« 20161001 別府峡ライトトラップ(標高550m)で得られた昆虫(4) | トップページ | 愛と憎しみのタマバエ科の仲間 Lestremia sp. »

20161001 別府峡ライトトラップ(標高550m)で得られた昆虫(5)

引き続き、秋の別府峡での灯火採集で採集された虫の紹介。今回で5回目で最終回。

Eilema_deplana
ムジホソバ Eilema deplana pavescens (Butler, 1877)

Ephemeroptera
カゲロウの仲間 Ephemeroptera sp.


Gandaritis_fixseni
キマダラオオナミシャク Gandaritis fixseni (Bremer, 1864)


Herpetogramma_ochrimaculale
キマダラクロノメイガ Herpetogramma ochrimaculale (South, 1901)

Hymenoptera1
よくわからないハチの仲間その1。ハバチの仲間?

コメントよりヒメバチの仲間であると判明。ヒラタアブヤドリヒメバチの仲間ではないかとのこと。ありがとうございます。


Hymenoptera2
よくわからないハチの仲間その2

コメントよりこちらもヒメバチの仲間であると判明。ハバチヤドリヒメバチの仲間ではないかとのこと。ありがとうございます。さっぱりわからない。


Hypsopygia_regina
トビイロシマメイガ Hypsopygia regina (Butler, 1879)

Nephotettix_cincticeps
ツマグロヨコバイ Nephotettix cincticeps (Uhler, 1896)

Peratostega_deletaria
ヤマトエダシャク Peratostega deletaria hypotaenia (Prout, 1930)

Tetragnatha_squamata
ウロコアシナガグモ Tetragnatha squamata Karsch 1879


Trichoptera
トビケラの仲間 Trichoptera sp. シマトビケラの仲間?


Tridrepana_croce_
ウコンカギバ Tridrepana crocea (Leech, 1889)

Trocnadella_suturalis
セグロアオズキンヨコバイ Trocnadella suturalis (Melichar, 1902)
前回掲載した写真の個体とは色合いが違うが、これも同じ種だろう。

|

« 20161001 別府峡ライトトラップ(標高550m)で得られた昆虫(4) | トップページ | 愛と憎しみのタマバエ科の仲間 Lestremia sp. »

写真:白バック」カテゴリの記事

コメント

失礼致します。
掲載されているハチの1枚目はヒメバチ科のDiplazontinae(ヒラタアブヤドリヒメバチ)の一種で、2枚目はこれもヒメバチ科のTryphoninae(ハバチヤドリヒメバチ)のSphinctus属の一種と思われます。
Sphinctusは四国ではまだ記録がありません。

投稿: Cerceris | 2017年3月28日 (火) 11時40分

ありがとうございます。さっぱりわからず、途方にくれていましたので助かりました。ヒメバチの仲間は本当にいろいろな種類がいるんですね。灯火に来るヒメバチと言えばあの細いやつしか思い浮かびませんでした。精進いたします。

投稿: たきぽろりん | 2017年3月29日 (水) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211306/70038831

この記事へのトラックバック一覧です: 20161001 別府峡ライトトラップ(標高550m)で得られた昆虫(5):

« 20161001 別府峡ライトトラップ(標高550m)で得られた昆虫(4) | トップページ | 愛と憎しみのタマバエ科の仲間 Lestremia sp. »