« 別府峡 秋のキノコムシ採集 | トップページ | 20170319 徳島県高の瀬峡ライトトラップ(4) »

愛と憎しみのハリアリの仲間(Ponerinae)

Pachycondyla_chinensis
オオハリアリ Brachyponera chinensis (Emery, 1895)

Cryptopone_sauteri
トゲズネハリアリ Cryptopone sauteri (Wheeler, W.M., 1906)


地中にいる分には何の問題もないのだが、7月〜9月くらいにかけて羽アリが大量発生する。

厄介なことに意地でも外に出ようとするため、侵入源と考えられる床面のクラックを補修剤でガチガチに固めても僅かな間隙をついてどこからか現れる。またクラックは潰しても潰しても別の場所から必ず現れる。

巣は基礎より下の地下、もしくは地下に埋まっている腐朽材にあり、コア抜きしない限り叩けるような薬剤量は浸透せず、羽アリが飛び出すのは深夜だけで昼間は決して姿を見せないためそもそもどこに巣があるのか正確な位置が特定できない。

毎年必ず同じ時期に出るためその時期は素知らぬ顔をしている。

|

« 別府峡 秋のキノコムシ採集 | トップページ | 20170319 徳島県高の瀬峡ライトトラップ(4) »

写真:白バック」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛と憎しみのハリアリの仲間(Ponerinae):

« 別府峡 秋のキノコムシ採集 | トップページ | 20170319 徳島県高の瀬峡ライトトラップ(4) »