« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

20141122 晩秋の天狗高原ライトトラップ 1320m地点

晩秋の天狗高原へ灯火採集に出かけた。

昨年11/11に天狗高原に来ているが、その時は天気に恵まれず、冷たい雨と風にあおられ散々だった。それでもその時クロモンキシタバとムーアキシタクチバを撮っている。特にムーアキシタクチバはもう一度写真に撮りたい。

天狗荘から600m地点で崖崩れがあったらしく、愛媛県側からは猪伏林道を上がれなくなっていた(正確には上がれるが高知県側には抜けられない)ので地芳峠の方から姫鶴平を経由して天狗高原へ。

天狗荘の前から猪伏林道へ下る道に通行禁止を示す簡易のテープが貼られていた。

しかたがないので車はここに止め、猪伏林道を少し下って良さそうな場所を探す。

車から300mほど下ったところ(標高1320m)で灯火採集を行った。

Img_5839

Img_5841


Map

Img_5860
いくら高圧とはいえ、しょせんはハンディライトなので指向性が強すぎるのが欠点。

Img_5883
今回HIDハンディライトとは別に20Wの誘虫ランプを投入した。電源は20Aのリチウムイオンバッテリ。

Img_5886
クリップオンのスパイラル型誘虫ランプを三脚に取り付けている。
通常、灯火採集では採集効率を上げるために水銀灯+ブラックライトを組み合わせて使うが、HIDハンディライトもそれに近いような使い方をするべきなのだろうか。効果のほどはまだよくわからない。

Img_5901

以下、本日ライトに集まった蛾の紹介。

Diarsia_canescens
オオバコヤガ Diarsia canescens (Butler, 1878)
ほんのり紫色の影が目の前を横切るとドキッとする。ムラサキミツボシキリガが欲しいんだ。さすがにもう時期が遅い。この場所はシナノキ食いの少ないカバイロミツボシキリガがよく採れる。

Alsophila_japonensis
シロオビフユシャク Alsophila japonensis (Warren, 1894)
たくさん来たフユシャクの仲間。この寒さでも軽快な動きを見せ、耐寒性能の高さがうかがえる。

Conistra_castaneofasciata
ゴマダラキリガ Conistra castaneofasciata (Motschulsky, 1861)
初見のキリガ。前から撮りたかったやつだ。


Eudocima_tyrannus
アケビコノハ Eudocima tyrannus (Guenée, 1852)
飛んできた当初はバタバタと大暴れしていたが、やがてコロッと死んだように動かなくなってしまった。この時期外気温が低いのでうっかり翅を休めていると筋肉が冷えて動かなくなり、飛ぶまでに時間がかかってしまう。

Hemiglaeacostalis
キマエキリガ Hemiglaea costalis (Butler, 1879)

Inurois_membranaria
クロテンフユシャク Inurois membranaria (Christoph, 1881)


Meganephria_funesta
ホソバハガタヨトウ Meganephria funesta (Leech, 1889)
この時期だけ見られるヨトウガの仲間。

Nothoporinia_mediolineata
ナカオビアキナミシャク Nothoporinia mediolineata (Prout, 1914)

Nyctycia_strigidisca_owadai
ヒマラヤハガタヨトウ Nyctycia strigidisca owadai (Yoshimoto, 1988)
違うかもしれない。このへんの仲間はわかりづらい。


Oraesia_excavata
アカエグリバ Oraesia excavata (Butler, 1878)
寒い時期でもよく飛んでくる。


Palpita_nigropunctalis
マエアカスカシノメイガ Palpita nigropunctalis (Bremer, 1864)

Ptilophora_nohirae
クシヒゲシャチホコ Ptilophora nohirae (Matsumura, 1920)
ヒゲがフサフサしていないのが雌。本種は非常によく採れるが、四国ではより珍しいエゾクシヒゲシャチホコが欲しい。分布が重なっているらしいので1頭1頭ドキドキしながら見てみるが、やっぱり全部普通のクシヒゲだった。


Rhynchaglaea_scitula
チャマダラキリガ Rhynchaglaea scitula (Butler, 1879)

Sugitania_clara
ヤマノモンキリガ Sugitania clara Sugi, 1990
この日一番多く飛来したのがこのキリガ。

Telorta_edentata
キトガリキリガ Telorta edentata (Leech, 1889)
少し前までは大量に飛来していたキトガリキリガもほとんど飛んでこなくなった。

本日灯火採集にやって来た蛾のまとめ。
Moth_at_late_autumn
秋の蛾、特に晩秋にこのような高標高地で採れる種類は色合いが枯れ葉のような地味なものが多い。ただ形の面白さや地味ながらも味わい深い雰囲気がしてそれはそれで楽しめる。夏場の灯火採集にようにおびただしい数の蛾が襲来するといった感じでもなく、ポツポツとやってくるものを1頭1頭じっくり見れるのもこの時期ならでは。時間が許すなら泊まりで来てコンロで焼いた安っぽいソーセージをウイスキーでやりたいところ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(93) コメツキムシの仲間

Elateridae
コメツキムシの仲間。
村人が採って持ってきた中型のコメツキムシ。
ウバタマコメツキ Cryptalausの仲間だろうか。
何となくカッコ良かったので撮ってはみたが、まったくの門外漢でコメツキムシであること以外さっぱりわからない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(92) シロコフキコガネ Lepidiota stigma (Fabricius, 1798)

Lepidiota_stigma
シロコフキコガネ Lepidiota stigma (Fabricius, 1798)
普通種で、ライトによくやって来る白いコフキコガネの仲間。
街灯でもたまに見るが、少なくともタナラタではあまり多くないような印象がある。
8年前に初めて見た時には叫びだしそうなほど感激した。
綺麗に標本にしないと白いのが全て剥げ落ちてしまい、みすぼらしいことになるので注意。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(91) アオゴミムシの仲間

Callistinae
アオゴミムシの仲間・・・だよな、コレ。
温泉の近くにある森の中でライトトラップに飛んできたゴミムシ。
ゴミムシの仲間は甲虫っぽさが凝縮していてカッコ良いのでついつい撮ってしまい、写真ばかりが増えていく。一方で特に調べる気にならないので溜まっていく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(90) オオゾウムシ Sipalinus gigas (Fabricius, 1775)

Sipalinus_gigas
オオゾウムシ Sipalinus gigas (Fabricius, 1775)
たぶん日本にいるのと同じ種類。マレーシアにもいるんだね。
「でかい」・「動かない」・「反射しない」と写真を撮るには理想の被写体。
何もかも諦めたような表情が好き。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(89) エダシャクの仲間 Zamarada sp. 1 & sp. 2

Zamarada
Zamarada sp. 1 & sp. 2
小さいが、翅が透き通った美しい蛾を見つけた。
エダシャクの仲間らしい(まあそれくらいは見た目でわかるけど)。日本には分布しないZamaradaという属の種類らしい。Zamarada属は全世界から250種類をかかえる大属。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(88) エダシャクの仲間 Geometridae

Geometridae_from_malaysia
エダシャク(Geometridae)の仲間 4種類 

Chiasmia sp.
Petelia distracta Walker, 1860
Zythos turbata Walker, 1862
Heterostegane subtessellata Walker, 1863

灯火採集で得られたエダシャクの仲間をいくつか紹介する。日本産ですらよくわからないのに、ましてやマレーシア産などわからないものだらけ。でも種数が多いだけに目にする機会も多いので少しずつ調べていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(87) リュウキュウキノカワガの仲間 Risoba sp.

Risoba_sp
Risoba sp.
最初に見た時は日本にも分布するリュウキュウキノカワガ Risoba prominens Moore, 1881と同種だと思ったが、改めて見比べてみるとずいぶんと模様が違う。近縁な別種だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(86) アオケンモンに近縁な仲間 Belciana sp.

Belciana
Belciana sp. (Belciana biformis Walker, 1858 ???)
おそらくアオケンモン Belciades niveola (Motschulsky, 1866)に非常に近い仲間。

Belciades_niveola_2
アオケンモン Belciades niveola (Motschulsky, 1866)
見た目や雰囲気もよく似ている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(85) シラホシカミキリの仲間 Glenea anticepunctata (Thomson, 1857)

Glenea_anticepunctata
Glenea anticepunctata (Thomson, 1857)
いかにもどうでもよさげなカミキリムシの仲間。林の中の開けた場所でハエのように飛び回っている。 Glenea属は悪夢のように無限に広がる巨大な属で、カミキリムシの中でも特に調べる気にならないもののひとつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(84) スカシエダシャクの仲間 Krananda lucidaria Leech, 1897

Krananda_lucidaria
Krananda lucidaria Leech, 1897
日本産の同属2種と合わせて紹介する。
日本でよく見るスカシエダシャクに非常によく似ている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(83) サシガメの仲間 Panthous daedalus Stäl, 1863

Panthous_daedalus
Panthous daedalus Stäl, 1863
木の洞の中に真紅の不気味なサシガメがいた。
雰囲気がヨコヅナサシガメによく似ているが、どうも違う属らしい。
ただ刺されたら痛いことだけはわかる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(82) アシベニカギバの仲間 Oreta sp.

Oreta_sp
Oreta sp.
南方系の香りの漂うカギバガの仲間。日本産でいうところのアシベニカギバ O. pulchripes Butler, 1877やオオフトカギバ O. fuscopurpurea Inoue, 1956に近い仲間のようだ。図鑑によると本属はアジア温帯域からニューギニアにかけて60種類ほど分布し、北アメリカにも2種を産するとある。


Oreta_fuscopurpurea
オオフトカギバ Oreta fuscopurpurea Inoue, 1956
こちらは先日中追渓谷で得られた同属の日本産種。


Oreta_pulchripes
アシベニカギバ Oreta pulchripes Butler, 1877
同じく同属の日本産種。昨年天狗高原で得られたもの。


Oreta_loochooana_loochooana
オキナワカギバ Oreta loochooana loochooana Swinhoe, 1902
同じく同属の日本産種。一昨年(2012年)に伊予市の農道で灯火採集をして得られた個体。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(81) ハイイロヒトリ Creatonotos transiens (Walker, 1855)

Creatonotos_transiens
ハイイロヒトリ Creatonotos transiens  vacillans (Walker, 1855)
日本でも屋久島以南の南西諸島に産する。基亜種はインドに産し、日本、台湾のものはC. transiens koniになる。マレー半島産のもまた別亜種C. transiens vacillansになる
普通種らしく、いたるところでよく見る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(80) ルニフェルホソアカクワガタ Cyclommatus lunifer Boileau, 1905

Cyclommathus_lunifer_2
ルニフェルホソアカクワガタ Cyclommatus lunifer Boileau, 1905
蛾以外に目もくれない私に、発電機を運んできてくれた現地人のおっさんが「おい、クワガタ来てるぞ」と拾って持ってきてくれた。
おっさんがちゃんと私のところに持ってきてくれるってことは、つまり普通種ってこと。
本当に良いもの(特にクワガタムシの)が来た時は何も言わずにこっそり自分のポケットに入れてるから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(79) アツバの仲間 Hypena iconicalis Walker, 1859

Hypena_iconicalis
Hypena iconicalis Walker, 1859 (???)

初日にタナラタの街灯で拾って大喜びしたアツバの仲間。深みがありながら主張しすぎない上品な紫色が美しい。
アツバ亜科(Hypeninae)の中心となる大属、アツバ属(Hypena)に属するものだろう。H. iconicalisか、それに近い種ではないだろうか。

アツバの仲間は、特にHypena属は大属だけに日本産種も混乱している。マレーシアでもよく見つけたが、よくわからないものが多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(78) コブガの仲間 Cossedia hyriodes Hampson, 1912

Cossedia_hyriodes
Cossedia hyriodes Hampson, 1912
コブガ科のリンガ亜科に属する仲間だろう。日本のトビイロリンガなんかに雰囲気が似ている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20141108 中追渓谷ライトトラップ(二回目)による蛾の採集

土曜日は夕方から中追渓谷へ。

月齢がとても悪いが、曇ることを期待して一応行くだけ行ってみる。

日が暮れるのが本当に早くなった。

途中までこの時期にしては気温が高いまま推移し、飛来数は悪くない状態だったが9時前に盛大に晴れあがり、明るくなってしまった。たぶん30分も待てばもう一回飛来のピークがあると思うが、とくに粘るような状況でもないのでさっさと切り上げた。

Img_1198

Img_1200

Img_1201

Img_1202

Img_1204

Img_1205

Macrauzata_maxima_maxima
スカシカギバ Macrauzata maxima maxima Inoue, 1960
初見。平地の雑木林で見られる普通種だが今まで見たことがなかった種類。ようやく出会えた。思っていたよりもでかい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(77) イラガの仲間 Cania sp.

Cania_sp
イラガの一種 Cania sp. (C. heppneri ???)

その51で紹介したCania bandura Moore, 1859と同じ属の丸っこいイラガの仲間。
台湾に分布するC. heppneriによく似ているので同種のような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(76) マエアカヒメシャク Traminda aventiaria (Guenée, 1857)

Traminda_aventiaria
マエアカヒメシャク Traminda aventiaria (Guenée, 1857)
ヒメシャク亜科に属する。
日本でも屋久島以南の南西諸島、小笠原に分布するものと同種だろう。本種は東南アジアからインド、オーストラリアに広く分布している。
図鑑には幼虫はマメ科の植物を食べるとある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(75) コオロギの仲間

Cricket
コオロギの仲間

灯火採集にやって来たコオロギの仲間。
マレーシアだけでなく、タイやラオスでもよく見た。
同種かどうかはわからないが、情緒もへったくれもない、死ぬほどうるさい音で夜通し鳴くという特徴が共通している。

地面に穴を掘って半地下の巣を作り、そこでひたすらに鳴り響いている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(74) クシヒゲシマメイガの仲間 Sybrida sp.

Sybrida
クシヒゲシマメイガの仲間 Sybrida sp.
国道沿いでライトトラップをしたら飛んできた変わった形の蛾。日本でも真夏に見るSybridaだだろう。
シマメイガ亜科(Pyralinae)に属する蛾で、標本で見るといかにもそんな感じだが、生きて翅をたたんでいるのを見ると所属がわからなくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(73) ナナフシの仲間

Stick_insect
ナナフシの一種
道路端をノコノコと歩いているのを見つけた。
写真では模様がわかりにくいが、LSDでぶっ飛びながらデザインしたようなサイケデリックな見た目。こういうデザインの虫はバッタやナナフシではよく見る。
ナナフシの仲間は灯火にもよくやって来る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(72) ウスムラサキクチバの仲間 Ericeia amanda Walker, 1858

Ericeia_amanda
Ericeia amanda Walker, 1858

灯火に面白い模様の蛾がやってきた。種名までは当然分からないが、日本では見慣れたウスムラサキクチバと同じ属か、その周辺の仲間だろうとすぐに検討はつく。

見慣れない珍奇な虫を見られるのも海外採集の醍醐味だが、すぐに何の仲間か検討はつくが日本産の種類とは微妙に違う、といった静かな興奮も特に東南アジアでの採集では楽しい。

もしこの世に世界地図がなかったとしても、虫を見ていると沖縄のむこうに台湾やフィリピンがあり、そのむこうにタイやマレーシアがあるだろうことは想像がつく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(71) ベニモンノメイガ Agathodes ostentalis (Geyer, 1837)

Agathodes_ostentalis
ベニモンノメイガ Agathodes ostentalis (Geyer, 1837)
小さいが濃い紅色が美しいノメイガの仲間。東南アジアからオーストラリア、インドまで広く分布し、日本でも沖縄以南の南西諸島に分布する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(70) シロスジカミキリ(Batocera属)の仲間

Batocera
シロスジカミキリの仲間 Batocera sp.  (B. parryi ?)
街灯に落ちている大型の甲虫の中でも見つけて最もゲンナリするもののひとつ。

見慣れた日本産のシロスジカミキリに幼稚園児がクレパスで塗り絵をしたような見た目。

いかにも熱帯アジアに来たと言わんばかりの派手な見た目に騙され、大喜びで採集して帰る旅行者が後を絶たないが、帰国後絶望するまでがテンプレ。



すげぇ!さすが東南アジア!シロスジカミキリに色がついてる!

帰国後、さて標本を作るか

・・・は?



死ぬとなぜか消えるんだわ。この色。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(69) ヒメクロイラガ(Scopelodes属)の仲間

Scopelodes
ヒメクロイラガの仲間 Scopelodes

ライトトラップにやってきたScopelodes属のマレーシア産2種類と日本産1種。
右上:Scopelodes pallivittata Snellen, 1886
左上:Scopelodes sp.
右下:Scopelodes contracta Walker, 1855 (ヒメクロイラガ)

右上のS. pallivittataは全身が金色に輝いて豪華絢爛。ペルシャの王族みたい。自分の持っていたイラガのイメージよりも一回り大きく、重量感があった。最初はシャチホコの仲間かと思ったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »