« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

キャメロンハイランドの昆虫(284) コガタヒメカブト Xylotrupes pauliani pauliani Silvestre, 1997

Xylotrupes_pauliani_pauliani
コガタヒメカブト Xylotrupes pauliani pauliani Silvestre, 1997

日本のカブトムシにもよく似た、いわゆるヒメカブトの仲間。最も有名なタイで賭け事(昆虫相撲)に使われるヒメカブト Xylotrupes gideon Linneaus, 1767に近縁な種類で、見た目もよく似ているが、より小型で特に角が小さく、全体的に赤っぽい。また胸の点刻が粗いなどの特徴がある。

マレーシアにはヒメカブトの亜種(X. gideon beceri)も多く、マンションや街灯でよく見る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(283) ランカマキリ Hymenopus coronatus Olivier, 1792

Hymenopus_coronatus
ランカマキリ Hymenopus coronatus Olivier, 1792

その凶悪な顔から一目瞭然だが、恐ろしいほど獰猛な生物。不用意に指を近づけようものなら目にも止まらぬ速さで容赦なく斬りつけてくる。生き餌は灯火採集を行う限り無尽蔵に手に入るため、帰国後も大切に飼育していた。夜回りで見繕った蛾を何頭ケースに入れても翌朝には綺麗に全滅している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(282) シャチホコガの仲間 Notodontidae spp.

Notodontidae
シャチホコガの仲間 Notodontidae spp.

不明なシャチホコガ科と思われる仲間。シャチホコガの仲間は大好きなので何とか同定できないものかと調べていたがついにわからなかった。下のものはどことなくギンシャチホコっぽい雰囲気がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(281) ハマキガの仲間 Tortricidae spp.

Tortricidae
ハマキガの仲間 Tortricidae spp.

街灯などで見つけたハマキガ科と思われる仲間。地味なものばかりが不明種として残ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(280) クルマスズメ Ampelophaga rubiginosa rubiginosa Bremer & Grey, 1853

Ampelophaga_rubiginosa_rubiginosa
クルマスズメ Ampelophaga rubiginosa rubiginosa Bremer & Grey, 1853

今回の旅行ではスズメガの仲間が非常に貧弱で、見たいと思っていた種類がほとんど見られず、かなり悔いが残った。
その中でも飛んできた貴重なスズメガの一つではあるが、見るからにクルマスズメの仲間だ。近縁の別種かと思ったが、どうも日本産種と同じようだ。クルマスズメはかなり広い地域に分布している。ちなみに日本産でも屋久島産のもののみ別亜種になっている。不自然な気もするが、見たことがないのでなんとも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(279) シャクガの仲間 Geometridae sp.

Geometridae
シャクガの仲間 Geometridae sp.

「シャクガ科の何か」として最後まで残ってしまったもの5種類。これでようやくシャクガ科は消化しきったが、わからないものが多すぎる。左の2種類はPingasaとかそのへんのアオシャクだろう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(278) ヒゲナガゾウムシの仲間 Anthribidae sp.

Anthribidae
ヒゲナガゾウムシの仲間 Anthribidae sp.

枯れ木の上で見つけたヒゲナガゾウムシの仲間。枯れ木や朽木、立ち枯れなどを見て回ると様々な甲虫とともにヒゲナガゾウが見つかることが多い。特に多いのは焼き畑。枯れた木の表面についた菌を食べている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(277) ホソバスズメの仲間(3) Ambulyx tattina (Jordan, 1919)

Ambulyx_tattina
ホソバスズメの仲間(3) Ambulyx tattina (Jordan, 1919)

引き続きホソバスズメの仲間。ジャングルで灯火採集をした際にやって来たもの。日本でたまに見るアジアホソバスズメ A. sericeipennis tobii (Inoue, 1976)に雰囲気がとても良く似ている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(276) ホソバスズメの仲間(2) Ambulyx pryeri Distant, 1887

Ambulyx_pryeri
ホソバスズメの仲間 Ambulyx pryeri Distant, 1887

引き続き、ホソバスズメの仲間。写真の個体はタナラタ到着直後、バス停でバスから降りてすぐ、建物の壁にくっついているのを見つけた。やや高いところにとまっており採るのに苦労したことを覚えている。日本産種とさほど差異もない感じではあるが目立つ大型蛾であり、今回の旅行で最初の獲物であり、いわば初めて出会った外国の蛾であり、それは震えるほど興奮した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(275) ホソバスズメの仲間 Ambulyx canescens canescens Walker, 1864

Ambulyx_canescens
ホソバスズメの仲間 Ambulyx canescens canescens Walker, 1864

公園の街灯に落ちていた大きなスズメガ。ホソバスズメやモンホソバスズメと同じ仲間だろう。どうも東南アジアに多いグループのようだ。

タナラタの公園には何箇所かのポイントがあり、見まわるたびに新しい蛾が落ちているので楽しくてウロウロしているうちに朝になってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(274) クリイロムナクボサイカブト Blabephorus pinguis Fairmaire, 1898

Blabephorus_pinguis
クリイロムナクボサイカブト Blabephorus pinguis Fairmaire, 1898

中型のサイカブトの仲間。ころっとした丸みがあり、サイズもさほど大きくないので手乗りサイズで可愛らしい。ただやはりカブトムシなので爪が非常に痛い。売りに来た現地人に聞いたところ、堆肥の中から掘り出したそうだ。胸部凹み部分にかなり個体差がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(273) スジベニコケガの仲間 Barsine euprepioides (Walker, 1862)

Barsine_euprepioides
スジベニコケガの仲間 Barsine euprepioides (Walker, 1862)

迷ったがこれもBarsineとする。Lyclene(ヒメホシキコケガ)との区別がどうもよくわからない。似た模様のものが何種類かいるようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(272) キリギリスの仲間 Tettigoniidae spp.

Tettigoniidae
キリギリスの仲間 Tettigoniidae spp.

灯火に来ていたキリギリス科(だと思う)仲間。数は多くないがキリギリスの仲間は灯火にやって来る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(271) ショウリョウバッタの仲間 Acrida sp.

Acrida
ショウリョウバッタの仲間 Acrida sp.
草地で灯火採集をしていたところ、いつの間にか白布にとまっていた巨大なショウリョウバッタの仲間。日本でよく見るものにそっくり。
キリギリスなどは時折ライトに来るが、バッタの仲間は光に集まる印象がない。草地だったのでたまたま飛んできたのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(270) タイワンコオイムシの仲間 Diplonychus sp.

Diplonychus
タイワンコオイムシの仲間 Diplonychus sp.

タイワンコオイムシ Diplonychus rusticus (Fabricius, 1781)に近い仲間か、そのものかもしれない。林縁の広場で灯火採集をした際に飛んできた。周囲は草地ばかりだったがどこかに池があったのだろう、コオイムシやミズスマシ、小さなガムシなどがよく飛んできた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(269) スジベニコケガの仲間 Barsine 2種類

Barsine2
スジベニコケガの仲間 Barsine 2種類
Barsine rubricostata (Herrich-Schäffer, 1855)
Barsine arcana Bucsek, 2012

引き続き、街灯や街の看板などで見つけたBarsineの仲間。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(268) スジベニコケガの仲間 Barsine 3種類

Barsine
スジベニコケガの仲間
Barsine lineatus (Walker, 1855)
Barsine flavodiscalis (Talbot, 1926)
Barsine roseororatus (Butler, 1877)

日本で言うところのスジベニコケガやハガタベニコケガなどの仲間。
とても一属とは思えないほど様々な模様のものがいるが、どれも小型で街灯や看板などでよく見かける。

51qniqj9bsl_sx350_bo1204203200_
バルシネ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(267) ソリバネホソヤガの仲間 Aegilia sp.

Aegilia
ソリバネホソヤガの仲間 Aegilia sp.

詳細は不明だが、おそらくAegiliaだろう。
第143回で紹介した ソリバネホソヤガの仲間 Aegilia sundascribens Holloway, 1982と同じ仲間。この写真の個体もずっとシャチホコガの仲間だと思い込んでいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(266) スカシトガリノメイガの仲間 Cotachena sp.

Cotachena
スカシトガリノメイガの仲間 Cotachena sp.

灯火にやって来た派手な色合いのノメイガの仲間。日本に分布するスカシトガリノメイガ Cotachena pubescens (Warren, 1892)の仲間らしい。日本産の本属のものはまだ撮っていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロンハイランドの昆虫(265) ヒトリガ亜科の仲間 Spilosoma ericsoni (Semper, 1899) と Spilarctia sp.

Arctiiae
ヒトリガ亜科の仲間 Spilosoma ericsoni (Semper, 1899) と  Spilarctia sp.

灯火に来たヒトリガの仲間で、日本でもお馴染みのアカハラゴマダラヒトリ Spilosoma punctarium (Stoll, 1782)の仲間とスジモンヒトリ Spilarctia seriatopunctata (Motschulsky, 1861)の仲間。

この手のヒトリガは場所によっては一晩に大量に押し寄せるようにやって来るイメージがあるが、一種類の蛾が大量に来るのではなく、様々な種類が来るところが熱帯アジアの森の深みを感じる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »