« アフリカで見たいろいろな糞虫の写真 | トップページ | 南部アフリカ乾燥地帯の鳥類(6):ブッポウソウ(Roller)の仲間2種類 »

ツナの炊き込みご飯

昨日の夕ごはんは炊き込みご飯だった。

Img_8596

メニューは「ツナの炊き込みご飯」・「ホッケ」・「野菜サラダ」・「卵焼き」・「冷蔵庫の残飯一掃味噌汁」。

本当はキンピラも作りたかったが、切ってアク抜きしてあるお手軽ゴボウがスーパーになかったので諦めた。

炊き込みご飯は「はなまるマーケットレシピ★ツナの炊き込みご飯」を参考にしてツナ缶を使って作った。

材料を買ってきて炊飯器に入れて炊くだけなのでとても簡単。

材料にショウガとあったが、確か去年の年末にぶり大根を作ったときに買ったショウガがまだあったから使おうと思って冷蔵庫からだしたら、腐海の底に没していた。

ショウガってなかなか使う機会ないよね。

Img_8598

炊き上がったら薬味に刻みネギと大葉をのせて完成。

レシピ通りに作ったつもりだったが、やや薄味だったので広島で買った牡蠣醤油をかけて食べたらとても美味しかった。

Img_8594

卵焼きも焼いてもらった。僕は卵焼きは甘いヤツしか認めていない。甘くないのはだし巻きである。


料理を作る合間に彼女がものすごい勢いでこの前の遠足の感想文に赤ペンでコメントを書いていた。

Img_8590

ちょっと見せてもらったが、作文の量を水増しするために余った行を


「う○こ う○こ う○こ う○こ」
「ち○こ ち○こ ち○こ ち○こ」


※原文ママ


という男子小学生お気に入りの二大ワードの羅列で埋めるのはなかなか野心的な試みだなあと思った(それなりに作文の行は水増しされていたが、野心的すぎて先生は怒っていた)。たぶん特に意味はない。


男子小学生はどうしてそんなにうんことちんこが好きなのだろうか。
言葉のインパクトと口に出したときの語感がいいんだろうな。

かくいうワタクシも小学生の頃はうんことちんこのことばかり考えていたので昔も今も変わらないなあとしみじみと思った。

|

« アフリカで見たいろいろな糞虫の写真 | トップページ | 南部アフリカ乾燥地帯の鳥類(6):ブッポウソウ(Roller)の仲間2種類 »

日常生活」カテゴリの記事

コメント

小学生に『うんちレストラン』(伊地知英信・新開孝、ポプラ社、2006)を読んであげると、ほんとうに興味津津で感激します。うんこの魅力って、でっかいぞ。

彼女の「赤ペン」がいいですよね。この「赤ペン」、学校の先生しか使っていないような気がします。いや、女性の先生であれば、100%持っている「赤ペン」です。この「赤ペン」、キャップを閉め忘れるとたいへんです。

投稿: 青春光夫 | 2011年3月22日 (火) 23時22分

なんか学校の先生ってこういう赤ペン使ってるイメージありますよね。横で見ていて30人以上の生徒の作文にいちいちコメントを書いていくのは大変だなあと思いました。

投稿: たきぽろりん | 2011年3月23日 (水) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211306/39326070

この記事へのトラックバック一覧です: ツナの炊き込みご飯:

« アフリカで見たいろいろな糞虫の写真 | トップページ | 南部アフリカ乾燥地帯の鳥類(6):ブッポウソウ(Roller)の仲間2種類 »