写真:白バック

20170319 徳島県高の瀬峡ライトトラップ(1)

今年の春に行った徳島県の高の瀬峡での灯火採集で得られた虫を紹介していきます。

Acanthosoma_expansum
エゾツノカメムシ Acanthosoma expansum Horvath, 1905

Chironomidae
ユスリカの仲間 Chironomidae sp.

Lithophane_venusta
ウスアオキリガ Lithophane venusta (Leech, 1889)

Pachyligia_dolosa
アトジロエダシャク Pachyligia dolosa Butler, 1878

Psyra_bluethgeni
クロモンキリバエダシャク Psyra bluethgeni (Püngeler, 1903)

Trichopteryx_hemana
シタコバネナミシャク Trichopteryx hemana (Butler, 1878)

Xerodes_rufescentarius
ミスジツマキリエダシャク Xerodes rufescentarius rufescentarius (Motschulsky, 1861)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛と憎しみのキマダラカメムシ Erthesina fullo (Thunberg, 1783)

Erthesina_fullo
キマダラカメムシ Erthesina fullo (Thunberg, 1783)

桜の木の幹で大量に見かけた大きく立派なカメムシ。なぜそんなにカメムシに目くじらを立てるのかわからない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近見たアシナガバチの仲間 Polistinae

Polistinae
アシナガバチ亜科(Polistinae)の仲間4種類。

ようやく台風が来てくれたので多かったハチの被害も収まるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛と憎しみのゾウムシコガネコバチ Anisopteromalus calandrae (Howard, 1881)

Anisopteromalus_calandrae
ゾウムシコガネコバチ Anisopteromalus calandrae (Howard, 1881)

コガネコバチ科(Pteromalidae)に属する微小なハチ。

体長は2mmほどだが、鈍い金属光沢を持つ深緑色の体色が美しい。どうもコガネコバチ科に多い色合いのようだ。

名前の通り、コクゾウムシをはじめとする貯穀害虫に対する寄生蜂で、シバンムシアリガタバチと並び称される2大シバンムシ絶対殺すマンのうちのひとつ。

シバンムシもほとほと困らされるが、同じくらいこのハチも大発生するため願わくば両種とも共倒れで全滅してほしい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

20170603 大手の浜海岸で素潜り採集で得られた磯の生き物

20170603_ohtenohama
20170603 大手の浜海岸で得られた磯の生き物

この日は潮が悪く、また波も高かったためサンゴ礁のやや深場を中心に潜った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛と憎しみのシロオビキホリハナバチ Lithurgus collaris Smith, 1873

Lithurgus_collaris
シロオビキホリハナバチ Lithurgus collaris Smith, 1873

名前の通り、木の柱などに穴を開けて掘り進んでいく迷惑なハチ。

柱がボロボロになるほどしっかりと穴を開けてくれるので寺社仏閣などの嫌われ者。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20170527 初夏の樫西海岸で採集した磯の生き物

今年はすでに3回、柏島手前に位置する樫西海岸に出掛けているが、今年1回目、5月末の大潮の時に行って採集した生き物の一覧。

この日は一年のうちでも最大級に潮が引く5月の大潮で、この日の土佐清水の潮位は13:12で-7cm。

天気も良く、最高の磯遊び日和だったのでたくさんの生き物を観察することができた。

20170527kashinishi

| | コメント (1) | トラックバック (0)

20170815 筆山公園 昆虫採集

15日はお盆休みだが、朝から天気がイマイチ。

お昼から回復気味だったので近場に虫取り網を持って出かけた。

Img_2734

いつもの筆山公園に出かける。

Mos

蚊に刺されまくった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケブカガニ Pilumnus vespertilio (Fabricius, 1793)

Pilumnus_vespertilio
ケブカガニ Pilumnus vespertilio (Fabricius, 1793)

先日樫西海岸で見つけたケブカガニ。

磯のタイドプールで転石をひっくり返すとよく見つかる。

どこでもよく見かける普通種なのだが、熟練の老兵を思わす強キャラ感が好きで毎回採ってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20170521 手結住吉県立自然公園 大手の浜で得られた磯の生き物

20170521_ohtenohama
20170521 手結住吉県立自然公園 大手の浜で得られた磯の生き物

この日はウェットスーツを着て磯のやや深い場所を潜って生き物を探した。素潜りでの採集だと大潮の日にタイドプールで採集するのと比べてまた違ってものが得られて面白いのだが、浮上と潜水を繰り返しながら泳ぐのでどうしても収穫は少なくなってしまう。また体力的にも3〜4時間が限界である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧