« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

キャメロンハイランドの昆虫(52)トラシャクの仲間 Dysphania militaris (Linnaeus, 1758)

Dysphania_militaris
Dysphania militaris (Linnaeus, 1758)
夜の街灯の常連だが、昼間もそこかしこでよく見る。匂いに誘引されるらしくトラップ用の腐肉や果物にも多数の個体が集まっているのをよく見た。また昼間に集団で吸水に来たりと見た目もあいまってさながら蝶のよう。

触ると腹をくの字に折り曲げて擬死行動に出るので撮影がなかなか面倒くさい虫。

同属のDysphania malayanus (Guérin-Méneville, 1843)も撮影しているが残念ながらボロボロの個体だけだった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(51)イラガの仲間 Cania bandura Moore, 1859

Cania_bandura
Cania bandura Moore, 1859
丸っこくて可愛らしいイラガの仲間。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(50)クチバの仲間 Ommatophora luminosa (Cramer, 1780)

Ommatophora_luminosa
Ommatophora luminosa (Cramer, 1780)
タナラタの時計塔で拾った(たぶん)クチバの仲間。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カプレーゼ

Img_1033

調理方法はトマトとモッツァレラチーズを買ってきて切って並べるだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(49)カギバガの仲間 Canucha specularis (Moore, 1879)

Canucha_specularis
Canucha specularis (Moore, 1879)
ライトトラップにやって来た面白い形の蛾。調べてみるとカギバガの仲間らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甫喜ヶ峰(ほきがみね)森林公園で今年も昆虫展があるらしい

景山さんの家に遊びに行き、景山さんの友達と三人で甫喜ヶ峰(ほきがみね)に上がった。

甫喜ヶ峰の森林公園にある森林学習展示館では毎年世界の珍しい昆虫の展示を行っているそうだ。



コレクション歴30年という虫好きの老人。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(48)シャチホコガの仲間 Baradesa lithosioides Moore, 1883

Baradesa_lithosioides
Baradesa lithosioides Moore, 1883
かなり大型の蛾で、Blue Valleyを越えて車で30分ほど行った、温泉が湧いてるという森で見つけた。最初見た時はなんだこれはと思ったが、シャチホコガだと言われればなるほどその通りだと納得した。新鮮な個体は後翅がもっと色鮮やかな山吹色をしているようだが、残念ながらこの個体は少し褪せている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(47)ヒトリモドキガ(Aganainae)の仲間 Agape chloropyga (Walker, 1854)

Agape_chloropyga
Agape chloropyga  (Walker, 1854)
ド派手な黄色の地色に赤い斑点模様が特徴のヒトリモドキガの仲間。なおヒトリモドキガ亜科はヤガ科に属する。
普通種っぽいが街灯で一度見たきり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(46)ハナカマキリの仲間 Theopropus elegans Westwood, 1832

Theopropus_elegans_astage
Theopropus elegans Westwood, 1832
ハナカマキリ(Flower Mantis)の仲間。最初採った時は幼虫個体(写真下。たぶん2令幼虫)だったが、宿でしばらく飼育していたら二度ほど脱皮をして大きくなった。餌はライトトラップの副産物の蛾を与えていた。

Theopropus_elegans_ystage

| | コメント (2) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(45)ヤガの仲間 Hamodes lutea (Walker, 1863)

Hamodes_lutea
Hamodes lutea (Walker, 1863)
とても美しい、鮮やかな黄色の翅を持った大型蛾。
この色合と模様はジャングルに落ちているある種の落ち葉に恐ろしくよく似ている。
右下の個体は別種かと思ったが、色の褪せた同種だろう。
巨大なブラックボックスのようなヤガ科の中でどのあたりに位置するのかよくわからない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(44)ヒトリガの仲間 Amerila astreus (Drury, 1773)

Amerila_astreus
Amerila astreus (Drury, 1773)
公園の時計塔で見つけた、翅が少し透き通ったヒトリガの仲間。そういえば以前にボツワナでも本種に似たA. bauri Möschler, 1884を撮影している。wikipediaによると本属の成虫は攻撃を受けると複眼の間にある分泌腺からシューシューと音を立てて黄色の泡を放出するそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(43)ヨコバイとかハゴロモとかそのへん

Cicadellidae
ライトにやって来たヨコバイとかを適当に写真に撮った。あまり興味がないグループなので色が綺麗だなあくらいの感想しかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クマゼミ初鳴き

昨日クマゼミの初鳴きを聞いた。気の早いやつだなと思ったが、もう7月か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(42)ヤガの仲間 Lopharthrum comprimens Walker, 1858

Lopharthrum_comprimens
Lopharthrum comprimens Walker, 1858
クチバの仲間っぽい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(41) ツバメガ科(Uraniidae)の仲間 Urapteroides astheniata (Guenee, 1857)

Urapteroides_astheniata
Urapteroides astheniata (Guenee, 1857)
街中の街灯やショーウィンドウにくっついていることが多い、少しくすんだ白色の蛾。以前に紹介したツバメエダシャク (Ourapteryx)に似ているが、こちらはツバメガの仲間。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(40)ウラジロアオシャク Spaniocentra hollowayi Inoue, 1986

Spaniocentra_hollowayi
ウラジロアオシャク Spaniocentra hollowayi Inoue, 1986
日本では屋久島以南の南西諸島に分布している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(39)シロスジクロホソヤガ Lophoptera squammigera Guenée, 1852

Lophoptera_squammigera
シロスジクロホソヤガ Lophoptera squammigera Guenée, 1852
ヤガ科ホソヤガ亜科に属する種類で、日本からも記録がある。見た目がちょっとシンジュキノカワガっぽい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »