« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

20160910 徳島県高の瀬峡ライトトラップで得られた昆虫(2)

引き続き、本年3回目となる高の瀬峡での灯火採集で得られた虫の紹介。

Cheloninae
コウラコマユバチ亜科の仲間 Cheloninae sp.

Phanerotoma_flava
キイロコウラコマユバチ Phanerotoma flava Ashmead, 1906
この前紹介した横浪半島産の正体不明のハチもこのコウラコマユバチ亜科の仲間だろう。
横浪半島で見つけたキイロコウラコマユバチとは別種のようだ。

Copris_acutidens
ゴホンダイコクコガネ Copris acutidens Motschulsky, 1860

Dischissus__japonicus
ニッポンヨツボシゴミムシ Dischissus  japonicus  Andrewes,1933

Herculia_jezoensis
エゾシマメイガ Herculia jezoensis Shibuya, 1928

Naratettix
オビヒメヨコバイの仲間 Naratettix sp.

Pentagonica_daimiella
ダイミョウツブゴミムシ Pentagonica daimiella Bates, 1892

Selenocephalinae
ブチミャクヨコバイ亜科の仲間 Selenocephalinae sp.

Sinarella_japonica
クロミツボシアツバ Sinarella japonica (Butler, 1881)

Tiracola_aureata
オオノコバヨトウ Tiracola aureata Holloway, 1989


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年灯火採集の記録

今年の灯火採集全20回の記録。

今年も県内を中心に長野方面への遠征も2回といろいろ行けて本当に楽しかった。来年はどこに行こうかな。

20160305 中追渓谷
20160306 別府峡
20160319 別府峡(二回目)
20160327 日高村
20160409 別府峡(650m地点)
20160501 中土佐町久礼坂
20160618 横浪半島
20160703 高の瀬峡(標高550m)
20160709 瓶ヶ森林道(標高1,520m)
20160716 高の瀬峡 二回目
20160730 土佐山田町 穴内川ダム周辺(標高420m)
20160804 富山県立山天狗平高原(標高2,300m)
20160805 長野県白馬村平川(標高960m)
20160806 長野県小谷村 雨飾温泉(標高950m)
20160812 横浪半島
20160910 徳島県高の瀬峡 三回目
20160925 日高村(標高110m)
20161001 別府峡(標高550m)
20161008 開田高原(標高980m)
20161009 木曽駒高原(標高1,400m)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛と憎しみのトゲハネバエの仲間 チャバネトゲハネバエ Tephrochlamys japonica Okadome, 1967

Tephrochlamys_japonica
チャバネトゲハネバエ  Tephrochlamys japonica Okadome, 1967
トゲハネバエの仲間には違いないが、種名は怪しい。
厄介なハエで、晩秋から春にかけて気温の低い時期に活動する。どうも堆肥や糞などから発生するらしい。3〜4月にかけて大発生し、5月にはパタッといなくなる迷惑なハエ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20160910 徳島県高の瀬峡ライトトラップで得られた昆虫(1)

9月の初旬に行った高の瀬峡での灯火採集で得られた昆虫の紹介。

高の瀬峡でのライトトラップは今回で3回目になる。ライトトラップをやるたびに樹種の豊富さ、地形の複雑さ、森の深みを感じられるとてもよい場所だ。

Ancylopus_pictus
ヨツボシテントウダマシ Ancylopus pictus asiaticus (Strohecker, 1972)


Geometridae

シャクトリムシ (シャクガ科の幼虫) Geometridae sp.

Physopelta_gutta
オオホシカメムシ Physopelta gutta (Burmeister, 1834)

Plataplecta_pruinosa
アサケンモン Plataplecta pruinosa (Guenée, 1852)

Prosopogryllacris_japonica
コロギス Prosopogryllacris japonica (Matsumura et Shiraki, 1908)

Sarbanissa_venusta
ベニモントラガ Sarbanissa venusta (Leech, 1889)

Tamba_gensanalis
ウスベニツマキリアツバ Tamba gensanalis (Leech, 1889)

Trox_setifer
アイヌコブスジコガネ Trox setifer Waterhouse, 1875

Xestia_kollari
ハコベヤガ Xestia kollari plumbata (Butler, 1881)


Antheraea_yamamai

ヤママユ Antheraea yamamai yamamai (Guérin-Méneville, 1861)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しい昆虫採集案内

先日東京に行く用事があり、帰りに神保町で古本屋巡りをしてきた。

ぶらぶら見ていると「新しい昆虫採集案内」が安く売っていたので購入。

実用性は今も昔も一切ないが、何度読んでも本当に面白く、実にワクワクしてくる。

購入当時のレシートが本に一緒に挟まっていた。

昭和58年5月14日に新宿紀伊国屋でこの本を買った人もきっと昔はまだ見ぬ採集地に胸を踊らせていたことだろう。

Img_2271

もう一冊、磯の生き物図鑑も購入。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

愛と憎しみのアシダカグモ Heteropoda venatoria Linnaeus, 1767

Heteropoda_venatoria
アシダカグモ Heteropoda venatoria Linnaeus, 1767
室内でよく見る大きな蜘蛛。
たまにビックリするぐらい大きいやついる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20160812 横浪半島でのライトトラップで得られた虫(2)

前回の続き。真夏の横浪半島での灯火採集で得られた虫の紹介。あまりに虫が少なかったので今回で最終回。


Amyna_stellata
サビイロコヤガ Amyna stellata Butler, 1878

Conogethes_punctiferalis
モモノゴマダラノメイガ Conogethes punctiferalis (Guenée, 1854)

Geotomus_pygmaeus
ヒメツチカメムシ Geotomus pygmaeus (Dallas, 1851)

Hishimonus_sellatus
ヒシモンヨコバイ Hishimonus sellatus (Uhler, 1896)

Hymenoptera
ハチ???

Oxya_yezoensis
コバネイナゴ Oxya yezoensis Shiraki, 1910

Paederus_fuscipes
アオバアリガタハネカクシ Paederus fuscipes Curtis, 1826


Pyralinae
トガリメイガの仲間 (シマノメイガ亜科)  Pyralinae sp.


Pyrophorinae
サビキコリ亜科の仲間 Pyrophorinae sp.

Spoladea_recurvalis
シロオビノメイガ Spoladea recurvalis (Fabricius, 1775)

Truljalia_hibinonis
アオマツムシ Truljalia hibinonis (Matsumura, 1917)

Uresiphita_dissipatalis
オオモンシロルリノメイガ Uresiphita dissipatalis (Lederer, 1863)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛と憎しみのオオスズメバチ Vespa mandarinia (Smith, 1852)

Vespa_mandarinia_3
オオスズメバチ Vespa mandarinia (Smith, 1852)
秋も終わりに差し掛かる頃、暖かい日差しの中をフラフラと飛んでいたオオスズメバチの女王。越冬場所を探し一人弱々しく飛ぶ様に哀愁を感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛と憎しみのヒメカツオブシムシ Attagenus unicolor japonicus Reitter, 1877

Attagenus_unicolor
ヒメカツオブシムシ Attagenus unicolor japonicus Reitter, 1877 成虫

屋内で見られる代表的なカツオブシムシの一種。様々な食品(乾物)から出る他、繊維を食べるため服に穴を開けてしまう。写真の個体はハトの糞の堆積物から得られた。

Attagenus_unicolor_larve
ヒメカツオブシムシの幼虫

Attagenus_unicolor_larveshell
ヒメカツオブシムシの脱皮殻
縦方向に刃物で切ったような見事な切れ目が入っている。



Attagenus_unicolor_pupa
ヒメカツオブシムシの蛹








| | コメント (0) | トラックバック (0)

オサ掘りが嫌いな人マジで0人説

暇だったので近所の山に久しぶりにオサ掘りに出かけた。

近所の低山地なので特に目立った収穫はなかったが、ああ・・・なんて楽しいんだろう・・・久しぶりのオサ堀りにとても興奮してしまった。

Img_2261

Img_2262

Damaster_blaptoides
マイマイカブリ Damaster blaptoides Kollar, 1836

Lobella
朽木にいたアカイボトビムシの仲間 Lobella sp.




夜ご飯はたこ焼き。最近購入したフードプロセッサーによりキャベツのみじん切りが革命的に楽になった。週末はいつも粉物(お好み焼き・たこ焼き・もんじゃ焼き)。

Img_2265

Img_2266

| | コメント (2) | トラックバック (0)

20160812 横浪半島でのライトトラップで得られた虫(1)

夏の横浪半島で灯火採集をして得られた虫の紹介。

残念ながら極めて条件が悪かったらしく、ほとんど収穫はなし。

普段撮らないような細かい虫などをほそぼそと紹介していきます。

あぁ〜どっか虫採りに行きたいなあ〜

Conobathra
フタテンアカオビマダラメイガ Conobathra sp. 1887

Endotricha
トガリメイガの仲間 Endotricha sp.

Gampsocleis_buergeri
ニシキリギリス Gampsocleis buergeri (de Haan, 1843)


Hexacentrus_japonicus
ハタケノウマオイ Hexacentrus japonicus Karny, 1907



Minettia_longipennis
ヤブクロシマバエ Minettia longipennis (Fabricius, 1794)

Mycetophilidae
キノコバエの仲間 Mycetophilidae sp.


Pycnarmon_pantherata
クロオビノメイガ Pycnarmon pantherata (Butler, 1878)


Samaria_ardentella
トビマダラメイガ Samaria ardentella Ragonot, 1893

Zekelita_plusioides
アヤナミアツバ Zekelita plusioides (Butler, 1879)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

テナガエビの子供 Macrobrachium nipponense (De Haan, 1849)

Palaemon_paucidens
テナガエビの子供 Macrobrachium nipponense (De Haan, 1849)

この間、南国市の川で採れたエビ。スジエビかと思ったが、よく見ると肝上棘という棘があるのでテナガエビの子供だと思う。

網を持って魚とかヤゴを採りに行きたい。ガサガサしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »