« 2013年7月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年8月

ホソバミツモンケンモンを採りに行こう

日曜日の夕方に松山を出発し、石鎚山へホソバミツモンケンモンを探しに出かけた。


午前1時頃にようやく狙いのホソバミツモンケンモンが飛来してホッとしたが、全体的には飛来した蛾の数は多くなく、種類もマンネリ気味だった。

いくつか嬉しかったものとしてはオニベニシタバ、クロメンガタスズメ、クロボシシロオオシンクイなど。オニベニシタバ以外のシタバガの仲間はほとんどがヨシノキシタバ、ゴマシオキシタバ、エゾシロシタバで、特にヨシノキシタバが多かった。ジョナスキシタバも1頭だけ来ていた。


平地は寝苦しい夜が続いていたので標高1,200mの高地で久しぶりに快適に眠ることができた。

Img_0149
この日の灯火採集の様子。全体的に低調だった。360度開けた場所なので蛍光灯は裏と表に半分ずつ分散して設置した。写真は表面だが裏面のほうが蛾が多かった。クワガタはミヤマクワガタ、アカアシクワガタ、コクワガタ、オニクワガタ、ヒメオオクワガタが来ていたがやはりメスがほとんど。

ホソバミツモンケンモン Cymatophoropsis unca (Houlbert, 1921)
ホソバミツモンケンモン Cymatophoropsis unca (Houlbert, 1921)
絶妙なデザインの斑紋をした美しい蛾。印象としてはお金持ちの品の良いマダムって感じ。分布は局地的で非常に珍しく、高知県では準絶滅危惧種に指定されている。幼虫はネコノチチという変わった植物を食べる。3年前も同じ場所で採れているが、飛来したのはやはり遅い時間だった。深夜にしか飛ばないのかな?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

高知県大月町の竜ヶ浜海水浴場(柏島)

高知県大月町の竜ヶ浜海水浴場に海水浴に出かけた。

四国の果ての果てなので高速を使って松山から三時間半ほどかかる。

この海水浴場は柏島の少し手前にあり、一昨年から遊泳禁止になった柏島海水浴場の代わりにできたもの。

柏島海水浴場ほどの透明度はないが水は綺麗でたくさんの熱帯魚や珊瑚が見られた。

Img_0116

Img_0121
なんかいた。

Img_0128

Img_0130
いただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知県いの町稲叢山中腹ライトトラップ20130804

西条から新寒風山トンネルを抜け高知県いの町へ向かう。

 

大橋ダムから標高1,500mの稲叢(いなむら)山へ登り、山頂へ向かう途中のやや開けた場所でライトトラップをした。

 

標高は正確にはわからないが、おそらく900m前後の場所だろう。

 

特にこれといったものは来なかったが条件は非常に良く、種数も数も多かった。

 

標高の高い場所でライトトラップをすることが多いのでどちらかと言うと里の蛾が多かった今回は新鮮な感じがした。

Img_0090_2
日没にかけてアブが非常に多く、辟易した。痛いのはまだ我慢できるが、痒いんだわこれが。

Img_0092
オニヤンマが来ていた

Img_0100
実はミヤマクワガタが採りたくてこの場所を選んだのだが、さっぱり来なくてワロタ。


| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年11月 »