« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

キャメロンハイランドの昆虫(264) エグリエダシャクの仲間 Fascellina sp.

Fascellina
エグリエダシャクの仲間 Fascellina sp.

第180回で紹介したF. castanea Moore, 1877と同属で、日本にも分布するエグリエダシャクの仲間。
エグリエダシャクというのは名前の通りどの種も翅の縁がえぐれているのが特徴だと思っていたがどうもそうではないらしく、属内には今回紹介するもののように普通の翅のものもおり、むしろそちらの方が多数派かもしれない。東南アジアを中心にかなり多くの種がいるようだ。

翅はえぐれていなくてもやっぱり同属らしく、どの種も同じように変わった止まり方をする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(263) エダシャク亜科の仲間 Ennominae spp.

Ennominae
エダシャク亜科の仲間 Ennominae spp.

灯火に来たエダシャクの仲間と思われる不明種2種類。かなり悩んだが結局わからなかった。下はDissoplagaっぽい?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(262) ヒトリガの仲間 Vemuna remelana Moore, 1865

Vemuna_remelana
ヒトリガの仲間 Vemuna remelana Moore, 1865 (♀)

ヒトリガの仲間で灯火で普通。メスも斑紋に変異があるようだ。以前に紹介したモンシロホソバ V. alboluteora (Rothschild, 1912)に近縁で、正直区別がつかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛と憎しみのサツマゴキブリ(幼虫)Opisthoplatia orientalis (Burmeister, 1838)

Opisthoplatia_orientalis
サツマゴキブリ(幼虫)Opisthoplatia orientalis (Burmeister, 1838)
高知市内でも港に近い場所だと廃材の下などで集団でかたまっているのをよく見かける。ゴキブリのくせにこの妙な愛くるしさはどこからくるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(261) ヤシオサゾウムシ Rhynchophorus ferrugineus (Olivier, 1790)

Rhynchophorus_ferrugineus
ヤシオサゾウムシ Rhynchophorus ferrugineus (Olivier, 1790)

ヤシの大害虫で、いわゆるRed Palm Weevil。斑紋にかなり変異がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(260) ネウスシャチホコ Chadisra bipartita (Matsumura, 1925)

Chadisra_bipartita
ネウスシャチホコ Chadisra bipartita (Matsumura, 1925)

中型のシャチホコガの仲間。斑紋に変異がある?東南アジアに広く分布するらしく、日本でも奄美大島以南の南西諸島に分布する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(259) カノコガ亜科の仲間 Syntominae spp.

Syntominae
カノコガ亜科の仲間 Syntominae spp.

街灯で拾ったヒトリガ科のカノコガ亜科に属する仲間2種類。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(258) 不明ヤガ科の蛾類(9) Noctuidae spp.

Noctuidae009
不明ヤガ科の蛾類(9) Noctuidae spp.

引き続き不明ヤガ科の仲間。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛と憎しみのオオチョウバエ Clogmia albipunctatus (Williston, 1893)

Clogmia_albipunctatus
オオチョウバエ Clogmia albipunctatus (Williston, 1893)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(257) 不明ヤガ科の蛾類(8) Noctuidae sp.

Noctuidae008
不明ヤガ科の蛾類(8) Noctuidae spp.

引き続き不明ヤガ科の仲間。右のものは日本にも分布するハガタクチバに非常によく似ている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(256) 不明ヤガ科の蛾類(7) Noctuidae sp.

Noctuidae007
不明ヤガ科の蛾類(7) Noctuidae sp.

引き続き不明ヤガ科の仲間。アツバっぽい種類など。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(255) 不明ヤガ科の蛾類(6) Noctuidae sp.

Noctuidae006
不明ヤガ科の蛾類(6) Noctuidae sp.

引き続き不明ヤガ科の仲間。アツバやクルマアツバっぽい種類。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(254) 不明ヤガ科の蛾類(5) Noctuidae sp.

Noctuidae005
不明ヤガ科の蛾類(5) Noctuidae sp.

引き続き不明ヤガ科の仲間。クチバの仲間っぽいが詳細は不明。

奄美以南の南西諸島から東南アジアに広く分布するキバネヘリグロクチバ Ophiusa trapezium (Guenée, 1852)に雰囲気がよく似ている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(253) 不明ヤガ科の蛾類(4) Noctuidae sp.

Noctuidae004
不明ヤガ科の蛾類(4) Noctuidae sp.

引き続き、不明なヤガ科の蛾類。見た目的にトモエガの仲間っぽい。大きな蛾で、マンションの壁などに張り付いているのを何度か見かけた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(252) 不明ヤガ科の蛾類(3) Noctuidae sp.

Noctuidae003
不明ヤガ科の蛾類(3) Noctuidae sp.

引き続き不明ヤガ科の蛾類3種類。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(251) 不明ヤガ科の蛾類(2) Noctuidae sp.

Noctuidae002
不明ヤガ科の蛾類(2) Noctuidae sp.

引き続き、不明なヤガ科の蛾類。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(250) 不明ヤガ科の蛾類(1) Noctuidae sp.

Noctuidae001
不明ヤガ科の蛾類(1) Noctuidae sp.

ヤガ科に属するもので詳しい所属がわからなかったもの。クチバの類であることはわかるが、それ以上のことは不明。

しばらくヤガ科の不明種の紹介が続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(249) アカモンコナミシャク Palpoctenidia phoenicosoma phoenicosoma (Swinhoe, 1895)

Palpoctenidia_phoenicosoma_phoenico
アカモンコナミシャク Palpoctenidia phoenicosoma phoenicosoma (Swinhoe, 1895)

写真に写っているマレーシア産のものが基亜種であり、日本に分布するのは別亜種のPalpoctenidia phoenicosoma semilauta Prout, 1939になる。
基亜種は中国からインドにかけての広い地域に分布するが、亜種の方は現在のところ日本のみから知られている。ちなみに日本ではまだ見たことがない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(248) ヘレナキシタアゲハ Troides helena (Linnaeus, 1758)

Troides_helena
ヘレナキシタアゲハ Troides helena (Linnaeus, 1758)

美しいキシタアゲハの仲間。本種はマレー半島では極普通種。スラウェシのものは別亜種。美しいがちょっとボロなのが残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(247) ヒトリガの仲間 Oeonistis sp.

Oeonistis
ヒトリガの仲間 Oeonistis sp.

初日の夜に街灯で見つけた特徴的な模様のあるヒトリガの仲間。中型でわかりやすい模様なのですぐ何の仲間か判明すると思ったが、う〜ん・・・2年近く悩んで結局確信が持てなかった。イマイチ確信が持てないが、おそらくOeonistis属のものだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カニ鍋

Img_1883

昨日の晩ごはんはカニ鍋をした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(246) ナミシャク亜科の仲間 Larentiinae sp.

Larentiinae
ナミシャク亜科の仲間 Larentiinae sp.

朝になってから街を歩いていると夜のうちに街灯に集まった蛾が街灯の周囲や壁にたくさん残っている。大きな蛾は夜明けとともに森に飛び去ってしまうことが多く、残っているのは小さな蛾がほとんどなのだが、これもそんな中のひとつ。小さいがベルベット調の高級感のある深緑が美しい。

ナミシャク亜科なのは間違いないが、何なのか結局よくわからなかった。EpisteiraSaurisの仲間だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白髪峠のエゾキイロキリガ Tiliacea japonago (Wileman & West, 1929)

Tiliacea_japonago1

Tiliacea_japonago2
エゾキイロキリガ Tiliacea japonago (Wileman & West, 1929)

昨年の秋に白髪峠で撮ったエゾキイロキリガ。秋の限られた時期だけ見られるとても美しい蛾で、シナノキを食べている。昨年は灯火採集でよく見た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(245) アカキリバの仲間 Gonitis sp.

Gonitis
アカキリバの仲間 Gonitis sp.

灯火に来たもの。日本でもよく見るアカキリバ Gonitis mesogona (Walker, 1858)に非常に近い仲間だと思われる。アカキリバはマレーシアにも分布するため同一種かとも思ったが、どうも斑紋の雰囲気が違うので別種としておく。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(244) カナリクラトゥスホソアカクワガタ Cyclommatus canaliculatus Ritsema, 1981

Cyclommatus_canaliculatus
カナリクラトゥスホソアカクワガタ Cyclommatus canaliculatus Ritsema, 1981
中型のクワガタムシで、ホソアカクワガタ属(Cyclommatus)の仲間。
マレー半島の他、スマトラ、ジャワ、ボルネオなどに分布している。

どうでもいいが、学名をそのままカタカナに直して和名にしているのをクワガタムシやカブトムシなどでよく目にするが、これは異国情緒がしてとても良い気分になる。遠い遠い東南アジアの森に住むまだ見ぬ虫へのロマンが漂う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(243) キヨトウの仲間 Mythimna albomarginata (Wileman & South, 1920)

Mythimna_albomarginata
キヨトウの仲間 Mythimna albomarginata (Wileman & South, 1920)

日本でも数多くの種類が見られるキヨトウ属(Mythimna)の仲間。
本種は2亜種に分けられるが、おそらく基亜種の方だと思う。
東南アジアから中国南部にかけて広く分布している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(242) ミズメイガの仲間 Paracymoriza sp.

Paracymoriza
ミズメイガの仲間 Paracymoriza sp.

灯火採集にやって来た小さな蛾で、ミズメイガ亜科(Acentropinae)に属するもの。日本でもこの手の小蛾はよく見かけるが、地味で小さいのでよほど他に獲物がいない場合でない限り写真に撮ろうという気がおきない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/31

Not_collected_japanese_catocala
残り13種類。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(241) コケガの仲間 Eilema prabana (Moore, 1859)

Eilema_prabana
コケガの仲間 Eilema prabana (Moore, 1859)

日本でいうところのムジホソバやヒメキホソバに近い仲間。東南アジア一円に分布する。普通種らしく、街灯などでよく見る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

2016年もどうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »