« 道で食用ガエルを拾う | トップページ | なんこつ揚げライスとか・・・食ってるし・・・ »

大きなブナの木の死体で

去年はずっと体調を崩していて行けなかったのだが、先日都合二年ぶりに高縄山の山頂にあがった。

驚いたのは長年「ご神木」とあがめていた立派なブナの立ち枯れがついに力尽き、倒れて地に付していたこと。

倒れてしまったのは去年だろうか。・・・ショックだ。



本当に惚れ惚れするような見事な「死に様」、言うなば森における輪廻転生を感じさせてくれる立派な立ち枯れだった。

 

この木は僕が初めて高縄山に来て以来、ずっと死んでいた木であり、僕は生きている姿を見たことがない。

木というのは生きている時以上に、「いかにして死ぬか」が重要である。

長年にわたり森の栄養分を吸い上げたその巨体が生命活動を停止するとき、森は今までの逆襲と言わんばかりに木が森から吸い上げたものを取り返そうとあらゆる虫をけしかける。

結果、死体となった木はあっという間に利用されつくされ、無残な姿になって森に還っていくのである。

その無情なるは言葉に表せられない。

しかし、どこか満足気なのだ。

Img_0001_3

六年前の在りし日の姿。初めて見たその時からずっとこの木は死体だった。

|

« 道で食用ガエルを拾う | トップページ | なんこつ揚げライスとか・・・食ってるし・・・ »

日常生活」カテゴリの記事

コメント

ホソコバネたまむしが飛んできたのでしょうね(^^)

投稿: 福タマ | 2012年7月21日 (土) 16時58分

クロいホソコバネたまむしを何度が見たことがありますよ。本当に良い木で虫がたくさん来ているご神木でした。

投稿: たきぽろりん | 2012年7月22日 (日) 13時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211306/46364710

この記事へのトラックバック一覧です: 大きなブナの木の死体で:

« 道で食用ガエルを拾う | トップページ | なんこつ揚げライスとか・・・食ってるし・・・ »