« オサ掘り行きたい | トップページ | 愛と憎しみのオオチョウバエ Clogmia albipunctatus (Williston, 1893) の幼虫と蛹 »

20160731 昆虫学会四国支部大会(高知県土佐山田町)での灯火採集で得られた昆虫 (1)

7/31は昆虫学会の四国支部大会が高知で開かれるとのことで久しぶりに参加してみた。場所は土佐山田町の穴内川ダムの近くにある高知大学の実習施設。細長いダムサイトの道を延々と走り続け、本当にこの先に建物があるのかと不安になりつつもようやく到着。市内からそれほど離れていないのに意外と時間がかかった。学会発表後、夜は施設前でバーベキューをしながら灯火採集を行った。

今回は自分の灯火機材は持ち込まず、高知大学の昆虫学研究室が用意してくれた灯火セットを横から覗かせてもらった。

施設のある場所は標高420mほど。周囲は見た感じ植林が多く、あまり良い環境には見えない。少なくとも自分一人で来ていたらあえてここでライトトラップをしようとは思わないだろう。しかし実際に灯りをつけると意外と多くの虫が集まってきた。学会にかこつけて酒を飲むつもりで来たのでこれは嬉しい誤算だ。人の幕に横入りし、黙々と写真を撮り続けた。

以下、得られた昆虫の紹介。

Anomala_costata

オオスジコガネ Anomala costata (Hope, 1839)

Macrostemum_radiatum
オオシマトビケラ Macrostemum radiatum (McLachlan, 1862)

Mecodina_nubiferalis
シャクドウクチバ Mecodina nubiferalis (Leech, 1889)

Microblepsis_acuminata
オガサワラカギバ Microblepsis acuminata (Leech, 1890)

Neptis_sappho
コミスジ Neptis sappho intermedia W. B. Pryer, 1877

Phalera_angustipennis
ムクツマキシャチホコ Phalera angustipennis Matsumura, 1919


Rhotana_satsumana_2
キスジハネビロウンカ Rhotana satsumana Matsumura, 1914


|

« オサ掘り行きたい | トップページ | 愛と憎しみのオオチョウバエ Clogmia albipunctatus (Williston, 1893) の幼虫と蛹 »

写真:白バック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211306/67389114

この記事へのトラックバック一覧です: 20160731 昆虫学会四国支部大会(高知県土佐山田町)での灯火採集で得られた昆虫 (1):

« オサ掘り行きたい | トップページ | 愛と憎しみのオオチョウバエ Clogmia albipunctatus (Williston, 1893) の幼虫と蛹 »