« 愛と憎しみのオオチョウバエ Clogmia albipunctatus (Williston, 1893) の幼虫と蛹 | トップページ | 20160731 昆虫学会四国支部大会(高知県土佐山田町)での灯火採集で得られた昆虫 (3) »

20160731 昆虫学会四国支部大会(高知県土佐山田町)での灯火採集で得られた昆虫 (2)

土佐山田町標高420mでの真夏のライトトラップで得られた昆虫の紹介。今回で二回目。

Archips_oporana
マツアトキハマキ Archips oporana (Linnaeus, 1758)

Asthena_ochrifasciaria
フタマタシロナミシャク
Asthena ochrifasciaria Leech, 1897

Endoclita_excrescens
コウモリガ Endoclita excrescens (Butler, 1877)
不気味な妖怪のような蛾。雌だったらしく、刺激を与えたら極小ビーズ状の卵を鬼のように産卵し始めた。

Graptopsaltria_nigrofuscata

アブラゼミ Graptopsaltria nigrofuscata (Motschulsky, 1866)

Hupodonta_corticalis
カバイロモクメシャチホコ Hupodonta corticalis Butler, 1877

Sybrida_approximans
クシヒゲシマメイガ Sybrida approximans (Leech, 1889)
ボロ個体。たぶんメス。

Sybrida_approximans2
同じくクシヒゲシマメイガ Sybrida approximans (Leech, 1889)
こちらもボロ。こちらの発色が良いほうがたぶんオス。

Togepteryx_velutina
タテスジシャチホコ Togepteryx velutina (Oberthür, 1880)



|

« 愛と憎しみのオオチョウバエ Clogmia albipunctatus (Williston, 1893) の幼虫と蛹 | トップページ | 20160731 昆虫学会四国支部大会(高知県土佐山田町)での灯火採集で得られた昆虫 (3) »

写真:白バック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211306/67426475

この記事へのトラックバック一覧です: 20160731 昆虫学会四国支部大会(高知県土佐山田町)での灯火採集で得られた昆虫 (2):

« 愛と憎しみのオオチョウバエ Clogmia albipunctatus (Williston, 1893) の幼虫と蛹 | トップページ | 20160731 昆虫学会四国支部大会(高知県土佐山田町)での灯火採集で得られた昆虫 (3) »