火採集の常連キカマキリモドキ

朝晩は少し涼しくなってきた。

昼間はまだまだ暑い。

Eumatispaharmandi4

Eumatispaharmandi3
Eumatispaharmandi2
Eumatispaharmandi1
Eumatispaharmandi

キカマキリモドキ Eumatispa harmandi

本種はクモの卵嚢に寄生するため、卵嚢の大きさによって成虫の大きさもかなり異なる。ライト集まるカマキリモドキの中で最も個体数が多い普通種。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アカジマトラカミキリ Anaglyptus bellus

この間面河に行った際にケヤキから割り出したアカジマトラカミキリ。

もう夏も終わりだなぁっと。

Anaglyptusbellus3
アカジマトラカミキリ

Anaglyptus (Akajimatora) bellus bellus Matsumura et Matsushita, 1933

Akajimatora亜属。

Anaglyptusbellus
Anaglyptusbellus4

Anaglyptusbellus2
ケヤキの材から出てきたアカジマトラカミキリの蛹。小さな紙で巻いておいておくときちんと羽化するそうだ。

夏の終わりのトラカミキリといえば、モミ食いのアレが山迫さんの家で羽化待ちになっているそうだ。羽化したら標本にする前に写真を撮らせてもらう予定。今からワクワクしている。早く羽化しないかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晩夏の石鎚山1,200m地点で得られた蛾類II【未撮影種編】

続いて今回初めて撮影した種類が全部で51種類。

今回はいくつか見たいと思っていた蛾が得られたのですごく嬉しかった。


【コブガ科】
042sinna_extrema
042アミメリンガ Sinna extrema (Walker, 1854)

【シャチホコガ科】

043ceruramenciana
043オオモクメシャチホコ Cerura menciana Moore, 1877

044furculabicuspis
044ホシナカグロモクメシャチホコ Furcula bicuspis (Borkhausen, 1790)

045notodontadembowskii
045ウチキシャチホコ Notodonta dembowskii Oberthur, 1879

046hagapteryxadmirabilis
046ハガタエグリシャチホコ Hagapteryx admirabilis (Staudinger, 1887)

これは撮りたかった種なので嬉しかった。

047gin
047ギンモンシャチホコ Spatalia dives Oberthur, 1884

048spataliajezoensis
048エゾギンモンシャチホコ Spatalia jezoensis Wileman & South, 1916

049gonoclosteratimoniorum
049クワゴモドキシャチホコ Gonoclostera timoniorum (Bremer, 1861)

050pterostomagigantinum
050オオエグリシャチホコ Pterostoma gigantinum Staudinger, 1892

051peridearotundata
051マルモンシャチホコ Peridea rotundata (Matsumura, 1920)

052syntypistiscyaneacyanea
052オオアオシャチホコ Syntypistis cyanea cyanea (Leech, 1889)

053stauropusfagipersimilis
053シャチホコガ Stauropus fagi persimilis Butler, 1879

【スズメガ科】

054agriusconvolvuli
054エビガラスズメ Agrius convolvuli (Linnaeus, 1758)

055theretraoldenlandiaeoldenlandiae
055セスジスズメ Theretra oldenlandiae oldenlandiae (Fabricius, 1775)

056theretranessus
056キイロスズメ Theretra nessus (Drury, 1773)

057rhagastismongoliana
057ビロードスズメ Rhagastis mongoliana (Butler, 1875)


【ヤママユガ科】

058actiasartemisaliena
058オオミズアオ Actias artemis aliena (Butler, 1879)

【ヤガ科】

059catocalanubila
059ゴマシオキシタバ Catocala nubila Butler, 1881

10頭以上来ていたと思う。ホストはブナとイヌブナ。下の翅の黄紋がつながるのが他種との区別点らしい。

060naganoellatimandra
060ベニトガリアツバ Naganoella timandra (Alpheraky, 1897)

今回一番嬉しかった種。

061momaalpium
061ゴマケンモン Moma alpium (Osbeck, 1778)

これも撮りたかった種なので嬉しかった。

062arctecoerula
062フクラスズメ Arcte coerula (Guenee, 1852)

模様が宇宙空間みたいで素敵。

063cymatophoropsisunca
063ホソバミツモンケンモン Cymatophoropsis unca (Houlbert, 1921)

稀な種のようだが、この日は全部で三頭ほど来ていた。いいデザインだなぁ。

064karanalaetevirens
064アオアカガネヨトウ Karana laetevirens (Oberthur, 1884)

065oraesiaexcavata
065アカエグリバ Oraesia excavata (Butler, 1878)

これも撮りたかった種類。

066enispalutefascialis
066キスジコヤガ Enispa lutefascialis (Leech, 1889)

067anaplectoidesvirens
067オオアオバヤガ Anaplectoides virens (Butler, 1878)

068rusicadacommoda
068オオアカキリバ Rusicada commoda (Butler, 1878)

069anorathacostalis
069マエキトガリアツバ Anoratha costalis Moore, 1867

070zanclognathagriselda
070ツマオビアツバ Zanclognatha griselda (Butler, 1879)

071prometopusflavicollis
071キクビヒメヨトウ Prometopus flavicollis (Leech, 1889)

072harrisimemnamarmorata
072スギタニゴマケンモン Harrisimemna marmorata Hampson, 1908

073chasminodesnigrilineus
073ヒロオビクロギンガ Chasminodes nigrilineus (Leech, 1889)

074sophtasubrosea
074ウスベニコヤガ Sophta subrosea (Butler, 1881)

【シャクガ科】

075corymicapryeri
075ウコンエダシャク Corymica pryeri (Butler, 1878)

076problepsissuperanssuperans
076ヒトツメオオシロヒメシャク Problepsis superans superans (Butler, 1885)

077euchristophiacumulatacumulata
077ウスオビヒメエダシャク Euchristophia cumulata cumulata (Christoph, 1881)

078myrtetapunctata
078ホシスジシロエダシャク Myrteta punctata (Warren, 1894)

079eulithisconvergenata
079ヨコジマナミシャク Eulithis convergenata (Bremer, 1864)

【ドクガ科】

080euproctispiperita
080キドクガ Euproctis piperita Oberthur, 1880

【カギバガ科】

081callicilixabraxataabraxata
081マダラカギバ Callicilix abraxata abraxata Butler, 1885

082oretapulchripes
082アシベニカギバ Oreta pulchripes Butler, 1877

083mimozethesargentilinearia
083ギンスジカギバ Mimozethes argentilinearia (Leech, 1897)

084microblepsismanleyimanleyi
084マンレイカギバ Microblepsis manleyi manleyi (Leech, 1898)

085macrothyatiraflavidaflavida
085キマダラトガリバ Macrothyatira flavida flavida (Butler, 1885)


【ツトガ科】

086tyspanodes_striatus_striatus
086クロスジノメイガ Tyspanodes striatus striatus (Butler, 1879)

087catoptrianana
087シロモンツトガ Catoptria nana Okano, 1959

自信なし。同属の他種の可能性あり。

088analthessemitritalisorbicularis
088シロヒトモンノメイガ Analthes semitritalis orbicularis (Shibuya, 1928)


【ハマキガ科】

089epiblemafoenellum
089ヨモギネムシガ Epiblema foenellum (Linnaeus, 1758)


【ヒトリガ科】

090spilarctiaobliquizonata
090フトスジモンヒトリ Spilarctia obliquizonata (Miyake, 1910)

【ヒロズコガ科】

091pelecystolastrigosa
091クシヒゲキヒロズコガ Pelecystola strigosa (Moore, 1888)

すげぇいいデザイン。

【アゲハモドキ科】

092epicopeiahainesiihainesii
092アゲハモドキ Epicopeia hainesii hainesii Holland, 1889

| | コメント (4) | トラックバック (0)

晩夏の石鎚山1,200m地点で得られた蛾類I【既撮影種編】

先日石鎚山で灯火採集を行った際に得られた蛾類その1。

ここに載せてあるのは既に前回までに別の場所で撮影したことのある種。

今回石鎚山では41種類の既撮影種が得られた。


【コブガ科】

001pseudoipsprasinanus
001アオスジアオリンガ Pseudoips prasinanus (Linnaeus, 1758)


002ギンボシリンガ Ariolica argentea (Butler, 1881)

【ハマキガ科】
003アミメキハマキ Ptycholoma imitator (Walsingham, 1900)

【シャチホコガ科】
004イシダシャチホコ Peridea graeseri (Staudinger, 1892)
005シロシャチホコ Cnethodonta japonica Sugi, 1980
006マエジロシャチホコ Notodonta albicosta (Matsumura, 1920)
007ギンモンスズメモドキ Tarsolepis japonica japonica Wileman & South, 1917

【ヒトリガ科】
008アカスジシロコケガ Cyana hamata hamata (Walker, 1854)
009ヒメキホソバ Eilema cribrata (Staudinger, 1887)
010キベリネズミホソバ Ghoria gigantea gigantea (Oberthur, 1879)
011ベニヘリコケガ Miltochrista miniata rosaria Butler, 1877
012スジモンヒトリ Spilarctia seriatopunctata seriatopunctata (Motschulsky, 1861)
013ヨツボシホソバ Lithosia quadra (Linnaeus, 1758)

【カギバガ科】
014ウスオビカギバ Sabra harpagula olivacea (Inoue, 1958)
015ウコンカギバ Tridrepana crocea (Leech, 1889)
016ヤマトカギバ Nordstromia japonica (Moore, 1877)

【スズメガ科】
017サザナミスズメ Dolbina tancrei Staudinger, 1887
018クルマスズメ Ampelophaga rubiginosa rubiginosa Bremer & Grey, 1853

【ツトガ科】
019オオキノメイガ Botyodes principalis Leech, 1889
020マエアカスカシノメイガ Palpita nigropunctalis (Bremer, 1864)
021ヨスジノメイガ Pagyda quadrilineata Butler, 1881

【カイコガ科】
022オオクワゴモドキ Oberthueria falcigera (Butler, 1878)

【ヤガ科】
023キシタミドリヤガ Xestia efflorescens (Butler, 1879)
024マルモンシロガ Sphragifera sigillata (Menetries, 1859)
025テングアツバ Latirostrum bisacutum Hampson, 1895

026thyasjuno
026ムクゲコノハ Thyas juno (Dalman, 1823)


027オオシラホシアツバ Edessena hamada (Felder & Rogenhofer, 1874)
028トビイロトラガ Sarbanissa subflava (Moore, 1877)
029スギタニアオケンモン Nacna sugitanii (Nagano, 1918)

【シャクガ科】
030キスジシロエダシャク Orthocabera sericea sericea Butler, 1879
031ヘリジロヨツメアオシャク Comibaena amoenaria (Oberthur, 1880)
032オオシロオビアオシャク Geometra papilionaria subrigua (Prout, 1935)
033ナカキエダシャク Plagodis dolabraria (Linnaeus, 1767)


034bistonregaliscomitata
034ハイイロオオエダシャク Biston regalis comitata (Warren, 1899)


【カレハガ科】
035ギンモンカレハ Somadasys brevivenis brevivenis (Butler, 1885)

【イラガ科】
036クロシタアオイラガ Parasa sinica Moore, 1877

【ツバメガ科】
037クロフタオ Epiplema styx (Butler, 1881)

【ドクガ科】

Siro
038シロオビドクガ Numenes albofascia albofascia (Leech, 1889)

♂は下の翅も黒一色。

039ノンネマイマイ Lymantria monacha (Linnaeus, 1758)

【メイガ科】
040トビイロシマメイガ Hypsopygia regina (Butler, 1879)

【マドガ科】
041ハスオビマドガ Pyrinioides aurea Butler, 1881

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石鎚山 金山谷の写真

この間、金山谷に行ってきたときの写真。

晩夏の石鎚山の雰囲気が写真で伝われば幸いです。

Img_2861_2

Img_0025_2

Img_2849

Img_2773

Img_2783

Img_9952

Img_9968

Img_9960

Img_0002

Img_0021

Img_2883

Img_2886

Img_9965

Img_9983

Img_2890

Img_2899

Img_2792

Img_9978

Img_2942

Img_2923

Img_2946

Img_9940

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライトトラップ in 石鎚スカイライン 1200m 地点

夕方4時半頃、山迫さんに自宅まで迎えに来てもらい、山迫さん、千田君と三人で石鎚山へ。途中スーパーで夕食と翌日の朝食、酒を買い込む。三坂峠の途中で激しい夕立、先行きが不安になるが久万高原に降りる頃には完全にあがっていた。山迫さんは峠を見ると攻めたくなる病気なので、僕は終始青ざめていた。



面河のスカイライン入り口の駐車場で先に行った新田君、松野さんと合流。


石鎚山スカイラインを上り、1,200m地点にある「御来光の滝 展望台」に車を停める。ここが今夜のライトポイント兼宿泊地。

スカイラインは夜の八時に(季節により変化あり)入り口、出口ともに門が締まり、朝は七時まで開かないのでスカイラインの途中でライトをやるには中に閉じ込められてしまうので必然的に泊まりになってしまう。

今回はこの5人で朝までのんびり酒を飲みながらライトをする予定。泊まりなので何の気兼ねもなく酒が飲めるのがいい。


悩みながら場所を決め、七時過ぎに2機の発電機でライトを点灯。

Img_9400_1_2


途中、山迫さん、松野さんと三人で土小屋まで車を走らせ、土小屋のトイレの電灯を見に行った。ミツギリゾウ、カタボシエグリオオキノコ、ヒゲナガカミキリ等が見つかったが、虫の数は例年に比べてかなり少ない。

そのまま酒を飲みながら結局朝の五時までライトを続けた。

Img_9603_4_5

不安だった天気もまったく問題なく、気温が高く、蒸し暑いので灯火採集には最適な気候だった。

空が白み始めた頃、就寝。僕はライトの脇に持ってきたテントを張って寝た。


今回のライトは甲虫はかなり少なかったが、それでもヒゲナガカミキリが5頭ほどとハンノキカミキリ、ハンノオオルリカミキリ、ホソカミキリ、ミヤマクワガタ、アカアシクワガタ、コクワガタ、オニクワガタ等が飛来した。

蛾の数はかなり多く、種類数もかなりのものだったと思う。今年やったライトの中ではピカイチだった。

すでに撮影している種類で今回飛来したものが40種類で、今回新たに撮影したものが45種類くらい。なので合計80種類あまりは名前がわかった。

この日は一番驚いたのが気温の高さ。標高は1,200mを越えるはずなのに、深夜でも半袖でまったく問題がないほど。唯一長袖を来たのは翌日早朝の日の出前1時間ほどだけ。深夜に国民宿舎の入り口にある温度計を見たら気温24度、湿度90%になっていた。少し風があったものの、灯火採集の条件としてはかなりよかったはず。また飛来した蛾の数と種類数から場所的にもかなりよかったと思う。しかしこれだけ飛来する甲虫が少ないというのはやはり今年の石鎚山は虫が少ないのかもしれない。

翌日は九時頃出発し、金山谷へ。

金山谷は奥で工事をしているらしく、雰囲気がまったく変わっていた。それにしても虫が少ない。


お昼ごろ、面河に降り、ケヤキを削ってアカジマトラカミキリを出した。僕も写真撮影用に蛹と成虫をひとつずつもらった。

帰りに久万高原町の豚太郎で味噌ラーメンを食べた。

二時過ぎに帰宅。結局昨夜はテントで一時間くらい休んだだけなのでかなり疲れた。

今回の反省点としてはストロボの電池が途中でへたってしまったので、次回からはきちんと予備の電池を持って行きたい。またできればディフューザーも予備が必要だと思った。雨が降っていなくても湿度が高いとフニャフニャになってしまう。また地べたによく座り込んで撮影する場合が多いので小さいピクニックシートを持って行くとよいかも。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

森のきのこむし図鑑(15) アカハバビロオオキノコ

みんな大好きオオキノコ。


Hrrggututt7442
アカハバビロオオキノコ Neotriplax lewisii (Crotch, 1873)


普通種のオオキノコムシ。林内のきのこ、特にカワラタケの仲間に集団でついている場合が多い。一年中得られるが、秋から春の、他に何にも虫のいないような時期にもカワラタケを叩くとボロボロと落ちてきたりする。近所では皿ヶ峰にすごい多いような気がする。

生きているときは目の覚めるような赤色をしているが(写真上段の標本よりももっと赤い)、古い標本だと個体によっては見事なまでに黄色に変色してしまい、別種のように見える(下段)。

分布は広いらしく、本州から南西諸島を越えて台湾まで生息している。

上翅がつぶれやすいので標本にするときは優しくね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コロッケ作る

今日は夕ごはんに彼女とコロッケを作りました。

僕はジャガイモをグニグニと潰す係でした。

今日はたくさんお手伝いしたので花まるをもらいました。

花まるが50個たまったら新しい服を買ってもらえることになりました。

ただし花まるは恐ろしく増えにくい上に恐ろしく減りやすいので貯めるのは大変です。

現在マイナス9ポイントです。

口に出すとせっかく貯めた花まるがまたひとつ減るので心の中で死ねよカスって思いました。

Img_8712_2

Img_8698_2

Img_8721_2

参考レシピ↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

森のきのこむし図鑑(14) カタボシエグリオオキノコ

みんな大好きオオキノコムシ。

Megalodacne_bellula

カタボシエグリオオキノコ
Megalodacne bellula Lewis, 1883

Megalodacne_bellula2

やや中型~大型のキノコムシ。普通種で個体数は多い。山地よりも平地に多い。公園の切り株などに発生したサルノコシカケ科のきのこでよく見かける。

肩部の紅色帯に完全に遊離した黒紋がある。黒紋の大きさには個体差があるが、必ず遊離し独立した黒紋を作る。

Img_5366

ひとつのきのこに塊でいることも多く、採れるときはたいてい大量に採れる。
生きている時は紅色帯はもっと色鮮やかで、オレンジ色に近いが、標本にするとくすんだ暗赤色になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横井さん来る

今年もドイツ在住のカミキリ屋の横井さんが奥さん(ドイツ人)と一緒に松山に来られた。

夜は山迫さんと久松さんと一緒にてんぐの隠れ家で飲み会。

横井さんをホテルに送った後、山迫さんと三番町の立ち飲み屋でもう少し飲む。横井さんにドイツのブルーチーズをいただいたので食べた。くせが強くなく、食べやすかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

森のきのこむし図鑑(13) ベニモンムネビロオオキノコ

みんな大好きオオキノコムシ。

Microsternus_perforatus
ベニモンムネビロオオキノコ Microsternus perforatus(Lewis)


オオキノコの仲間は
まさに"甲虫"という感じで本当にどれもよい虫ばかり。

特に本種のような中型~小型のオオキノコは小さな森の宝石のよう。

ひょいと覗いた立ち枯れの裏のツリガネタケなんかにオオキノコが付いたら・・・というワクワク感があるからキノコ探しはやめられない。

Microsternus_perforatus002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鞆の浦の魅力

彼女と広島県福山市の鞆の浦(とものうら)に旅行に行きました。

しまなみ海道を通って今治から広島県へ。通常今治から尾道まで抜けると\5,000以上かかりますが、今日は週末なので1000円。

Img_7319

前日夜中までカルストでライトして、その後朝まで昆虫展の準備をしていたので眠い。車の中でちょっと寝てたました。

Img_7324

一旦ホテルに荷物を置いて、夕方日が陰って涼しくなってから鞆の浦の街を散策。

Img_7326_7_8

夕暮れの鞆の浦の街並み。昼間の刺すような日差しが陰り、少しぬるい潮風が心地良い。

Img_7348_9_7

見えているのは仙酔島と観光用のいろは丸。

仙酔島は日本の国立公園指定第一号(1934年に日本初の国立公園として瀬戸内海国立公園が指定され、その中でも仙酔島と鞆の浦が最初に指定された)。

名前の由来はあまりの美しさに仙人でも酔ってしまうほどなのだとか。

Img_7362

古びた落ち着いた街並み。飾り気がなく、観光用という感じがしません。ただ単に「まぁ古いままでもいいか。別に困らないし」という感じで古い。

Img_7363

Img_7364

Img_7367_5_6

ポニョの漁港。鞆の浦は「崖の上のポニョ」のモデルになった街で有名。この映画、お話的にはあまり面白くない気がしますが、絵が綺麗なので好き。

Img_7373

Img_7370

常夜燈の前のお店でかき氷を食べました。危うく食い逃げするところで気がついてお金を払おうとすると、店のおっさんが「あれ~、さっきお金もらわなかったっけ?」。

こういうたるんとした雰囲気がとても居心地が良い。

Img_7381_2_3

崖の上のお寺から眺めた夕暮れの鞆の浦。

Img_7376

Img_7379

Img_7389

Img_7391

Img_7392

Img_7393

Img_7394

裏道ではなく、これが鞆の浦のメイン道路。

交通量は多いのに道が恐ろしく狭いため、救急車両も通行できず問題になっているらしい。

Img_7395

Img_7396

Img_7397

「肉の店"ともやん"」と読んでいたら「"ともせん"だよ」と彼女に指摘された。わかってたけど、あえて言っただけだし。

Img_7400_398_399

今夜泊まる予定になっている「鞆の浦シーサイドホテル」の夕食は地物の野菜がメインのビュッフェスタイル。目移りしてしまうほどいろいろな種類の野菜があり、どれも新鮮でとても美味しかったです。

揚げたてのマッシュルームときくらげの天ぷらが絶品。夕食後、部屋のテレビで龍馬伝を見てから再び夜の漁港へ。

Img_7409

常夜燈。

夜風が気持ちいい。

Img_7417

屋上の露天風呂。

Img_7419

Img_7430_1_2

次の日は近くの海岸に海水浴に行きました。我が家には子どもの頃から夏に海水浴に行くという習慣がまったくありませんでした。そのかわり山に川遊びに週一くらいで行っていました。

Img_7435

海の家の安っぽい食べ物が好き。

Img_7436

Img_7427

Img_7459

帰りに大島の多々羅温泉に行きました。

Img_7454

Img_7453

Img_7442

夏の午後の気怠い雰囲気がよかった。

Img_7439

Img_7447
ホソバスズメ Ambulyx ochracea Butler, 1885


| | コメント (0) | トラックバック (1)

石川県のエミール君

あぁ・・・ちょっとせつなくなるニュース。

・・・よくよく考えるとエミール君は被害者側だけど。

展示中のカブト、クワガタ盗難 いしかわ子ども交流センター

News

| | コメント (2) | トラックバック (0)

なぜ夏休み子どもスペシャルは毎年9:55という中途半端な時間からだったのかの謎

だいたい小学生の頃の夏休みといえば午前中の、決まって9:55から「夏休み子どもスペシャル」と称してテレビアニメの再放送をやっていました。

9:30でも10:00でもなく、必ず9:55から。

いったいあの中途半端な放送開始時間はなぜだったのでしょうか。

当時小学校では「午前10時までは外に遊びに行ってはいけません」という絶対的かつ意味不明のルールが存在していたため、子どもが外に出だすギリギリのラインで放送をはじめていたのでしょうか。ていうかこのルールって全国的なものだったの?

どうでもいい話ですが、「夏休み子どもスペシャル」といえば僕が必ず思い出すのは「ドラゴンクエスト 勇者アベルの伝説」です。

このアニメ、毎年のように夏休みのこの時間に再放送で放送していたのですが、このアニメの何が問題って、全話数が43話あるんですよ。

夏休みってだいたい40日なんですよ。

しかも「夏休み子どもスペシャル」ってだいたい月~金の平日放送で土日はやってないわけですよ。



必然的に足らないわけですよ。


だから毎年話が中途半端なところで夏休みが終わってしまい、それに伴い放送も終了。

しかも立ちが悪いことにまったく足らないわけではなくて、微妙に・・・話が佳境に入って盛り上がってきたところで放送が終わってしまうわけですよ。

翌年の夏休みも何食わぬ顔で同じように放送するのですが、また最初から放送するもんだから、結局去年の二の舞ですよ。

そしてその翌年も・・・

という感じでこのアニメ、毎年見ていたのですが、結局勇者アベルが世界を救えたのかどうか、その結末を見た記憶がありません。

ハイスクール奇面組もよくやってたけど、ああいった一話完結型のアニメをやるべきで、最初から最後まで見ないとしっくりこない連作物のアニメをやるべきじゃないよね。しかも全43話という絶妙に放送が終わらないことがわかりきってるアニメを。


EDテーマがいいよね。




| | コメント (2) | トラックバック (0)

森のきのこむし図鑑(12) シラオビシデムシモドキ


Nodynus_leucofasciatus

シラオビシデムシモドキ Nodynus leucofasciatus
 LEWIS

山地に普通。腐敗の進んだ、柔らかいキノコに多い。最近では小屋山でオオキバハネカクシ、キノコハネカクシ類とともに多数得られた。樹液にもよく来る。

僕が初めて本種を採集したのは中学3年生のときで、愛知県多治見市の定光寺で、展望台近くのクヌギの樹液に集まっていた。ケシキスイだと思っていた。定光寺は名古屋から行きやすい場所だが、とても良い場所。

だいたい樹液やキノコなどでドロドロに汚れているのできちんと拭いてから標本にしないといけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四国カルストで採集された蛾類

先日天狗高原で灯火採集をした際に見られた蛾類。


【コブガ科】

001pseudoips_prasinanus
001アオスジアオリンガ Pseudoips prasinanus (Linnaeus, 1758)

002ariolica_argentea
002ギンボシリンガ Ariolica argentea (Butler, 1881)



【ハマキガ科】

003ptycholoma_mitator
003アミメキハマキ Ptycholoma imitator (Walsingham, 1900)


【シャチホコガ科】

004peridea_graeseri
004イシダシャチホコ Peridea graeseri (Staudinger, 1892)

005cnethodonta_japonica
005シロシャチホコ Cnethodonta japonica Sugi, 1980

006notodonta_albicosta
006マエジロシャチホコ Notodonta albicosta (Matsumura, 1920)



【カギバガ科】

007sabra_harpagula_olivacea
007ウスオビカギバ Sabra harpagula olivacea (Inoue, 1958)

008auzata_superba_superba
008ヒトツメカギバ Auzata superba superba (Butler, 1878)



【スズメガ科】

009meganoton_analis_scribae
009エゾシモフリスズメ Meganoton analis scribae (Austaut, 1911)

数頭来ていた。
010dolbina_tancrei
010サザナミスズメ Dolbina tancrei Staudinger, 1887

011mimas_christophi
011ヒサゴスズメ Mimas christophi (Staudinger, 1887)

名前の通り、翅にヒサゴ模様がある。
012rhagastis_trilineata
012ミスジビロードスズメ Rhagastis trilineata Matsumura, 1921



【ヤガ科】

013erebus_ephesperis
013オオトモエ Erebus ephesperis (Hubner, 1823)

014artena_dotata
014ツキワクチバ Artena dotata (Fabricius, 1794)

015latirostrum_bisacutum
015テングアツバ Latirostrum bisacutum Hampson, 1895

これがちょっと嬉しかった。天狗高原のテングアツバ。
016thyas_juno
016ムクゲコノハ Thyas juno (Dalman, 1823)

2頭来た。一頭目は翅が擦れて汚かったが、こちらはほとんど完品。ただなかなか後翅を開いて見せてくれない。


【シャクガ科】

017orthocabera_sericea_sericea
017キスジシロエダシャク Orthocabera sericea sericea Butler, 1879

018pogonopygia_nigralbata_nigralbat
018クロフオオシロエダシャク Pogonopygia nigralbata nigralbata Warren, 1894

019xandrames_dholaria
019ヒロオビオオエダシャク Xandrames dholaria Moore, 1868

020comibaena_amoenaria
020ヘリジロヨツメアオシャク Comibaena amoenaria (Oberthur, 1880)



【カレハガ科】

021somadasys_brevivenis_brevivenis
021ギンモンカレハ Somadasys brevivenis brevivenis (Butler, 1885)



【イラガ科】

022parasa_sinica
022クロシタアオイラガ Parasa sinica Moore, 1877



【ツバメガ科】

023epiplema_styx
023クロフタオ Epiplema styx (Butler, 1881)



【ドクガ科】

024numenes_albofascia_albofascia
024シロオビドクガ Numenes albofascia albofascia (Leech, 1889)

早い時間に1頭だけ。

025lymantria_monacha
025ノンネマイマイ Lymantria monacha (Linnaeus, 1758)



【ヒトリガ科】

026spilarctia_seriatopunctata_seria
026スジモンヒトリ Spilarctia seriatopunctata seriatopunctata (Motschulsky, 1861)

027lithosia_quadra
027ヨツボシホソバ Lithosia quadra (Linnaeus, 1758)



【マドガ科】

028pyrinioides_aurea
028ハスオビマドガ Pyrinioides aurea Butler, 1881

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ライトトラップ in 天狗高原 猪伏林道

昼過ぎに昆虫展から戻り、二時半にジャスコ近くのコンビニで伊予市の矢野さんと待ち合わせ。

ちなみに愛媛には虫の好きな矢野さんというお名前の方が少なくとも三人おり、ややこしい。

今日一緒に行くのは伊予市の矢野さん。あと蝶が好きな矢野さんと、面白い矢野さんがいる。

矢野さんが四国カルストは初めてとのことなので方向音痴の僕が案内しながらのんびり二時間半かけて天狗高原へ。天狗高原へは行くには松山側からは地芳峠を経由するよりも手前で猪伏林道を上がった方が圧倒的に早い。猪伏林道の入口付近で少し伐採をしており、杉と一緒にまわりの雑木が切ってあってカミキリとタマムシがポツポツといた。

僕はTamron 90mmで、矢野さんはZuiko macroで何枚か写真を撮って遊ぶ。

Img_6975


Tamron 90mm macro (SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1)はこれ一本で無限遠からライカ判(35mm版)に換算して1.6倍までの撮影が可能。トリミングを考えると単体で2倍程度までは引っ張れる。ポートレートに使うと女性は15%美人に、男性は15%イケメンに写る優れもの。何よりも圧倒的に安い。中古で3万円を切る。ただAPS-Cで使うと実質144mm程度の画角になってしまうので、虫以外ではよほど広い場所でないとちょっと使いにくい。


猪伏林道を登っている途中、少しにわか雨に降られた。カルストは高知沖の暖かく湿った空気が山で急激に冷やされるのでよく雨が降る。案の定ガスが出てきたが、しばらくすると再び天気が持ち直した。このまま持ちこたえてくれるとありがたい。

夕方5時少し前に天狗荘の駐車場へ到着。しばらくあたりをブラブラした後、高知の景山さん、香川の中野さんと合流。4人そろったので再び猪伏林道に戻る。


橋の上で同じくライト予定の愛媛のカミキリ屋さんにお会いする。栗原先生がいなくなって寂しがっていた。栗原先生は相変わらずお元気だそうだ。


さらに同じくライト予定で来た香川のゾウムシ屋さんにもお会いする。考えることはみんな一緒。これであとは徳島の虫屋さんが来たら四国4県勢揃いなところだが、きっと徳島の人は剣山スーパー林道の方へ行くのだろう。残念ながらこの日はお会いできなかった。


ライトトラップの準備を開始。

ブユが多くてまいる。

猪伏林道の橋の上にライト装備を展開する。景山さんのライトは自立式のコンパクトなもので設置が早くて便利だった。下にしくシートが白いビニールシートなのも気軽に上を歩けてすごく良かった。下が白布だと汚れやすくて上に乗るのが気が引けるし、これなら後始末も簡単。ライトの装備も人それぞれ工夫があって面白い。

電気は蛍光灯とブラックライトが合わせて12本、プラス水銀灯。バラスト付きの水銀灯はやはり圧倒的に明るい。

Img_6993

Img_7000


ライトの準備をしていると車の上にトラックトラップ装備を構えて高知昆虫研究会の会長さんが登場。

Img_6991

少し遅れて高知昆虫研究会の別府さんも登場。橋の上に広げた灯火採集のセットが景山さんのものだと知ると「しまった。水銀灯ごと谷に落としてやればよかった」と言っていたので笑ってしまった。高知の虫屋さんはみんな仲が良い。

Img_7002_3_4

Img_7023_4_5

思っていたよりも天気が良くなり、夕日が綺麗だった。

Img_7020_1_2

水銀灯と夕日。

Img_7031_29_30

夕日であかね色に染まる白布。

Img_7026_7_8

Img_7034_2_3


太陽が完全に地平線の向こうに沈み、暗くなってきた。少し雲が多いのが気になる。

Img_7049_7_8


点灯。

Img_7044_5_6

Img_7041_2_3

あっちでもこっちでも林道沿いに点々と水銀灯が光っている。

Img_7038_39_40

Img_7035_6_7

Img_7050_1_2

谷の向こうでは中野さんのライトが薄暮の中で光っていて綺麗だった。

Img_7062_3_4

Img_7055_3_4

いい感じに暗くなってきた。

景山さんと矢野さんがライトFITを仕掛けに行ったので僕はお留守番。ブラブラしていた。

途中突風が吹き、矢野さんの水銀灯を谷に落としてしまった。申し訳ないことをしてしまった。

Img_7210

Img_7085

中野さんのブラックライトでかい。

中野さんの場所では他の場所よりも風が強く吹いていたが甲虫類が多い印象。こんなに近くでも結構差が出る。中野さんが寒そうだったので僕の腐りかけのウインドブレーカーをお貸しした(ラオスに行く時に買ったオレンジ色のやつ)。かえって申し訳ないことをしてしまったかもしれない。彼女が誕生日に新しいのを買ってくれると言っていたのでそれまで我慢。

Img_7068_69_70

ISO400程度まで上げてもHDR生成時にノイズ処理をするとわりと 見られる画像になる。ただphotomatixでノイズ処理をすると時間がかかるのが難点。

Img_7217

4面に飛んできた虫が止まれるので便利。

Img_7224

ライトと老人。

景山さんが今年70歳と言っていたが、元気な老人だ。会うたびに「虫採りに行けるのも今年が最後かも・・・」と言うが、三年くらい前からそう言っているので何だかんだであと15年くらいはいけると確信している。

ちなみに景山さんと初めてお会いしたのは僕が大学の三回生の時。石鎚山に行ったらスカイラインの僕が掬おうと思っていた花を先に掬っていたのが出会いだった。その後別れて名野川越のシナノキを掬いに行ったらまたもや先を越されていた。

景山さんとはまだ一緒にマレーシアに行かなくてはいけないので死んでいる暇はない。

Img_7227

出だしは好調だったが、途中から急激に気温が下がり始め、あまり虫が来なくなってしまった。

今夜だけでこの猪伏林道沿いに7張りものライトが点灯されているので互いに行ったり来たり、採ったり採られたりしていたが、どこもイマイチ調子が良くないようだった。

僕としては蛾の写真がたくさん撮れて大満足だった。撮影した蛾は約50種類で28種まで同定し、残りはギブアップした。また本当ならもうちょっと種類数を撮影できたのかもしれないが、にわか雨でディフューザーがへたってしまい、途中から撮影が困難に。アミメリンガの綺麗な個体が来ていたのが撮れなかったのが残念だった。普通種なのでまた別の機会に。


途中にわか雨が降ったり止んだりして、12時前には撤収となった。

ライト自体も面白かったが、ライトのまわりに集まっている人のほうが面白く、とても楽しい採集だった。みなさんお疲れ様でした。




行きに待ち合わせしたコンビニで矢野さんと別れ、自宅に戻ったのが午前3時前。明日は10時に彼女に迎えに来てもらって広島へ旅行に行く予定なのでそれまで休憩したいところだが、昆虫展用のポストカードの追加印刷頼まれており、寝られない。イジメカッコ悪い。一旦研究室に行って印刷用の用紙を取りに行き、そこから10時まで一睡もせずに約450枚のポストカードを印刷。10時半頃博物館にポストカードを届け、そのまま旅行に出発。イジメカッコ悪い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

愛媛大学ミュージアム 昆虫展2010 最終日

今年の昆虫展は開催二日目に一日で1400人もの来場者があり、全体としても過去最高の入場者数(開催期間が六日間と過去最長なのもあるけど)。

僕はもう室員ではないので裏方仕事を少しと広報担当だけど、とにかく無事に終わってよかった。みんなお疲れ様。

Img_7863

Img_7862

Img_7866

Img_7872

Img_7894

Img_7925

子どもは虫を見ると興奮して錯乱状態になるので怖い。標本箱のガラスをガンガン叩く。

子ども:「ヒャッハー!虫だー!!」

Img_7923

Img_7932

韓さんの奥さん来てた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昆虫展三日目

昆虫展三日目。

午前中、香川の高木さんが来るので博物館へ。

高木さんに写真とカメラを見せてもらった。

高木さんの使っているEOS 7Dは僕の40Dよりもさらに一回り大きい印象。操作性はより改善され、合焦点速度も信じられないくらい速い。またCANONのEF-L 100mm macroも見せてもらった。高い描写性能と強力な手ブレ補正機能の新型Lレンズ。何よりもインナーズーム式なのが素晴らしい。

お昼は高木さんと一緒に平和通りのすみれでお好み焼き。関西風の大葉焼きがおいしかった。

午後から伊予市の矢野さんに拾ってもらい、四国カルストへ。

天狗荘の駐車場で待ち合わせしていた高知の景山さん、香川の中野さんと合流。猪伏林道でライトトラップをした。他にも愛媛、香川、高知から続々と他の組みも集結し、最終的には猪伏林道沿いに実に7張りものライトを展開する壮絶なライト合戦となった。下から見たら昨日の猪伏林道は大変なことになっていたはず。メチャクチャ楽しかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

愛媛大学ミュージアム 昆虫展2010 開催中


Img_6868

Img_6869

Img_6871

Img_6872

Img_6921

Img_6900

Img_6952

白バックが役に立った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

森のきのこむし図鑑(11) ヨツボシモンシデムシ

Nicrophorus_quadripunctatus_kraatz1


ヨツボシモンシデムシ Nicrophorus quadripunctatus Kraatz, 1897


ちょっと意外な感じもするが、本種はキノコから採れることがたまにある。

腐ってドロドロになり、腐臭を放っているキノコを調べるとノソノソと出てくるパターンにこれまで何度か出くわした。

写真の個体は対馬の竜良山で採集したもの。

Img_1959

竜良山の中腹で見つけた巨大な菌の塊。ボコっと丸ごと採れ、ザルの上で割ってみると凄まじい数のきのこむし。キノコマンションだった。

一応キノコから採れることもあるので「きのこむし」としたが、実際には獣の屍体や糞から採集したり、ライトトラップに飛んでくる場合がほとんど。

極普通種ながら、よく見れば前胸背板の凹凸などシビれるほどカッコいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛媛大学 昆虫展 2010 始まったぞー (^o^)ノ

ここぞとばかりに虫と触れ合え~ (^o^)ノ

Img_6311

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムラサキシャチホコの魅力

ムラサキシャチホコは何度見てもすごい。

感動してしまう。

両端が巻き込んだ落ち葉のようにしか見えないが、実は羽に完璧な模様(巻き込んだ葉の陰影や微妙なグラデーションまで)が書き込んであるだけ。


01

02_2


03

04

05

落ち葉の上にいると本当にわからない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ライトトラップ in 皿ヶ峰 上林トンネル前

山迫さんと昆虫展用の生き虫を採るために皿ヶ峰にライトに出かけた。

ここは本当に良い場所。

特に珍しいものがくるわけではないが、平地の虫も山地の虫もいろいろ飛んでくるのでかなり楽しめる。


21時点灯で始めた時間が遅かった割には虫の数はまぁまぁ。1時終了。





【シャチホコガ科】

001_syntypistis_japonica_nakatomi_1

001 アオシャチホコ? Syntypistis japonica (Nakatomi, 1981)

002_rabtala_splendida_oberthur_1880
002 アオセダカシャチホコ Rabtala splendida (Oberthur, 1880)

003_tarsolepis_japonica_japonica_wi
003 ギンモンスズメモドキ Tarsolepis japonica japonica Wileman & South, 1917

004_rabtala_cristata_butler_1877
004 セダカシャチホコ Rabtala cristata (Butler, 1877)

005_uropyia_meticulodina_oberthur_1
005 ムラサキシャチホコ Uropyia meticulodina (Oberthur, 1884)



【ヒトリガ科】

006_cyana_hamata_hamata_walker_1854
006 アカスジシロコケガ Cyana hamata hamata (Walker, 1854)

007_eilema_cribrata
007 ヒメキホソバ Eilema cribrata (Staudinger, 1887)



【シャクガ科】

008_aracima_muscosa_muscosa
008 アトヘリアオシャク Aracima muscosa muscosa Butler, 1878

009_parapercnia_giraffata
009 オオゴマダラエダシャク Parapercnia giraffata (Guenee, 1857)

010_geometra_papilionaria_subrigua
010 オオシロオビアオシャク Geometra papilionaria subrigua (Prout, 1935)

011_plagodis_dolabraria
011 ナカキエダシャク Plagodis dolabraria (Linnaeus, 1767)

012_biston_regalis_comitata
012 ハイイロオオエダシャク Biston regalis comitata (Warren, 1899)

013_abraxas_sp
013 Abraxas属の一種(同定できず)・・・ヒメマダラエダシャク?



【カギガバ科】

014_tridrepana_crocea
014 ウコンカギバ Tridrepana crocea (Leech, 1889)

015_nordstromia_japonica
015 ヤマトカギバ Nordstromia japonica (Moore, 1877)

016_callidrepana_patrana
016 ギンモンカギバ Callidrepana patrana (Moore, 1866)



【スズメガ科】

017_callambulyx_tatarinovii_gabyae
017 ウンモンスズメ Callambulyx tatarinovii gabyae Bryk, 1946

018_phyllosphingia_dissimilis_dissi
018 エゾスズメ Phyllosphingia dissimilis dissimilis (Bremer, 1861)

019_ampelophaga_rubiginosa_rubigino
019 クルマスズメ Ampelophaga rubiginosa rubiginosa Bremer & Grey, 1853



【ツトガ科】

020_botyodes_principalis
020 オオキノメイガ Botyodes principalis Leech, 1889

022_polythlipta_liquidalis_2
021 ツマグロシロノメイガ Polythlipta liquidalis Leech, 1889


022_palpita_nigropunctalis_2
022 マエアカスカシノメイガ Palpita nigropunctalis (Bremer, 1864)


023_pagyda_quadrilineata
023 ヨスジノメイガ Pagyda quadrilineata Butler, 1881



【カイコガ科】

024_oberthueria_falcigera
024 オオクワゴモドキ Oberthueria falcigera (Butler, 1878)

025_bombyx_mandarina
025 クワコ Bombyx mandarina (Moore, 1872)



【ヤガ科】

026_xestia_efflorescens
026 キシタミドリヤガ Xestia efflorescens (Butler, 1879)

027_sphragifera_sigillata
027 マルモンシロガ Sphragifera sigillata (Menetries, 1859)




【ボクトウガ科】

028_zeuzera_multistrigata_leuconota
028 ゴマフボクトウ Zeuzera multistrigata leuconota Butler, 1881



【マダラガ科】

029_neochalcosia_remota
029 シロシタホタルガ Neochalcosia remota (Walker, 1854)




【ドクガ科】

030_artaxa_subflava
030 ドクガ Artaxa subflava (Bremer, 1864)



【メイガ科】

032_hypsopygia_regina
031 トビイロシマメイガ Hypsopygia regina (Butler, 1879)

032_cataprosopus_monstrosus
032 マエグロツヅリガ Cataprosopus monstrosus Butler, 1881





| | コメント (0) | トラックバック (0)

森のきのこむし図鑑(10) クロヒラタケシキスイ

Ipidia_variolosa_reitter1879

クロヒラタケシキスイ Ipidia variolosa Reitter, 1879

地味だがわかりやすいケシキスイ。

樹皮下などに極めて普通。

わたしは「日本ケシキスイを愛する会」の副会長をしているので森でケシキスイを見つけたらなるべく採集するようにしている。本会の会長は言わずもがな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昆虫展前夜

研究室に行くと昆虫展前の準備でグチャグチャ。この時期は毎年こんな感じ。

Img_6249

Img_6243

Img_6236

展示用に松山のそこかしこからかき集められた大量の生き虫。


Img_6244

人がいっぱいいるが、すでに夜中の三時前。

Img_6239

技官の松野さんも学生に付き合って夜遅くまで頑張っていた。お疲れ様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

森のきのこむし図鑑(9) ツシマゴマダラコクヌスト

対馬特産種

Leperina_tsushimana_nakane

ツシマゴマダラコクヌスト Leperina tsushimana (NAKANE)

対馬では多い。写真の個体は積んであった薪から採集した。

Leperina_tsushimana_nakane2

Leperina_tsushimana_nakane3

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛媛大学 昆虫展始まるよ~(^o^)/

愛媛大学ミュージアム 昆虫展2010

Hufff

今年のポスターのデザインは研究室の末長君。

写真は三重県の特産種モモブトハムシ。



詳細は以下から


http://web.agr.ehime-u.ac.jp/~entomology/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

森のきのこむし図鑑(8) ウスオビキノコケシキスイ

Pocadites_dilatimanus_reitter1877_2

ウスオビキノコケシキスイ Pocadites dilatimanus (Reitter, 1877)


キノコに集まる代表的なケシキスイのひとつ。

キノコからはこのPocaditesの他に、NeopallodesCyllodesなどがよく採集される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »