« 愛と憎しみのコクヌストモドキ Tribolium castaneum (Herbst, 1797) | トップページ | 昆虫学会 四国支部大会 »

20160703 徳島県 高の瀬峡での灯火採集で得られた昆虫 (5)

高の瀬峡のライトトラップに集まった昆虫。今回で最後。

Allecula_fuliginosa
オオクチキムシ Allecula fuliginosa Maklin, 1875

Apis_cerana
ニホンミツバチ Apis cerana japonica Radoszkowski, 1887

Camponotus_obscuripes
ムネアカオオアリ Camponotus obscuripes Mayr, 1879

Catocala_columbina
ナマリキシタバ Catocala columbina yoshihikoi Ishizuka, 2002

Cossus_jezoensis
ボクトウガ Cossus jezoensis (Matsumura, 1931)
Curculionidae1
ゾウムシの仲間 Curculionidae sp.

Curculionidae2
ゾウムシの仲間 Curculionidae sp.

Curculionidae3
ゾウムシの仲間 Curculionidae sp.

Dorcus_rubrofemoratus
アカアシクワガタ  Dorcus rubrofemoratus rubrofemoratus (Vollenhoven, 1865)

Dorcus_rubrofemoratus2
アカアシクワガタ  Dorcus rubrofemoratus rubrofemoratus (Vollenhoven, 1865)

Elateridae
コメツキムシの仲間 Elateridae sp.

Kitanola_uncula
マダライラガ Kitanola uncula (Staudinger, 1887)

Lithosia_quadra
ヨツボシホソバ Lithosia quadra (Linnaeus, 1758)

Lucanus_maculifemoratus
ミヤマクワガタ Lucanus maculifemoratus maculifemoratus Motschulsky,1861

Orectochilus_regimbarti
オナガミズスマシ Orectochilus regimbarti regimbarti SHARP,1884

|

« 愛と憎しみのコクヌストモドキ Tribolium castaneum (Herbst, 1797) | トップページ | 昆虫学会 四国支部大会 »

写真:白バック」カテゴリの記事

コメント

ナマリキシタバ、美しい!

蛾の写真を撮るとき、前翅を開かせて後翅を見せるためには、どうすればいいのですか。チョコン、チョコンと前翅をさわるのですが、すぐにどこかへ飛んでいってしまいます。

投稿: 青春光夫 | 2016年8月 2日 (火) 00時02分

ナマリキシタバはとても美しい蛾で、ぜひ見たかったものだったのでその日のライトの最後の最後に飛んできた時は本当に大喜びしてしまいました。

私は大型の丈夫そうな蛾の場合、酢エチと炭酸ガスとで麻酔をしています。麻酔から覚めかけて虫がフラフラしている時がチャンスで、筆とピンセットを使ってつつくと翅を開いてくれたりします。

投稿: たきぽろりん | 2016年8月 3日 (水) 00時54分

麻酔?どうするのだろうか?炭酸ガス?

酢エチのこもった毒ビンを、白布の上からかぶせるくらいしか思いつかないのですが。もうちょっと解説を!

わたしも高の瀬でライトをしましたが、ゴホンダイコクはたくさん来ましたが、驚くような出逢いはありませんでした。

また、ガの掲載、楽しみにしています。

投稿: 青春光夫 | 2016年8月 5日 (金) 06時52分

正直なところ、後翅を綺麗に見せてくれるか、見せてくれないかは私も運次第です。
酢エチで弱らせて半殺し状態にすると、羽ばたけるけど飛び立てないというギリギリの状態を見極めて写真に撮ります。こうすると逃げないし、翅だけは動いているのでそれっぽい写真になります。

酢エチの効きを見極めるのが難しいです。あまり効き過ぎると死んでしまいますし、効きが弱すぎると逃げてしまいますので。私も試行錯誤中です。

投稿: たきぽろりん | 2016年8月12日 (金) 06時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211306/66736099

この記事へのトラックバック一覧です: 20160703 徳島県 高の瀬峡での灯火採集で得られた昆虫 (5):

« 愛と憎しみのコクヌストモドキ Tribolium castaneum (Herbst, 1797) | トップページ | 昆虫学会 四国支部大会 »