旅行:国内

帰省

連休を利用し、実家のある名古屋に帰省。ついでに灯火採集に出かけた。

正確には灯火採集のついでに実家に帰省した。

Img_4239

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立山・白馬三泊四日の採集旅行

今年の夏休みは三泊四日で富山県の立山・黒部方面と長野県の白馬方面に行ってきた。


初日は富山県側から立山に入り、アルペンルートを抜けて黒部ダムまで行く。トロリーバスやロープーウエイを乗り継いで黒四ダムを観光後、天狗平まで戻り宿泊。宿泊した天狗平山荘の標高は2,300m。森林限界で背の高い木は一切なく、一面に高山植物の草原とハイマツが生い茂る高山帯。

Img_3146

Img_3150

Img_3156


夕食とお風呂に入った後、草原の中でライトトラップを行った。この高度でライトをするのは人生初めて。場所的に発電機や大型装備は持ち込めないので20Wの誘虫ランプ2本とリチウムイオンバッテリのみの簡易装備。バッテリの都合で時間にしてわずか2時間程度のライトだったが、風もなく、穏やかな夜でいくつか高山性と思われる蛾を観察することができ、とても楽しかった。


二日目は午前中に室堂から立山山頂(雄山:標高3,003m)まで登った。

Img_3315



昼食後に立山を後にし、糸魚川まで移動して日本海側から長野県白馬村に入った。白馬村に来た狙いは言うまでもないだろう。この蛾は蛇紋岩や石灰岩といった地質の岩場に強烈に依存しているため、そのような場所を探さなくてはいけない。採集地の正確な情報はないが、何となく見当はついている。実際行ってみないとわからないが、ガレ場で岩場が露出していれば間違いない。

白馬は素晴らしい高原のリゾート地。ホテルに着いたのがやや遅く、夕食は近所のお店で急いで信州蕎麦を食べた。美味しいお蕎麦をたくさん食べるのも今回の旅行の重要な目的の一つだが、基本的に蕎麦屋というのは昼に閉まってしまうイメージが強く、実際夕方はなかなか開いていない。「開店:11時。閉店:蕎麦がなくなり次第」と書かれていると何となく高慢ちきな感じがして印象が悪い。そんなに高尚な食べ物かと突っ込みたくなる。が、そういう店に限って本当に美味しいから困る。ただ何となく「蕎麦」、「ワイン」、「ジャズ」、「村上春樹」を人前で語るのは憚られる。

Img_3646

昼過ぎより突風のような強烈な風が吹き続けている。灯火採集は何よりも風に弱いので危ぶまれたが、日暮れ頃にピタリと止んだ。


Img_3349


風はなく、汗ばむほどの陽気。湿度は高く、月齢も良い。完璧な条件のもと、灯火採集を始めると開始約1時間半ほどして狙いのアズミキシタバが現れた。夜半までに合計6頭やってきたが残念ながらどれもやや擦れており、完品ではなかった。誉れ高き稀種を傷つけないよう炭酸ガスで完璧に麻酔をして撮影した後、丁重に見送った。素晴らしい蛾であった。

翌日は午前中有名なトレッキングルートの八方尾根をウロウロしながら高山植物の写真を撮り、その後は雨飾温泉の村営露天風呂に行ったりした。思ったよりもダイレクトな露天風呂であった。

Img_3661


夜はこの日が最後のライトトラップだが、昨晩狙いを外した場合のバックアップに考えていたので特に予定がない。土地勘がまったくないので迷ったが、昼間に下見をしていた雨飾山山麓で灯火採集を行うことにした。灯火採集を行う場所はさらに迷った。谷を見下ろす場所にするか、それとも開けた場所にするか。迷った末、思うところあって雨飾温泉直下の谷筋で行うことにした。

Img_3664

妙高高原への道が土砂崩れで封鎖しているらしく、これ幸いと道路のど真ん中で灯火を行った。場所は面白いのだが、残念ながら谷筋から吹き下ろす妙な風が強いまま弱まらず、飛んできた蛾はことどとく吹き飛ばされ、特に目立った収穫はなかった。早めに栂池高原の宿に戻る。

翌日は白馬村の周辺で観光したり温泉に入ったりしながらブラブラし、糸魚川で昼食をとった後、帰路についた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これぞ男の生き様よ(2)

今年は去年よりも早めに夏休みをとる。

今年も嫁と二人で温泉旅行に出かけることにした。

考えてみれば待たせに待たせた挙句にようやく結婚してみたものの、平日は仕事が忙しく、週末は虫採りに行ってばかりで嫁には随分と寂しい思いをさせている。口には出さないが、きっと思うところもあるだろう。本当にすまないことをしている。去年も言ってたけど。

せっかく結婚して2回目の夏・・・二人でゆっくりと温泉旅行に出かけることにした。普段寂しい思いをさせている分、旅行中くらいは夫婦水入らず二人でのんびりと過ごそう。

そんな思いを胸に、温泉に着いた。













・・・泊まる予定のホテルのお風呂は壊れているそうなので近所の温泉まで車で送り届け、嫁を下ろす。また今晩の夕食にしてくれと先ほどコンビニで買ったおにぎりをそっと渡す。温泉から出たら歩いてホテルに戻り、オリンピックでも見ながら一人で寝るようにと告げる。












すまぬ・・・すまぬ・・・




男として・・・いや一人の人間として・・・時には妻子を顧みず闘わなくてはいけない時があるのである。

しゃあない。

Img_2139
しゃあない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20160416 安芸市赤野 貝殻拾いの旅

昼から安芸市方面へ。

夜須のヤ・シィパークにある「夜須製麺所」で鴨ラーメンを食べる。

Img_2001
手揉み縮れ麺がとてもよい感じ。平日は鶏のラーメンだが土曜日のみ鴨になるらしい。

お昼ごはんの後、安芸市赤野へ。

Img_2002

海岸を歩きながら貝殻などを探す。磯が近く、巻き貝が多く拾えたがどれも状態が良くない。数も種類も多いので悪い場所ではなさそう。それほど遠い場所ではないのでまた時期を見て来たい。

赤野と言えば有光酒造という酒蔵の作っている「安芸虎」という日本酒をこの前飲んだが、これがまたハッとするほどうまいんだ。

Img_5810
海老を拾った


| | コメント (0) | トラックバック (0)

20160410 大岐の浜・竜串方面 貝殻拾いの旅

日曜日は朝から足摺方面にドライブに出かけた。

目的は海岸や浜で綺麗な小貝を拾い集めること。

天気は良くなかったが奥さんと二人でのんびりと貝殻拾いに興じた。

Img_1979
大岐の浜

Img_1984
足摺岬の灯台

Img_1988
清水サバの漬け丼

Img_1990
松崎海岸

Img_1991
竜串の奇岩。昨年は夏にすぐ近くにある「桜の浜海水浴場」に海水浴に来た。高知市内から片道3時間弱と遠いが綺麗で生き物も多く、設備の整った海水浴場だったのでまた来たい。

Img_1992
松崎海岸で拾った貝殻。

Img_1993
竜串海岸で拾った貝殻その1

Img_1994
竜串海岸で拾った貝殻その2

Img_1995
シーグラスも拾った

| | コメント (2) | トラックバック (0)

倉敷美観地区

昨日は岡山の三井アウトレットモール倉敷まで買い物に出かけ、倉敷の美観地区をブラブラ歩いてきた。

美観地区に来るのは何年ぶりだろう。とても上手に観光地化された良い場所だ。

Img_1775

Img_1779

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅葉の三嶺 2015年秋

先週の日曜日は白髪峠から標高1,893mの三嶺(みうね)の山頂まで登った。

高知県最高峰の三嶺の山頂までは片道三時間半ほどで、ルート的には登りやすい山だったが途中アップダウンが結構あり、特に最後の急登はなまった体にはなかなかハードだった。

山頂付近の燃えるようなコメツツジの紅葉が素晴らしかった。

Img_1947

Img_1965

Img_1973

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の信州旅行(3)

昼過ぎに乗鞍岳から戻り、今度は沢渡へ移動しそこからバスで上高地へ入る。

散策は明日にして今日は大正池の周辺をウロウロするだけにした。

本当に素晴らしい景勝地。

Img_0417

Img_0422

Img_0433

Img_0441

Img_0447

Img_0466

Img_0476

Img_0481

Img_0499

Img_0517

Img_0537

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梶ヶ森に水を汲みに出かける

日曜日は昼過ぎから大豊町の梶ヶ森まで水を汲みにでかけた。

梶ヶ森は標高1,400m。ほとんど山頂まで車で上がれる。

湧き水はコーヒーを入れるのに使ったり、お米を炊いたりする。

コーヒーは湧き水を使って淹れると口の中に嫌な感じの苦味が残らず、すっきりとした後味になる。

Img_1667

Img_1672

Img_1675

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の信州旅行(2)

前回の続きで夏に行った信州旅行の写真。

一夜明け、二日目は乗鞍高原からバスに乗って乗鞍岳へ。

標高2,702mの畳平まで一気に登る。

畳平でしばらくブラブラした後、せっかくなのですぐ目の前にある富士見岳(標高2,817m)まで登る。登山というよりもハイキング。

時期が晩夏なのであまり期待していなかったが、思っていたよりも高山植物の花がいろいろ咲いている。マクロレンズを持ってくればよかった。レンズはSIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHの1本勝負。

※HDR写真はEV±2.0の3枚合成で、Photomatix(Aperture Plug-in)使用。




Img_0214

Img_0215

Img_0239

Img_0241

Img_0256

Img_0262

Img_0277

Img_0280

Img_0287

Img_0290

Img_0305

Img_0319

Img_0343

Img_0346
富士見岳の山頂に人だかりができていた。何事かと思って行ってみると、松平健と雛形あきこがドラマの撮影をしていた。妙に声のいいおっさんだなあと思ってふと見ると松平健が真横にいてびっくりした。

Img_0397

Img_0403

Img_0407
山でカレーを食べるとなんとも満ち足りた気分になる。

バスに乗って乗鞍高原に戻った後、沢渡へ。夕方から上高地に入る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧