« キャメロンハイランドの昆虫(193) コカブトムシの仲間 Eophileurus sp. | トップページ | 木の実を吸うギンガの仲間 »

片道9時間かけて出かけたのに水銀灯つけて1分でヤンコウスキーキリガ来てワロタ

Xanthocosmia_jankowskii

ヤンコウスキーキリガ Xanthocosmia jankowskii (Oberthür, 1884)

水銀灯を点灯し、最初にやって来たのがヤンコウスキーキリガだった。本当にものの1分前後の出来事であった。その後も飛来する個体数は増え続け、結局その日やって来た蛾の中で最も多いのがヤンコウスキーキリガであった。




その日、ついに長年の憧れだったヤンコウスキーキリガは採れた。

その瞬間、私が日本の虫屋の中で最も幸せであったことは疑いようもない。

私は心から満たされ、幸福な気分になるのと同時に、こみ上げてきたのは途方も無い喪失感であり、寂寥感であった。

そうか、ヤンコウスキーキリガはもう採れてしまったのか。

|

« キャメロンハイランドの昆虫(193) コカブトムシの仲間 Eophileurus sp. | トップページ | 木の実を吸うギンガの仲間 »

写真:白バック」カテゴリの記事

コメント

写真が下手とか言っている訳でなく、この蛾はライトトラップしているときはあんなに金色に光って見えるのに、標本や写真にすると魅力が半減してしまうのは悲しいな、とこの写真を見て思いました。前の記事に出ていたピンボケ写真の方が実物に近い色合いに感じました。四国にもいないのかな。

投稿: KUWAKIRA | 2015年9月 2日 (水) 20時11分

えぇ!? 意外! 私はまったく逆で、実物のテカっている感じよりも、マットな感じの写真での質感や落ち着いて色落ちしたような標本での雰囲気の方が、実物よりも好きです。

日本海に面している場所ならチャンスはありそうですが、四国では難しいかもしれませんね。単純にシナノキ食いならもっと分布が広くても良さそうなものですが。

投稿: たきぽろりん | 2015年9月 2日 (水) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211306/61409644

この記事へのトラックバック一覧です: 片道9時間かけて出かけたのに水銀灯つけて1分でヤンコウスキーキリガ来てワロタ:

« キャメロンハイランドの昆虫(193) コカブトムシの仲間 Eophileurus sp. | トップページ | 木の実を吸うギンガの仲間 »