« 「緒言」を「しょげん」って読む人って何なの? | トップページ | 森のきのこむし図鑑(28):ヤマトマルクビハネカクシ »

(新しい)甲虫学会大会2010

夕方、吉富先生の部屋に行くと、なぜかインドネシアに行っているはずの高須賀さんがいた。

スラウェシ島のムラピ山が大噴火を起こしたそうで、火山の爆風に煽られて気がついたら日本まで流されてきてしまったとのことだ。こうやって生き物は分布を広げていくんだなぁと思った。


金曜日から来週の月曜まで甲虫学会で大阪へ。

金曜日は朝6時集合で研究室の学生と一緒に吉富先生の車で大阪へ。学会は土曜日からなので初日は大阪自然史博物館の標本を見せてもらう予定。

朝6時出発って、早くね?

|

« 「緒言」を「しょげん」って読む人って何なの? | トップページ | 森のきのこむし図鑑(28):ヤマトマルクビハネカクシ »

日常生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211306/37629288

この記事へのトラックバック一覧です: (新しい)甲虫学会大会2010:

« 「緒言」を「しょげん」って読む人って何なの? | トップページ | 森のきのこむし図鑑(28):ヤマトマルクビハネカクシ »