« ロンドン自然史博物館に昆虫のタイプ標本を見に行った時のお話【2】 | トップページ | ロンドン自然史博物館に昆虫のタイプ標本を見に行った時のお話【3】 »

私は鳥が嫌いだ

虫屋さんの中には生き物が何でも好きで、そのなかでも特に野鳥が好きという人が少なからずいる。

しかし僕は子供の頃から鳥があまり好きではない。というか嫌いだ。

生き物の図鑑なら何でも持っていた僕は、当然鳥の図鑑も持っていたが、持っていただけでほとんど見ることはなかった。だからあらゆる図鑑の中で、鳥の図鑑の保存状態が一番良い。

幼少期のある出来事から、僕の心の奥底には鳥全般に対する激しい憎悪の気持ちが渦巻いていたのである。

むかしむかし、僕がまだ小さかった頃、名古屋の東山動物園に家族で行った際、フラミンゴを見つけた。

目の前に現れた不思議な生き物に対し、心優しい僕は友好の印として頭を撫でてあげようとした。

するとどうであろうか。

先ほどまでボンヤリと虚空を見つめて佇むだけだったフラミンゴは突然獰猛な生物へと豹変し、僕の頭部目がけて鋭い突きを食らわせてきたのである。

友達だと思って優しく接しようとしたにも関わらず、まったく予想だにしない突然の攻撃を受けた僕はその理不尽さに泣きじゃくり、それ以来鳥という生き物に根深い嫌悪感を持つに至った。

あの時の恨みを、僕は未だに忘れていない。


Img_0282

Img_0324

Img_0288

Img_0363

Img_0340


|

« ロンドン自然史博物館に昆虫のタイプ標本を見に行った時のお話【2】 | トップページ | ロンドン自然史博物館に昆虫のタイプ標本を見に行った時のお話【3】 »

日常生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211306/38386647

この記事へのトラックバック一覧です: 私は鳥が嫌いだ:

« ロンドン自然史博物館に昆虫のタイプ標本を見に行った時のお話【2】 | トップページ | ロンドン自然史博物館に昆虫のタイプ標本を見に行った時のお話【3】 »