« 20160806 長野県小谷村 雨飾山山麓 (標高950m) ライトトラップ で得られた虫 (2) | トップページ | テナガエビの子供 Macrobrachium nipponense (De Haan, 1849) »

20160806 長野県小谷村 雨飾山山麓 (標高950m) ライトトラップ で得られた虫 (3)

引き続き、雨飾山の山麓で灯火採集をした際に集まった虫の紹介。今回で3回目。風が強く、蛾の収穫があまりなかったので今回で最終回。


Adelidae
ヒゲナガガの仲間 Adelidae sp.
クロマイコモドキ Lamprystica igneola Stringer, 1930

Carcilia_strigicollis
ツツゾウムシ Carcilia strigicollis Roelofs, 1874

Lomaspilis_marginata
シロオビヒメエダシャク Lomaspilis marginata opis Butler, 1878

Myrmeleontidae
ウスバカゲロウの仲間 Myrmeleontidae sp.

Omophron_aequalis
カワラゴミムシ Omophron aequalis Morawitz,1863


Osmylidae
ヒロバカゲロウの仲間 Osmylidae sp.

Promethis_valgipes
ユミアシゴミムシダマシ Promethis valgipes (Marseul, 1876)

Pseudeustrotia_candidula
タデコヤガ Pseudeustrotia candidula (Denis & Schiffermüller, 1775)

今回で夏の旅行での灯火採集三部作(天狗平高原・白馬・雨飾山)が完結。普段とはまた違った環境の本州の山岳地帯でのライトトラップは本当に楽しい。来年もぜひまた行きたい。来年は八ヶ岳の北麓に行きたい。

|

« 20160806 長野県小谷村 雨飾山山麓 (標高950m) ライトトラップ で得られた虫 (2) | トップページ | テナガエビの子供 Macrobrachium nipponense (De Haan, 1849) »

写真:白バック」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、お久しぶりです。
精力的な活動、毎回興味深く拝見しております。
雨飾山は数年前に私も訪れて似た標高でライトトラップしているので、そのときと重なり懐かしく思い出しています。
最初のヒゲナガガの仲間としている蛾は、マルハキバガ科のクロマイコモドキに見えますがいかがでしょう。
格好はヒゲナガガによく似ていますが、頭部をよく見ると牙(下唇鬚)が上方に反り出していますね。
四国ではライトに飛来するほか、梅雨期には昼間イタドリの葉などに止まっている姿をよく見かけます。

投稿: nabe | 2016年11月28日 (月) 11時11分

>nabeさん
ありがとうございます!調べてみるとそれっぽいです。訂正しておきます。中型種くらいはなんとかなりますが、小型種はまだ全然ですね。
また間違っているのがあれば教えていただけると助かりますm(_ _)m

雨飾温泉の周辺は良さそうな場所が多く、かなり迷ってしまいましたが、結局温泉から少し下った谷筋でライトをしました。風さえなければもっと良かったと思います。

投稿: たきぽろりん | 2016年11月30日 (水) 00時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211306/68607310

この記事へのトラックバック一覧です: 20160806 長野県小谷村 雨飾山山麓 (標高950m) ライトトラップ で得られた虫 (3):

« 20160806 長野県小谷村 雨飾山山麓 (標高950m) ライトトラップ で得られた虫 (2) | トップページ | テナガエビの子供 Macrobrachium nipponense (De Haan, 1849) »