« 魅惑の虫:マゴジャクシミゾキノコシバンムシ(和名長い) | トップページ | 薬丸 岳:天使のナイフ »

資本主義もここまで来たかという思いを禁じえない

昨日、夕方に近所のジャスコに夕飯の買出しに行った。

パン屋がちょうど半額になるかならないかのギリギリの時間を狙っていったのだが、残念ながらまだ半額(正確には全品\110)になっていなかったので、もう少し待とうと思い、時間つぶしに店内をブラブラ。

ふと目についた子供用のアーケードゲーム機。

小学生の女の子が遊ぶ用の、何やら画面上のキャラクターのファッションを着せ替えして遊ぶものらしい。


ゲーム機からは大音量で音声が流れていて、アニメ声で


「お金を入れてね!お金を入れると服やアクセの情報がつまったプリズムストーンが出てくるよ!」


いったいどういうことなのかさっぱりわからなかったが、どうやら機械に100円を投入することで綺麗な宝石のような物(プリズムストーン)が購入でき、その宝石を機械に再び装填することで画面上のキャラクターの着せ替えができるということらしい。

カードのバーコードをスキャンするとかならともかく、立体的な形状を持ったプラスチックの宝石に情報を埋め込み、それを再びスキャンする技術がすごいなぁと思った。

Hufrrr

帰ってから調べたらどうもこういうゲームらしい。

少女漫画のキャラクターって冷静に見ると、顔面の大きさに対してその眼球の大きさに戸惑ってしまう。

Hufrr1r

目でけぇ。



自分の服を買うのならともかく、自分の金で(正確には親の金で)画面のキャラクターを着せ替えさせてやって何が面白いのか。

手が込んでいるなぁと思ったのはお金を入れることで直接画面のキャラクターを着せ替えするのではなく、一旦宝石(何とかストーン)を購入させてそれを使って着せ替えさせるという手段。

僕も子供の頃にドラゴンボールのカード集めてたからわかるけど、「宝石を集める」という子どもの所有欲を巧みにくすぐって販促に繋げているらしい。


へぇ~と思っていると、作業員の人が来て何やら機械をいじり始めた。どうもメーカーの人らしく、端末の調整らしい。


裏蓋を開けて中の基盤にパソコンを接続し、何か調整していたのだが、調整中にも電源が切れていないらしく、画面は写ったままで可愛らしい女の子のキャラクターが先程の煽り文句を言い続けている。


しかも前半の部分だけループしているので、店内に
中途半端な部分でループするアニメ声の音声が響きわたっていた。



「お金を入れてね!お金を入れると・・・」



「お金を入れてね!お金を・・・」



「お金を入れてね!・・・」



「お金を・・・」



「お金を・・・」



「お金を・・・!!」









怖い。

音声が煽り文句の前半部分だけループしているのでひたすら無差別に金銭を要求し続ける銭ゲバのようなキャラクターになっていた。

こんな小学生のやるゲームの中でも、やっぱりお金なんだなぁと認識を新たにした。

|

« 魅惑の虫:マゴジャクシミゾキノコシバンムシ(和名長い) | トップページ | 薬丸 岳:天使のナイフ »

日常生活」カテゴリの記事

コメント

まばたきしたら音がしそうなでかさですな

実際こんな大きさの人間がいたら気持ち悪いやろな
でもこの娘らかわいらしいやん
彼女にしたい


http://livedoor.blogimg.jp/himasoku123/imgs/f/b/fb160629.jpg

参考
http://blog.livedoor.jp/himasoku123/archives/51475588.html

投稿: keizaf | 2010年11月28日 (日) 14時51分

画像のリンクがあると思って不用意に開いたらグロ画像だった。
怖ぇぇぇぇぇぇ!!!


彼女にするのもいいかもしれませんが、話しかけるのにも、デートをするのにも、プレゼントをあげる場合でさえ、一回ごとに100円要求されるので注意してください。
かわいい顔してとんでもない性悪女です。

投稿: たきぽろりん | 2010年11月28日 (日) 18時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211306/37848857

この記事へのトラックバック一覧です: 資本主義もここまで来たかという思いを禁じえない:

« 魅惑の虫:マゴジャクシミゾキノコシバンムシ(和名長い) | トップページ | 薬丸 岳:天使のナイフ »