« ・・・これはもうダメかもわからんね・・・ | トップページ | 中国人の海賊版製品製造にかける情熱は異常 »

お米を貰いに研究室へ

お米がなくなって年が越せなくなりそうだったので、酒井先生が以前に貧しい学生用に研究室に持ってきてくれたお米を貰いに行った。

よかった。よかった。米がなくてはさすがにどうしようもない。

これで年を越せる。

Img_9774

もうすぐ今年も終わり。

松山市内の小学校は24日が終業式で、それからは楽しい冬休み。

僕も子供の頃はただダラダラ長いだけの夏休みよりもクリスマスやお正月など、楽しいイベントがたくさんある冬休みの方が好きだった。

彼女のクラスの子もクリスマスが近くなって浮き足立っているらしい。



彼女:「クリスマス前だからってはしゃぎ過ぎて今日も三人一発レッドカードになった」


と言っていた。

・・・もう冬休みなんだから大目に見てあげてほしい。

今日は夜少し寒さが和らいだのでゆっくり時間をかけて走った。

いつもとは違うコースで8km。

走り始めの頃に比べてかなり体力がついてきた。

 

|

« ・・・これはもうダメかもわからんね・・・ | トップページ | 中国人の海賊版製品製造にかける情熱は異常 »

日常生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211306/38175116

この記事へのトラックバック一覧です: お米を貰いに研究室へ:

« ・・・これはもうダメかもわからんね・・・ | トップページ | 中国人の海賊版製品製造にかける情熱は異常 »